トップページ


 今日のこの1曲コーナー


ペット・サウンズ・レコード店にて、その日に店内でかけていた曲の中から
店員の独断と偏見で選んだ“今日のこの1曲”をご紹介いたします。

以前こちらで掲載した“今日のこの1曲”は“今日のこの1曲 アーカイヴス”コーナーにてご覧になれます。

◆こちらでご紹介している商品もご注文いただけます◆

くわしくは通販コーナー、もしくは直接こちらまでご連絡くださいませ。
(廃盤・生産中止になっている商品もございますので、その際はご了承くださいませ)


2020年7月6日(月) MOONPIE 「Nesila Funk」

食べかけのパイを月に見立てたジャケットで、バンド名はムーンパイ。。。

冗談のような1枚ながら、内容バツグン!のレアな作品が世界初CD化されました。

ムーンパイ『MOONPIE』
(国内CD 初回限定盤紙ジャケット仕様 金澤寿和氏による解説付 2,400円+税)

アメリカ/ナッシュビルを拠点に活動していたという黒人1人含む8人組、1977年発表唯一のアルバム。

初っ端の①タワー・オブ・パワー「Ebony Jam」カヴァーから激かっこいい!
③スティーヴィー・ワンダー「Sunshine Of My Life」、④スティーリー・ダン「My Old School」カヴァーもNice!

⑧EW&F「Can't Hide Love」カヴァーも良いですが、今日のこの1曲はラスト9曲目「Nesila Funk」。
このオリジナル曲が超絶ファンキー! タワー・オブ・パワーお好きな方必聴です。森 陽馬


★営業時間を11時~21時に当面の間変更させていただきます。


2020年7月5日(日) Ruby And The Romantics 「Remember Me」

とても耳ざわりのいい声を持ったニューヨーク生まれの黒人女性シンガー、ルビー・ナッシュ・カーティスを中心にオハイオ州アクロンで結成された女性1人男性4人の5人組ヴォーカル・グループ、ルビー&ザ・ロマンティックス。

1963年発表したシングル「Our Day Will Come」(燃ゆる初恋)がいきなり全米No.1ヒット、人気グループとなりました。
その後、それを超える大ヒットは出なかったものの、「My Summer Love」、「Hey There Lonely Boy」や「When You're Young And In Love」等スマッシュ・ヒットも放ちました。

このCDは1963年から66年にKAPPレーベルで発表した曲を2枚組CDに収めたもので全42曲収録。
1967年に出たバリー・マン&シンシア・ワイル作品「We'll Love Again」とABCレーベル移籍後の1曲も含まれています。

Ruby And The Romantics『The Very Best Of Ruby And The Romantics ~Our Day Will Come』
(輸入CD RPM RPND-247)

今日はこのCDから1966年に出たシングルB面曲「Remember Me」を。
曲を書いたのはヴァン・マッコイとプロデューサーのクライド・オーティス。

いい曲です。アナログ・シングルが欲しくなりますね。
番号はKAPP759。探してみましょう。森 勉


2020年7月4日(土) Ray Lamontagne 「I Was Born To Love You」

靴工場に早朝勤務していた1973年生まれアメリカ/ニューハンプシャー出身の青年。
ある朝ラジオでかかったスティーヴン・スティルス「Treetop Flyer」に心を奪われたそうだ。

運命の1曲がきっかけで仕事を止め、音楽活動に専念し2004年RCAからアルバム・デビューを果たす。
その青年の名がレイ・ラモンターニュだ。

時は過ぎ2020年7月、着実にキャリアを重ねた彼の新作アルバム『Monovision』がこの度届けられた。

Ray Lamontagne『Monovision』
(輸入CD RCA 19439-77704-2)

求心力ある歌声、とはこういうことを言うのだろう。

ヴァン・モリソンのような⑥「Misty Morning Rain」。CCR的③「Strong Enough」。
ニール・ヤング「Comes A Time」を彷彿とさせる⑦「Rocky Mountain Healin'」。
各々魅力的だが、誰かの運命の1曲となり得る歌の力を秘めた②「I Was Born To Love You」を今日のこの1曲に。

なお、全曲の作詞作曲、演奏、プロデュースはレイ・ラモンターニュ自身。
STEREOではなく、MONOでレコーディングされている1枚。森 陽馬


2020年7月3日(金) Paul Weller 「On Sunset」

ポール・ウェラー15枚目となるオリジナル・アルバムが本日発売になりました。

ポール・ウェラー『オン・サンセット』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 ボーナス・トラック6曲追加 UICY-15875 2,600円+税)

2019年のライヴ盤を挟み、前作『トゥルー・ミーニングス』から約2年ぶりの新作です。

多彩な楽曲/アレンジの中、歌や演奏にリラックスしたムードが漂う今作。
先行曲「Village」、ニューオリンズ・テイスト「Baptiste」等メロディが際立った曲が多いのも非常に嬉しいところです。

2019年長男に会うためロスへ出向いた際、蘇った40年前の記憶に想いを馳せる詞が新鮮なタイトル曲「On Sunset」を今日の1曲に。美人姉妹3人組ザ・ステイヴスの美しいハーモニーが華を添えています。

ここ数作は1~2年毎に1枚と、とってもハイペース!
年齢を重ね、現在も音楽を作れることへの感謝と、何より音楽/レコードを作ることが大好きだという気持ちがこの枯れることない創作意欲に繋がっているのだなと感じます。

シンコーミュージックから書籍『ザ・コンプリート・ポール・ウェラー』も発売されました。
ザ・ジャムからソロ最新作『オン・サンセット』までのリリース作品紹介、過去&最新インタビュー、スティーヴ・ホワイト、ミック・タルボット、ニール・ジョーンズ(Stone Foundation)、実妹ニッキーら周辺人物のインタビューも掲載。全223ページです!東尾沙紀


2020年7月2日(木) Robert Cray Band 「You'll Want Me Back」

最近気に入ってよく聴いているブルース2020年新譜この1枚。

Robert Cray Band『That's What I Heard』
(輸入CD NOZZLE RECORDS 72098CD)

1953年生まれ1980年デビューの黒人ブルース・マン、ロバート・クレイ。
2017年発表『Robert Cray & Hi Rhythm』に続き、スティーヴ・ジョーダンプロデュースによる新作。

前作はハイ・リズムをバックにメンフィス録音でしたが、今作はバンド名義でL.A.のCapitol Studio録音。
ニコ・ボラス&アル・シュミットが録音/ミックスに関わっており、歌も曲もギターも音も最高の1枚です。

今日のこの1曲は、カーティス・メイフィールド作、インプレッションズ名曲「You'll Want Me Back」カヴァー。
ファンキー&ロッキンなブルースが持ち味の彼ですが、ソウルフルな歌心あるヴォーカルも魅力ですね。森 陽馬


2020年7月1日(水) 忌野清志郎 「メロメロ」

清志郎デビュー50周年!
RCサクセション(
2020年4月21日今日のこの1曲紹介)に続き、忌野清志郎『COMPLETE EPLP』が出ました。

忌野清志郎『COMPLETE EPLP』
(国内3枚組CD 先着特典クリア・ファイル付 UPCY-7677 4,000円+税)

忌野清志郎+坂本龍一「い・け・な・いルージュマジック」から始まり、ソロ、&2・3's、Little Screaming Revue、ラフィータフィー名義、21枚のシングルをカップリング曲含め全47曲2020年リマスタリングして3CDに収録。
シングルB面アルバム未収録曲で入手困難だった音源含めイイ曲たくさん!

今日のこの1曲は1997年忌野清志郎 Little Screaming Revue名義でリリースしたシングル曲「メロメロ」を。
1990年RC『Baby a Go Go』セッション時にチャボと共作した楽曲。ストーンズ的で超かっこいいナンバー!

清志郎の魂宿った歌声に、自らを見失わない勇気と励まし、そして弛んだ心へ気合いを入れ直されました。森 陽馬


2020年6月30日(火) MOTHERLODE 「Hard Life」

1990年代の中古レコード市場は、内容や希少性とは違った価値観が生まれ相場が変動しました。

HIP HOPが人気を博し、有名DJ等がサンプリングで使用するとその元ネタを求める若者が急増。
それまで注目されていなかった元ネタ収録レコードの需要が高まり、値段もだんだん高くなっていったのです。

今作もサンプリングネタ収録アルバムとしてルーツ・ロック/ソウルファン以外から再評価された1枚。
それがめでたくCD化されました。

MOTHERLODE(マザーロード)『When I Die』
(国内仕様CD 日本語解説付 VSCD-5906 2,700円+税)

カナダ/オンタリオ州で結成された4人組グループ、MOTHERLODE(マザーロード)。
後にソロ作を発表する黒人キーボード奏者ウィリアム・D・スミスを中心にソウルフルなロックを聴かせる1969年作。
1曲目「When I Die」はBuddah Recordsからシングルカットされビルボードチャート18位を記録しています。

今日のこの1曲は、モッズ/オルガン好きにもオススメしたいグルーヴィー・チューン⑤「Hard Life」。

なお、ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』で有名な女性ベーシスト、キャロル・ケイが12曲中11曲参加。
存在感あるベースで耳を惹きつけます。森 陽馬


2020年6月29日(月) Staple Singers / Curtis Mayfield 「Let's Do It Again」

「私には夢がある。いつの日か私の幼い子供達が肌の色ではなく人格で評価される国に住む夢だ。」
(マーティー・ルーサー・キング牧師1963年演説より)

黒人の権利と人種差別を訴えた公民権運動が激化する1968年アメリカ。
「People Get Ready」等の名曲を生んだカーティス・メイフィールドは自身のレーベル、カートムを立ち上げた。

時を同じくして1968年、ステイプル・シンガーズはスタックス・レーベル移籍。
「I'll Take You There」等のヒットを放った後、1975年カートム・レーベルへ。
そしてリリースしたのがこのアルバム、シドニー・ポワチェ監督映画『一発逆転』サントラ盤だ。

Original Sound Track(The Staple Singers/Curtis Mayfield)『Let's Do It Again』
(輸入CD Omnivore OVCD-378)

カーティス・メイフィールドが音楽を手掛け、ステイプル・シンガーズがゴスペル仕込みの歌を吹き込んだ1枚。
この度2020年最新リマスタリングが施されボーナス・トラックを3曲追加し再リリース。

今日のこの1曲はタイトル曲①「Let's Do It Again」を。
ステイプル・シンガーズのソウルフルな歌は45年を経ても冷めず、再び僕らに問いかけているようだ。森 陽馬


2020年6月28日(日) The Honeycombs 「Colour Slide」(Live in Tokyo)

大滝詠一がお気に入りだった60'sブリティッシュ・ビート・グループ、ハニーカムズの3枚組CDが出ました。

The Honeycombs『Have I The Right? - The Complete 60's Albums & Singles』
(輸入3枚組CD 全78曲収録 RPM QRPMBX548)

独特のサウンド構築で定評があったジョー・ミークがプロデュースし、イギリスの人気作曲家チームのケン・ハワード&アラン・ブレイクリーが曲作りに協力した彼らの曲は、他のイギリス発ビート・グループにはない雰囲気のサウンドを持っていて、ファンを楽しませてくれました。

今日はこの中に入っているレア音源を紹介したいと思います。
ディスク3には日本だけで発売された『ハニーカムズ・イン・トーキョウ』というレアなLPから12曲全曲や、日本で録音していった「ハリケーン」、c/w「ミュージック・トレイン」のインスト・シングル曲なども収録されています。

1965年8月来日した際のライヴは大手町サンケイ・ホールで録音されたもののようですが、LPで出た時のジャケット写真は後楽園ローラースケート場で行われた公演の写真が使われているようです。
実はこのコンサート、観に行っていました。初めてのブリティッシュ・ビート・グループ体験でした。

今日のこの1曲はライヴ盤1曲目に入っている「カラー・スライド」を。
デニス・デルの聴き応えあるヴォーカルを中心に、アラン・ワードのリード・ギター、女性ドラマーのハニー・ラントリーなど、ライヴ・バンドとしての彼らの素が感じられる貴重音源です。森 勉


2020年6月27日(土) Khruangbin (クルアンビン) 「Time (You and I)」

2019年フジロック、フィールド・オブ・ヘブンの観客を麻薬のような中毒性で惹きつけたクルアンビン。
オリジナルとしては3枚目のフル・アルバムが発売されました。

Khruangbin(クルアンビン)『Mordechai』(モルデカイ)
(国内CD ボーナス・トラック2曲追加 解説・歌詞・対訳付 2,400円+税)

アメリカ/テキサス州ヒューストン、地元の教会でゴスペルを一緒に演奏していたMark Speer(G)とDonald "DJ"Johnson(Dr)に、女性ベーシストLaura Lee Ochoaが加わった3人編成は変わらず。

これまでインスト中心だったのが、今作は全曲Lauraのヴォーカル入り。
しかしながら、独特な辺境&浮遊感に満ちたクルアンビン・ワールドは変わらずの1枚です。

今日のこの1曲は、彼らの代表曲となりそうなグルーヴィーなキラーチューン②「Time (You And I)」を。
なお国内盤CDには、この曲のインスト・ヴァージョンが追加収録されています。森 陽馬


2020年6月26日(金) Roos Jonker & Dean Tippet 「Lorelei」

ゆったりとして夢見心地、そしてちょっとアンニュイなポップ・アルバム♪

ルース・ヨンカー&ディーン・ティペット『ルース・ヨンカー&ディーン・ティペット』
(国内CD 解説付 ボーナス・トラック2曲追加 PCD-24956 2,400円+税)

オランダ・アムステルダムを拠点とする女性シンガーソングライター、ルースと、3人組ユニットSchool Of Architecture等でも活躍する男性ミュージシャン、ディーン。

ベニー・シングスらDox Recordsのレーベルメイトで結成された<We'll Make It Right>のメンバーでもあるマルチプレイヤー2人の2020年発表作が日本でCDリリースされました。

ルース・ヨンカー名義の作品としては、ジャズ/ポップス・ファンの間で評判となった1st『Mmmmm』から10年ぶり。
同郷ミュージシャンEelco Topperが加わり、3人だけで制作されています。

ワルツのリズム×ドリーミーな「All The Place I Could Go」、ボサノヴァ調の「This One」、ギターポップな「What Else」他、ピアノとギターを主にカリンバやハープ、マリンバなど生楽器と打ち込みを使用した繊細な音作りと、囁くように歌い重なる2人のハーモニーがとても心地良い1枚です。

その中から、ピアノとローズの音色が溶け合うデュエット・ナンバー「Lorelei」を今日の1曲に。
ベニー・シングスや、ピチカート・ファイヴ『カップルズ』の雰囲気がお好きな方にもオススメです。東尾沙紀


2020年6月25日(木) paris match 「Mr.Deckard」

1982年公開映画『ブレードランナー』(リドリー・スコット監督)。
フィリップ・K・ディックによる小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作にした名作映画。

ハリソン・フォード演じる主人公リック・デッカード、そしてレプリカント(人造人間)の人間的部分。
そして独特な映像世界、切ない感情も湧き上がるストーリー展開、ヴァンゲリスの音楽も印象的でしたね。

今日のこの1曲は、その『ブレードランナー』をテーマにしたナンバーを。

paris match『ROUND 12』
(国内CD VICL-65407 3,000円+税)

2020年でデビュー20周年を迎えたミズノマリ&杉山洋介によるユニット、paris match(パリスマッチ)。
12枚目のオリジナル・アルバム『ROUND12』は今まで通りスタイリッシュ&ポップな素晴らしい1枚。

その6曲目に、ナイル・ロジャース的ファンキー・チューン「Mr.Deckard」(ミスター・デッカード)が収録。
The NEXUS6、バッティ、レイチェル、デッカード・ブラスター、電気羊の夢、Acid Rain、レプリカント、etc...。
古澤大が手掛けた歌詞には、『ブレードランナー』にまつわる言葉がたくさん出てきます。

ちなみに、6体のレプリンカント、The NEXUS6など、『ブレードランナー』は<6>が重要な数字。
それもあって、この「Mr.Deckard」は6曲目に配置したのでしょうね。森 陽馬


2020年6月24日(水) ビーチ・ボーイズ 「アド・サム・ミュージック・トゥ・ユア・デイ」

ビーチ・ボーイズが1970年に発表したアルバム『サンフラワー』は、今でこそ正当な評価がされて評判のいい作品になっていますが、発表された当時はなかなか厳しいものがありました。

変化が義務付けられた時代に、ビーチ・ボーイズはいまだに...というようなことが言われていたような気がします。

ビーチ・ボーイズ『サンフラワー』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 UICY-25600 1,714円+税)

1960年代後半から1970年代前半、ビーチ・ボーイズファンはずいぶん肩身の狭い思いをしたものです。
隠れキリシタンのように地下へ潜っていなければ、という時期でした。

そんな『サンフラワー』が今年2020年の8月で発売50周年を迎えます。

「ディス・ホール・ワールド」、「ディードリ」、「フォーエヴァー」、「アワ・スウィート・ラヴ」等名曲揃いのアルバム。
今日はこんな時期だからこそ、日々の生活を気持ち良く過ごすための潤滑油に音楽の必要性を唄ったこの曲「アド・サム・ミュージック・トゥ・ユア・デイ」を。森 勉


2020年6月23日(火) The Immedeiate Family 「Time To Come Clean」

ダニー・コーチマー、リー・スクラー、ラス・カンケル、ワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステル。
名ミュージシャン5人によるバンド、イミディエイト・ファミリーの新作アルバムが出ました。

ザ・イミディエイト・ファミリー『Turn It Up To 10』
(国内CD 天辰保文氏による解説・歌詞付 VSCD-3988 2,700円+税)

ジェイムス・テイラー、キャロル・キング等のバックで活躍していたメンバーを中心とするこのバンド。
さぞや味わい深い大人ミュージック...、と思いきや大間違い!
タイトで、武骨で、ハードな、気合いの入ったアメリカン・ロック・サウンド全開!の1枚です。

今日のこの1曲は、2019年来日公演でも披露され印象深かった新曲「Time To Come Clean」。
スティーヴ・ポステルが中心となりワディ・ワクテル&ダニー・コーチマーと共作したロック・ナンバー。
ニール・ヤングやトム・ペティを彷彿とさせる男気に、ギター・ソロ競演が痛快でかっこいい! 森 陽馬


2020年6月22日(月) Bob Dylan 「I've Made Up My Mind To Give Myself To You」

「曲は知らなかったけど、すごく良かったね。」

2018年7月29日フジ・ロック・フェスティヴァル3日目。
グリーン・ステージでのボブ・ディランが終り、僕はフィールド・オブ・ヘヴンへ移動していた。
その時、近くを歩いていた20代と思われる若いカップルの会話から聞こえてきた言葉だ。

2020年で79歳を迎えたボブ・ディランの新作『Rough And Rowdy Ways』。
嵐のような風雨の中、店で聴きながらふとそのことを思い出した。

Bob Dylan『Rough And Rowdy Ways』
(輸入2枚組CD Columbia 19439780982/解説・歌詞・対訳付の国内CDは7月8日発売)

オリジナル・アルバムとしては『テンペスト』以来約8年ぶりとなる全曲オリジナルの新作。
17分近くに及ぶ「Murder Most Foul」(最も卑劣な殺人)含め、2枚組CDに全10曲。
ディラン・バンドの面々に加え、Blake Mills、Benmont Tench、Fiona Appleも参加している。

音を楽しむ、と書いて音楽。
そんな当たり前のことを改めて実感させられた1枚。森 陽馬


2020年6月21日(日) Neil Young 「Separate Ways」

ニール・ヤングが1974~75年録音しながらお蔵入りしていた幻のアルバム『ホームグロウン』。
約45年を経て、遂に発売されました!

ニール・ヤング『Homegrown』
(国内CD 解説付 WPCR-18345 2,500円+税/輸入アナログ盤 RSD限定 3,000円+税)

1972年『ハーヴェスト』/「孤独の旅路」で全米1位を獲得。富と名声を手にしたニール。
傍から見れば順風満帆でしたが、息子ジークは脳性麻痺の診断、映画&サントラ『過去への旅路』は大不評。
更にクレイジー・ホースの盟友ダニー・ウィットンが薬物中毒で急逝。『今宵その夜』はレコード会社から発売拒否。
そして、恋人キャリー・スノッドグレスとの破局も重なった頃レコーディングされていたのが今作なのです。

完成後お披露目パーティー中、73年録音『今宵その夜』がたまたまかかった際、リック・ダンコに「何故これを出さないんだ」と言われ、結局『今宵その夜』を75年リリース→『ホームグロウン』はそのままお蔵入り。
破局したキャリーとの難しい関係を歌った楽曲が多く、辛い思い出も多かったのでしょうね。

今日のこの1曲は、未発表ながら93年ツアーで突如披露され、切ない美しさで評判となった①「Separate Ways」。

今回初登場1974年12月11日ナッシュビル録音は『ハーヴェスト』を意識した仕上がり。
リヴォン・ヘルム、ティム・ドラムンド、ベン・キースによるタイム感ある演奏が素晴らしい!
フェイドアウトしてしまうニールのハーモニカが寂寥感を募らせます。森 陽馬


2020年6月20日(土) Sondre Lerche 「Put The Camera Down」

ノルウェー出身の男性シンガーソングライター、ソンドレ・ラルケ。

ニューヨークからLAに拠点を移した彼の9枚目となる新作『Patience』が日本でのみCDリリースされました。

ソンドレ・ラルケ『Patience』
(国内CD 歌詞付 FLAKES-234 2,200円+税)

エレクトロ/ダンス・ミュージックにググッと接近した前作『Pleasure』から約3年ぶりの新作。
今作には2001年の1st『Faces Down』やジャズ・カルテットとの共演作『Duper Sessions』など初期作品に参加したミュージシャンも集い、フォーク、アンビエント、ジャズ・ボッサ、ポップな曲もありと、彼のいろんな一面が楽しめる1枚です。

⑦「Put The Camera Down」はヴァン・ダイク・パークスがストリングス・アレンジを担当。
弦、ヴィブラフォン、歌のみで構成された美しい1曲♪

日本盤CDボーナス・トラックとして、配信のみで発表された「Slip Into Character」が追加収録されています。東尾沙紀


2020年6月19日(金) Brian Wilson And Van Dyke Parks 「Love Is Here To Stay」

ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンと、アメリカン・ルーツの巨匠ヴァン・ダイク・パークス。
『SMiLE』を象った2人が組み1995年発表した名作『オレンジ・クレイト・アート』の25周年盤が本日発売。

Brian Wilson And Van Dyke Parks『Orange Crate Art』25th Anniversary Expanded Edition
(輸入2枚組CD インスト収録ボーナスCD付 OVCD-373 2,545円+税/輸入LP OVLP-373 3,300円+税)

ブライアンの無垢な歌声、そしてヴァン・ダイクの美しく流麗なサウンドは25年を経ても全く色褪せない1枚。

今回の25周年盤には、当時のスタジオ・アウトテイク3曲(ガーシュウィン作「Rhapsody In Blue」、「Love Is Here To Stay」、ルイ・アームストロング「What A Wonderful World」)が追加。この3曲が本当に素晴らしい!

今日のこの1曲はその追加曲、表現できないほど美しいガーシュウィン作「Love Is Here To Stay」を。

なお、「Love Is Here To Stay」、Rhapsody In Blue」は、ブライアン・ウィルソン2010年発表ガーシュウィントリビュート作『Reimagines Gershwin』でも取り上げています。
ヴァン・ダイクとのこのセッションが繋げたのかもしれませんね。森 陽馬



2020年6月18日(木) ジョン・セバスチャン 「デイドリーム」(ライヴ)

1977年4月8、9、10日の3日間、東京晴海の国際見本市会場で行われた日本で初めての大規模なベネフィット・コンサートの音源は本当に貴重な音源ばかりです。

2020年4月19日今日のこの1曲にてスタッフのライヴを紹介しましたが、今日はジョン・セバスチャンとフレッド・ニール、それぞれのステージの模様が1枚のCDで楽しめるものを紹介したいと思います。

ジョン・セバスチャン、フレッド・ニール『ローリング・ココナッツ・レヴュー ジャパン・コンサート1977』
(国内CD 解説付 FJSP-377 2,300円+税)

日本でこんなメンツでこんなに素敵なライヴが行われていたんだという驚き!
その音源がこうして聴ける喜び!

「エヴリバディーズ・トーキン」他6曲が収録のフレッド・ニールは初日のトリとして登場。
全曲でジョン・セバスチャンがハーモニカで参加。
初日のフィナーレは「グッドナイト・アイリーン」で、この曲にはその日出演したエリック・アンダースン、ピーター・ローワン、エストレラなども参加。

ジョン・セバスチャンのパートはほぼ4月8日初日のステージからですが、10日最終日の音源も加えられています。
「ウェルカム・バック」、「ナッシュヴィル・キャッツ」、「シーズ・ファニー」、「ダーリン・ビー・ホーム・スーン」など、セバスチャンの名曲を色々と披露してくれています・

今日はラヴィン・スプーンフル時代の大ヒット「デイドリーム」を。
セバスチャンの温かい歌声とエレキ・ギターの爪弾き、サイコー! 森 勉


2020年6月17日(水) Gary Clark & John Carney 「Setting Sail」

最近の夜の楽しみとなっている番組があります。
アマゾン・プライム・ビデオ限定2019年10月から配信されている『モダン・ラブ~今日もNYの街角で~シーズン1』。
『はじまりのうた』、『シング・ストリート 未来へのうた』のジョン・カーニー監督が製作総指揮/脚本も手掛けているドラマ・シリーズです。

ニューヨーク・タイムズ誌のコラムを基に、男女のラブ・ストーリーだけではない切なくも心温まる様々な愛が、1話30分という短い時間の中でとても丁寧に描かれています。
アン・ハサウェイ、デヴ・パテル他キャストの熱演、全8話それぞれのエピソードの物語性.など1本の映画を観たような充実感…。ひとことでは語りつくせない魅力があります

物語を彩る音楽も印象的です。
サウンドトラックの総合プロデュースを担当しているのは、『シング・ストリート 未来へのうた』サントラでもタッグを組んだ元ダニー・ウィルソンのゲイリー・クラーク。

ゲイリーの他にもギャズ・クームス(ex.スーパーグラス)、ザ・ディヴァイン・コメディ、ゴールドフラップ、レジーナ・スペクターなどの楽曲を収録。アン・ハサウェイが歌うオールディーズ調の劇中歌も入っています。

特にゲイリー・クラーク&ジョン・カーニー共作による主題歌「Setting Sail」は名曲!
素敵なポートレイトが連なったオープニング映像と相まって、聴く度に胸がキュンとなります。

サントラはアナログLPと配信のみ。CDは発売されておりません。
アナログは濃いブルーがキレイなカラー盤です。東尾沙紀
(輸入LP Decca 0841351)


2020年6月16日(火) BLUEY 「Floating World」

梅雨の晴れ間に、爽やかな風を届けてくれるこの1枚。

ブルーイ『Tinted Sky』
(国内CD ボーナス・トラック追加収録 歌詞付 PCD-24953 2,400円+税)

インコグニートの中心人物であり、近年はシトラス・サンというユニットでも活動中のBLUEY(ブルーイ)。
約5年ぶりソロは、アダルトな極上メロウ・フュージョンな仕上がり。

ダンサブルでありながらファンク色は抑え目で、スムース・ジャズ的な心地良いサウンド。
ブルーイ本人のヴォーカルもなかなか淡い魅力がありますね。

今日のこの1曲は、現代の世情を反映したようなタイトルの⑪「Floating World」を。

ちなみにボーナス・トラックのラスト⑫「A Kiss On The Wind」、ブルーイが日本語で唄っています。森 陽馬


2020年6月15日(月) マイクロスター 「フィーリン!」

CITY POP on VINYL 2020> 2020年8月8日開催決定!

近年海外でも人気のシティ・ポップをアナログ盤で聴こう!というイベントが決まりました。
アナログ・レコードプレス会社の東洋化成が主催。
様々な新旧シティ・ポップのアナログ盤が8月8日発売されます。

Record Store Day商品と違い、ご予約&通販も可能です。
ご希望の商品ございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

その対象アイテムの中で、個人的に2枚買い確定!&最も楽しみにしているのがこの1枚!

マイクロスター『フィーリン!/東京の空から』
(国内7インチ・アナログ 完全限定盤 HCR-9695 1,500円+税)

マイクロスター2008年発表大名盤『microstar album』の収録曲「フィーリン!」と「東京の空から」カップリング!
まさに待望の7インチ・アナログ化ですね。

今日のこの1曲はスパイラル・ステアケース「More Today Than Yesterday」的人気曲「フィーリン!」。森 陽馬

★掲載ジャケットはマイクロスター『microstar album』(VSCD-3362 2,500円+税)。

2020年6月14日(日) America 「Tin Man」(Track Mix With Backing Vocals)

アメリカの未発表テイク及びデモ音源を収めたレア音源集の第2弾が発売されました。

AMERICA『HeritageⅡ~Demos/Alternate Takes 1971-1976』
(輸入CD Omnivore OVCD-370)

2017年に出た『Heritage』(
2018年2月5日今日のこの1曲で紹介)は、1970-1973年のレア音源を収めたものでしたが、今回は1971-1976年という括りでの編集です。

プロデューサー:ジョージ・マーティン&エンジニア・ジェフ・エメリックのコンビが携わっている曲が全13曲中8曲も収録されているのがミソです。
アルバムでいうと、1974年『ホリデイ』と1976年『ハイダウェイ』が中心の選曲になっています。

日本ではレナウン「シンプル・ライフ」ブランドのCMソングとしてテレビCM(ピーター・フォンダ出演)でもよく流れていた「Simple Life」の別ミックス収録がうれしいところですね。

アメリカと言えば3人のアコースティック・ギター・アンサンブルが魅力ということで、今日は1974年ヒット曲「Tin Man」のバック・コーラス付きカラオケを選んでみました。

リード・ヴォーカルがない分、中盤から後半に出てくるジョージ・マーティンの弾くピアノもよく聴こえてきます。
なお、14曲目にシークレット・トラックとして、ラジオCMが入っています。森 勉


2020年6月13日(土) Norah Jones 「Heaven Above」

2002年2月ブルーノート・レーベルから22歳でメジャー・デビュー。
2020年で41歳になった女性シンガー、ノラ・ジョーンズが新作を発表しました。

ノラ・ジョーンズ『Pick Me Up Off The Floor』
(国内CDボーナス・トラック2曲追加 初回限定DVD付 解説・歌詞・対訳付 3,300円+税/CDのみ 2,600円+税)

ノラ・ジョーンズ本人によるプロデュース曲を中心に、ジェフ・トゥイーディーが手掛けた2曲含む全13曲。

1stアルバムと2016年発表前作『Day Breaks』の流れを引き継ぐような静かなピアノ&歌。
しかしながら、6曲目「This Life」の歌詞(この人生 私たちが知っている人生は、すべて終わるものだ)が象徴するように、深く重い切実な心象風景が聴く者に伝わってくる1枚。

今日のこの1曲は本編ラスト11曲目「Heaven Above」(天国の意)。
ジェフ・トゥイーディーがプロデュース&ギターで参加。
40代を迎えたノラが、今まで辿ってきた人生の悲哀をピアノと歌に込めています。森 陽馬


2020年6月12日(金) おお雨 (おおはた雄一+坂本美雨) 「Can't Help Falling In Love」

関東も梅雨入りが発表されました。
ジメジメとした雨の季節に清涼感を与えてくれる作品が今週リリース。

おお雨『よろこびあうことは』
(国内CD OOAM-0001 2,800円+税)

<おお雨>は、坂本美雨とおおはた雄一によるアコースティック・ユニット。
2006年頃からライヴを中心に活動、結成14年目にして初となるアルバムが発表されました。

宮沢和史がハーモニカで参加した「星たちの物語」、リード・トラック「よろこびあうことは」などオリジナル曲をはじめ、おおはた雄一の代表曲「おだやかな暮らし」や「波間にて」(原田郁子提供曲)、宮沢賢治「星めぐりの歌」、レナード・コーエン「Hallelujah」カヴァー他、おお雨のライヴ・レパートリーも加えた全9曲を収録。

本日はその中から、エルヴィス・プレスリー「Can't Help Falling In Love」のカヴァーを今日の1曲に。
美雨さんの透きとおるような歌声と、おおはたさんのギターが優しく響きあうシンプルで美しいバージョンです。東尾沙紀


2020年6月11日(木) Jerry Williams 「A Whiter Shade Of Pale」(青い影)

大好きなピアニスト、ニッキー・ホプキンス。
ローリング・ストーンズ等のセッションマンとして有名ですね。

彼が1973年発表したソロ・アルバム『夢見る人』(原題:The Tin Man Was A Dreamer)も素晴らしい作品。
ずっと廃盤状態なので、リマスターして再発して欲しいものです。

そのニッキー『夢見る人』にてヴォーカル参加していたのがこの人!ジェリー・ウィリアムス!

ジェリー・ウィリアムス『Jerry Williams』
(国内仕様CD 日本語解説付 VSCD-5901 2,700円+税)

ハイ・マウンテン・ホーダウンの1970年2作を経て、ジェリー・ウィリアムス名義で1972年発表した今作がCD化。
ニッキー・ホプキンスが全面参加しており、『夢見る人』お好きな方必聴の1枚。

今日のこの1曲は、プロコルハルム名曲「青い影」(原題:A Whiter Shade Of Pale)カヴァーを。
ニッキー・ホプキンスらしい流麗なピアノプレイを楽しめます。森 陽馬


2020年6月10日(水) Logan Ledger 「Let The Mermaids Flirt With Me」

<現代に生まれ変わってナッシュビル録音したロイ・オービソン>!?

カリフォルニア出身、現在はナッシュビルを拠点に活動している男性シンガー、ローガン・レジャー。
Rounder Recordsと契約、T・ボーン・バーネットプロデュースでリリースした1stアルバム。

Logan Ledger『Logan Ledger』
(輸入CD Rounder 1166100612)

若さを感じさせない低音ヴォーカルが魅力。

バックは、T・ボーン・バーネットprodで御馴染みMark Ribot(G)、Jay Bellerose(Ds)、Dennis Crouch(B)。
そして、ナッシュビルの名ギタリスト/ペダル・スティール奏者Russ Pahlがいい味出してます。

今日のこの1曲は、古き良きアメリカの大らかさを体現したような①「Let The Mermaids Flirt With Me」。
なお、ミシシッピ・ジョン・ハート「Let The Mermaids~」とは同名異曲。彼のオリジナル曲です。森 陽馬


2020年6月9日(火) Jimmy Johnson 「Somebody Loan Me A Dime」

NHK TV番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』。
「餅ばあちゃんの物語~菓子職人・桑田ミサオ~」の回を先日観ました。

青森五所川原にて現在93歳の桑田ミサオさんが1人で手作りする笹餅の話。
餡と餅の製作、そして笹の葉も山で取り1枚1枚を手洗いして丁寧に包む姿に感動!
「わからないってことは幸せなこと」という言葉、仕事というより人生への向き合い方を学んだ想いでしたね。

さて、音楽界でも90歳代のブルースマンが新譜を出してくれたので紹介しましょう。

Jimmy Johnson(ジミー・ジョンソン)『Every Day Of Your Life』
(国内CD 解説・歌詞付 2,400円+税)

1928年ミシシッピ州生まれ黒人男性ブルース・ギタリスト/シンガー、ジミー・ジョンソン。
御年91歳を迎え、シカゴのdelmarkレーベルから発表した快心の最新アルバム!

今日のこの1曲は、フェントン・ロビンソン作カヴァー「Somebody Loan Me A Dime」。
ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマンの名演でも知られるこの曲を、ジミー本人によるギターソロ&ヴォーカルで味わい深く聴かせます。森 陽馬


2020年6月8日(月) Nick Lowe 「Lay It On Me Baby」

ニック・ロウ、「ラヴ・スターヴェイション」から約1年ぶりとなる新曲EPが発売になりました。

ニック・ロウ『レイ・イット・オン・ミー』
(国内CD 歌詞・対訳付 MSIG-1394 2,200円+税)

収録曲は新曲2曲「Lay It On Me Baby」、「Don't Be Nice To Me」と、ブレンダ・リーのカヴァー「淋しい気持ち(Here Come That Feeling)」、ニック・ロウ・プロデュース、ロス・ストレイトジャケッツによるショッキング・ブルー/バナナラマ「Venus」のエレキ・インスト・カヴァーの計4曲。

新曲はどちらも、恋に奥手で弱気な男心を歌ったニック・ロウ節全開のナンバー。

ブレンダ・リー「淋しい気持ち(Here Comes That Feeling)」(1962年「Everybody Loves Me But You」B面曲)もまた、詞が切ない失恋ソング。ロス・ストレイトジャケッツを従え、ゴキゲンなロックンロール調でカヴァーしています。

CDは基本彼らのツアー会場で販売されるもので、一般発売は日本のみ限定600枚だそうです。お早めに!

同時発売予定だった今作の12インチ・レコードは6月下旬入荷予定です。東尾沙紀


2020年6月7日(日) 松任谷由実 「稲妻の少女」

2020年2月27日今日のこの1曲にて、山下達郎がユーミンの曲にコーラス参加した「真冬のサーファー」を紹介しましたが、今日もそんな曲を紹介したいと思います。

松任谷の名前になってからの第3作目(通算7作目)、1979年発表『オリーヴ』にはまたしても山下達郎のコーラスがフィーチャーされた曲が入っています。

松任谷由実『オリーヴ』
(国内CD TOCT-10640 2,381円+税)

「稲妻の少女」はB面4曲目という地味な位置に収められた曲ですが、ユーミンらしい軽快なメロディに達郎の一人多重コーラスが映えています。

「Lightning Lightning Lightning Bolt」という達郎のコーラスに、ユーミンがファルセット気味に「She's A Lightning ...」と入ってくるところが個人的にはツボになっています。

この曲のはっきりとした録音年月日はわかりませんが、山下達郎はまだブレイク前でアルバム『ゴー・アヘッド』(1978年12月20日発売)を発表した前後かと思われます。

『オリーヴ』には「稲妻の少女」他、「青いエアメイル」、「最後の春休み」、「冷たい雨」、そして歌詞の中にビーチ・ボーイズが出てくる「甘い予感」など、隠れ名曲が多いアルバムです。森 勉


2020年6月6日(土) Sarah Jarosz 「Pay It No Mind」

空飛ぶ鳥たちは、新型コロナウイルスで混乱した人間の世界をどう見ているのだろうか?

Sarah Jarosz『World On The Ground』ジャケットを手に取り、ふと考えてしまいました。

Sarah Jarosz『World On The Ground』
(輸入CD ROUNDER/Universal 00888072168886)

I'm With Her(
2018年2月16日今日のこの1曲参照)3人娘の1人、テキサス出身シンガー、サラ・ジャローズ。
2016年発表『Undercurrent』(
2016年10月3日今日のこの1曲紹介)以来となる新作ソロ・アルバムを発表。

Rosanne Cashの夫でソングライターのJohn Leventhalプロデュース。彼のスタジオにてニューヨーク録音。
タイトルは②「Pay It No Mind」歌詞から取られ、“地上の世界”での人々の物語が叙情的に描かれた1枚。

耳を澄ませば、寄り添う二羽の鳥の語らいがサラの唄を通して聴こえてきます。森 陽馬


2020年6月5日(金) YOLA 「FARAWAY LOOK」

2020年5月23日今日のこの1曲で紹介したEARLY JAMES。
聴くほどに、ダン・オーバックによるプロデュース・ワークの妙&グレン・キャンベル愛を感じられます。

そのダン・オーバックがプロデュース、自主レーベルEASY EYE SOUNDから出ているこの1枚もご紹介。

YOLA『Walk Through Fire』
(輸入CD EASY EYE SOUND EES-008)

YOLAことYolanda Quarteyは英国ブリストル出身1983年生まれの黒人女性シンガー。
Yola Carter名義で2016年1stミニ・アルバム『Orphan Offering』をリリース。
今作『Walk Through Fire』は、米国ナッシュビルでレコーディングした2019年発表初フル・アルバムです。

ダン・ペンが楽曲提供したタイトル曲⑤「Walk Through Fire」含め全12曲。
彼女のソウルフルな歌声と、味わい深いアメリカン・ルーツな演奏&アレンジがじんわり沁みる傑作。

今日のこの1曲は、YOLAとダン・オーバック共作曲①「FARAWAY LOOK」。

この曲は特にグレン・キャンベル的ですね。
ダン・オーバックはグレン・キャンベル/ジミー・ウェッブが本当に好きなんだな、と実感。森 陽馬


2020年6月4日(木) New Riders Of The Purple Sage 「Willie & The Hand Jive」(Live)

初夏のムシムシとした暑さが感じられるようになってきましたね。
野外フェスが軒並み中止になっている昨今ですが、今日は1970年代野外ライヴの雰囲気が伝わる1枚を。

New Riders Of The Purple Sage『Field Trip』
(輸入CD omnivore OVCD-372)

グレイトフル・デッドの弟的アメリカン・ロック・バンド、New Riders Of Purple Sage。
1972年8月27日オレゴン州ヴェネタ、Temple Meadowで行われた<FIELD TRIP>ベネフィット・コンサートの音源を、16トラック・マスターテープからマスタリングしCD化!

70'sアメリカの色々な匂いが薫ってきそうな、ユルいようでグルーヴ感ある演奏が魅力。
デッドやフライング・ブリトー等のカントリー好きは70年代へタイムスリップ必至ですね。

今日のこの1曲はジョニー・オーティス作、エリック・クラプトンのカヴァーでも有名な「Willie & The Hand Jive」。
ゴキゲンなボ・ディドリー・ビートに身体が揺れます。森 陽馬


2020年6月3日(水) NRBQ 「Never Take The Place Of You」

2019年10月来日公演を行った、元NRBQジョニー・スパンピナート率いるスパンピナート・ブラザーズ・バンド。

ジョーイ不在の中、ポップでロックンロールな楽しいステージをみせてくれたメンバー4人。
特にジョニーは終演後も疲れを見せることなくファン一人一人に言葉をかけ、写真撮影に応じる姿がとても印象的でした。

メンバーチェンジを繰り返しながら、テリー・アダムスを中心に現在も活動を続けているNRBQ。
2016年11月に発売された彼らの50周年5枚組アンソロジーが再発売、再入荷致しました。

NRBQ『High Noon - A 50-Year Retrospective』
(輸入CD omnivore OVCD-190)

「Me And The Boys」、「I Love Her,She Loves Me」、「Ridin' In My Car」など多くの名曲・人気曲に加え、ライヴ・テイクやカヴァー、未発表楽曲などを加えたCD5枚組全106曲♪

本日は、1980年作『Tiddly Winks』収録のメロウな「Never Take The Place Of You」をこの1曲に。
♪僕は彼女が有名でスターなのは知っているけど~彼女は決して君の代わりにはならないだろう♪
そんな切ない詞とメロディが沁みるアル・アンダーソン作の名曲。
デイヴ・エドモンズ他様々なアーティストがカヴァーしています。東尾沙紀


2020年6月2日(火) Banti 「El Mundo Va A Cambiar」

アルゼンチン音楽というと、静寂/淡い色合いのオーガニックな風を想起させるイメージがありました。
カルロス・アギーレ、キケ・シネシ、アンドレス・ベエウサエルト、ファナ・モリーナ、クリバス、etc...。

今日紹介するアルゼンチン発の新譜作品は、躍動感溢れるポップ・ワールド/豊かな色彩を放つ1枚。

Banti(バンティ)『Proyecciones』
(国内CD 渡辺亨氏による解説付 RCIP-303 2,200円+税)

Bantiはアルゼンチン/コルドバ出身男性キーボード奏者Santiago Baravalle(サンティアゴ・バラヴァーレ)によるシンガー・ソングライター的ソロ・ユニット。
2019年11月配信リリースされていた1stアルバムをApres-midi Recordsが初CD化したのが今作です。

今日のこの1曲は、スペイン語で<世界は変わる>の意を持つ1曲目「El Mundo Va A Cambiar」。

Kan Sano「Go Nowhere」(2014年発表『2.0.1.1.』収録 
2014年ベス選出)のサウンドに雰囲気が似ていますね。
停滞していた空気が巡回し、心のスイッチが入るような力を感じます。森 陽馬


2020年6月1日(月) バズーカ 「ユアーズ・ティル・フォーエヴァー」

2020年5月27日今日のこの1曲に続いて、<ティーンズヴィル>レーベルのソフト・ロックコンピレーションCDを紹介したいと思います。

『グッド・ウェザー・マシーン ~あなたの知らないソフト・ロック名曲集第5集』
(国内仕様CD 24ページ英文ブックレット&日本語解説付 MSIG-1391 3,000円+税)
原題は『Good Weather Machine ~Sunshine, Soft & Studio Pop 1966~1972』。

こちらも第4集同様、シャーロット・ルッセ、U.S.メイルズ、オギー・モレノ、スパイス・オブ・ライフ、クロックウォッチャーズ、ニール・ブライアン、ジャイアント・サンフラワーなど、ほとんど耳にしなかったアーティストが並んでいますが、イイ曲ばかり30曲に当時未発表だった1967年ボビー・ヴィー「ブレイク・イット」を加えた全31曲。

予備知識なしにまずCDを聴いてみる。---次から次へと気になる曲が、、、。
ソフト・ロックってなんて奥深い世界なんでしょうか。

ボブ・クルーが曲作りに絡んだエグザイルズ。
モンキーズに曲を提供したこともありマイク・ネスミスがプロデュースしたビル・チャドウィック。
バリー・ギブ作品を唄っているワイルドウッド。
テキサス出身ながらビーチ・ボーイズを目指していたコーストライナーズ。
等々、繰り返して聴きたくなる曲多数。

今日のこの1曲は、バズーカ「ユアーズ・ティル・フォーエヴァー」を。

1970年発表唯一のシングルだそうです。
曲を作ったのは「アイ・ライク・ドリーミン」の大ヒットを出すことになるケニー・ノーラン。
このバズーカのメンバーは、1966年に「ライズ」をヒットさせたニッカボッカーズの人たちとのこと。
音も解説も勉強になります。森 勉


2020年5月31日(日) Jason Isbell and The 400 Unit 「What've I Done To Help」

アメリカン・ロック新譜この1枚。

Jason Isbell and The 400 Unit『Reunions』
(国内仕様CD 日本語解説付 BSMF-6192 2,400円+税)

ジェイソン・イズベルは1979年アラバマ州出身男性シンガー・ソングライター。
Drive By Truckers在籍後2007年ソロ・デビュー。今年1月にはビルボード・ライヴで来日公演も行っています。

その彼が近作同様Dave Cobbをプロデューサーに迎えナッシュビルで制作した2020年新作アルバム。
奥方Amanda Shires(
2019年9月6日今日のこの1曲で紹介The Highwomenのメンバー)含むバンド、The 400 Unitによるアメリカンな演奏と、武骨で男気あるジェイソンの歌声がかっこいい!

今日のこの1曲は、1曲目「What've I Done To Help」。
デヴィッド・クロスビーがバック・ヴォーカルで参加しています。森 陽馬


2020年5月30日(土) Jackson Browne 「A Little Soon To Say」

アラン・メリル、アダム・シュレンジャー、リー・コニッツ、バッキー・ピザレリ、ジョン・プラインetc...。
2020年春、多くのミュージシャンが新型コロナ・ウイルスに感染し命を落としました。

ジャクソン・ブラウンも感染したとの報道がありましたが、現在は無事回復したようです。
フジロック2020に出演予定となっていますし、また元気な姿を見せてほしいですね。

そのジャクソン・ブラウンの新曲2曲がシングルCDで発売されました。

Jackson Browne『Downhill From Everywhere/A Little Soon To Say』
(輸入CD 2曲収録 歌詞付 Inside Recordings INR1516/輸入アナログ盤は6月発売予定)

「Downhill From Everywhere」は、ジャクソン・ブラウン節全開のロック・ナンバー。
ジャクソンとGreg Leisz、Jeff Youngによる共作で、プラスチックの環境問題をテーマにした楽曲。

「A Little Soon To Say」は、グレタ・トゥーンベリ含む若い世代へ向けたメッセージと思われる味わい深い1曲。

♪I want to see you holding out your light. I want to see you light the way.♪
(私は見たい あなたが灯りを掲げるのを そして 進むべき道を照らすのを)

ウイルス感染拡大で苦悩する僕らへ、ジャクソンが優しく語りかけてるようでもあり胸に沁みます。森 陽馬


2020年5月29日(金) Aoife O'Donovan 「Lakes Of Pontchartrain」

サラ・ワトキンス、サラ・ジャローズとのユニットI'm With Herや、ブルーグラス・バンドCrooked Stillでも活躍する米マサチューセッツ出身の女性シンガーソングライター、イーファ・オドノヴァン。

2016年作『In The Magic Hour』から約4年ぶりとなるソロ名義作が発売になりました。

イーファ・オドノヴァン『ブル・フロッグス・クルーン(アンド・アザー・ソングス)』
(輸入国内盤仕様CD 解説付 BSMF-6191 2,200円+税)

今作はオレゴンの詩人ピーター・シアーズの作品(「Night Fishing」「The Darkness」「Valentine」)を基に制作した3曲からなる弦楽四重奏組曲を中心としたミニ・アルバム。

イーファの歌とギター、躍動的でクラシカルな弦のアレンジがすばらしいこの組曲は、今作全てのストリングス・アレンジを務めたフィドル奏者/作曲家Jeremy Kittel、ルイビル・オーケストラ指揮者/作曲家Terry Abramsとの共作により2015年に書かれたものだそうです。

この組曲の他、彼女の長年のレパートリーである「Lakes Of Pontchatrain」(ポール・ブレイディ、ボブ・ディランなど多くのミュージシャンに歌われるアイリッシュ・トラッド)、ブルーグラス女性シンガーヘイゼル・ディケンズ「Pretty Bird」のカヴァーが収録されています。東尾沙紀


2020年5月28日(木) Banda Mandacarinho 「Guarde Nos Olhos (瞳に隠して)」

初夏の陽射しに突然の通り雨。
ブラジル音楽が聴きたくなる季節がやってきました。

ということで、最近気に入っているブラジル音楽新譜この1枚。

Banda Mandacarinho(バンダ・マンダカリーニョ)『Luz Brasileira(ブラジルの光)』
(国内CD 中原仁による楽曲解説付 MCBR-002 3,000円+税)

Banda Mandacarinhoは2011年結成、八木美楠子がリーダーを務める日本人ミュージシャン中心のグループ。
メンバー各々ジャズ&ラテン音楽関連のバンドを持ち、幅広く活動しているアーティストが集合。
ブラジル音楽愛に溢れた素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

今日のこの1曲は、イヴァン・リンス作カヴァーのラスト10曲目「Guarde Nos Olhos」。

イヴァン・リンス本人がヴォーカルでゲスト参加!
郷愁誘うグスターヴォ・アナクレートによるソプラノサックス・ソロ、聴きものです。森 陽馬


2020年5月27日(水) カーメル 「アイ・キャント・シェイク・ディス・フィーリング」

マニアックな選曲でいつもファンを唸らせ続けてくれるオーストラリアのレーベル<ティーンズヴィル>から、ソフト・ロックのコンピレーションが2種類発売になりました。

今日はまず『ラヴ・レヴォリューション ~あなたの知らないソフトロック名曲選第4集』。
(国内仕様CD 20ページ英文ブックレット&日本語解説付 MSIG-1386 3,000円+税)

このコンピの原題は『The Love Revolution ~Soft, Sunshine & Harmony Pop 1966-1971』で全31曲収録。
ファイヴD、サンフラワー・シンガーズ、オネストメン、ハリーズ・グループ、トロイズ、ランディ・ベンジャミン、ロイト・バンクスなど、耳慣れないアーティストのオンパレードですが、ソフト・ロック好きにフィットする曲ばかりです。

知らないものばかりでも約80分間飽きないで聴けてしまう不思議なCDです。
デヴィッド・ボウイやTレックスのプロデューサーとして名を馳せることになるトニー・ヴィスコンティが妻と1966年に発表したトニー&ジークリトとか、1970年代ニール・セダカの共作者としても知られるフィル・コディがフィル・テイラーの名で1969年発表した曲とか、ポール・サイモンの弟エドワード(エディ)が組んでいたクリブ&ベンというデュオなど、トリビアな人たちの曲も含まれています。

そんな中から今日は、ニュージャージー出身のヴォーカル・グループ、カーメル「アイ・キャント・シェイク・ディス・フィーリング」を。
フォー・シーズンズやハプニングスタイプのナイス・ハーモニー・サウンドです。森 勉


2020年5月26日(火) 須藤薫 「つのる想い」

2013年3月3日、ひな祭りの日に急逝した須藤薫さん。
彼女の歌声は、昔の写真を眺めた時のような、懐かしいけれどどこか切なく胸に迫るものを感じます。

大瀧詠一作「あなただけI Love You」、「涙のステップ」、「心の中のプラネタリウム」...etc。
他にもいい曲をたくさん唄っているので、多くの人に聴いてもらいたいですね。

その須藤薫さんが1989年ハミングバードレーベルへ移籍し発表した3作『Tender Love』(1989)、『CONTINUE』(1990)、『Winter Moon』(1991)から選曲した編集盤が発売されました。

須藤薫『HUMMINGBIRD YEARS SELECTION』
(国内CD 全15曲収録 WPCL-13189 2,000円+税)

今日のこの1曲は、小西康陽プロデュース作『Tender Love』収録の「つのる想い」。
フィル・スペクター・サウンドとナイアガラ風味を絶妙にブレンドさせたアレンジが素晴らしい名曲です。森 陽馬


2020年5月25日(月) Paul Weller 「Village」

本日5月25日はポール・ウェラー62歳の誕生日!

7月3日には約2年ぶり、15枚目となる新作『オン・サンセット』がリリース予定です。
(2020年7月3日発売 国内CD UICY-15785 ボーナス・トラック6曲追加 2,600円+税)

スタイル・カウンシル後期を彷彿とさせる「Earth Beat」、穏やかなメロディと美しいストリングスが耳に残る「Village」、弾き語り映像が公開された「More」...と先行シングル他数曲を聴くと、まだ全体像を掴みきれずともワクワクしてきます。

ウェラー曰く''It's a positive, summery-sounding record.''
(ポジティヴで夏らしいサウンド)とのこと。

スティーヴ・クラドックやアンディ・クロフツなどお馴染みウェラー・バンドのメンバーをはじめ、ミック・タルボット(ex.スタイル・カウンシル)、ジョシュ・マクローリー(ex.ストライプス)、リー・トンプソン(マッドネス)、ジム・リー(ex.スレイド)、ジェリー・ビッグ(ル・シュペール・オマール)などがゲスト参加しています。東尾沙紀


2020年5月24日(日) Brad Mehldau 「42 Years」

昨日に続き問題です。
パット・メセニー、ランディ・ニューマン、ブラッド・メルドー、パンチ・ブラザーズ、矢野顕子、etc...
このアーティスト達の共通点は何でしょうか? 答えは、、、



「Nonesuch Recordsから作品をリリースしたことがある」、でした。

Nonesuch Records(ノンサッチ)は、アメリカで1964年設立されたレコード・レーベル。
古き良き伝統を引き継ぎながら、新たな志を感じさせる音楽作品をリリースし続けています。

今作はNonesuchを1984年から2017年まで社長として率いてきたBob Hurwitzへのトリビュートアルバム。

V.A『I Still Play』
(輸入CD Nonesuch 075597920864)

2017年名誉会長となったBob Hurwitzを祝うコンサートにて演奏された楽曲を、Timo Andres、Jeremy Denk、Brad Mehldau、Randy Newmanがソロ・ピアノで新たにレコーディングした全11曲収録。

今日のこの1曲は、パット・メセニーが書き下ろし、ブラッド・メルドーが奏でる「42 Years」を。森 陽馬


2020年5月23日(土) EARLY JAMES 「High Horse」

早速問題です。
ドクター・ジョン、プリテンダーズ、ラナ・デル・レイ、Yola、マーカス・キング、etc...
このアーティスト達の共通点は何でしょうか? 答えは、、、



「ダン・オーバック(ブラックキーズ)プロデュースで作品を出したことがある」、でした!

武骨なロックを聴かせるブラック・キーズも魅力ですが、近年はプロデューサー仕事が超充実。
彼が関わった作品は外れがないんですよね。

ということで、ダン・オーバックプロデュースによる新人アーティストの新譜をご紹介。

EARLY JAMES『Singing For My Supper』
(輸入CD EAST EYE SOUND EES-013)

アーリー・ジェイムスは1993年生まれアラバマ出身男性シンガー・ソングライター。
ダン・オーバック自主レーベルEAST EYE SOUNDからの2020年発表デビュー・アルバムです。

歌声はマーカス・キングにウォーレン・ジヴォン、スティーヴ・アールを混ぜた渋い感じ。
彼のうらぶれたソングライティング・センスとダン・オーバックらしいサウンドがNice!

今日のこの1曲は、少年だった頃のイノセンス喪失を切々を歌う⑦「High Horse」。
この曲は落ち着いたフォーキー・バラードにストリングスを交えたアレンジ。
<ジミー・ウェッブプロデュースによるグレン・キャンベル>を彷彿とさせます。森 陽馬


2020年5月22日(金) サニーデイ・サービス 「心に雲を持つ少年」

1995年アルバムデビュー、2000年解散、2008年再結成、2018年ドラマー丸山晴茂逝去。
そして2020年、大工原幹雄(dr)が新たに加入したサニーデイ・サービス。

紆余曲折を経て、快心の新作『いいね!』を発表しました。

サニーデイ・サービス『いいね!』
(CD 初回限定DVD付 ROSE-249DX 3,000円+税/限定アナログLP ROSE-249X 3,000円+税)

青春の刹那を真空パックしたようなロックスピリット溢れる全9曲収録。
今日のこの1曲は、「ずっと消えない太陽がある」とラスト連呼される1曲目「心に雲を持つ少年」。

2016年発表『DANCE TO YOU』収録「I'm A Boy」(
2016年8月2日今日のこの1曲参照)で、悩みながら暗い夜をさまよっていた少年は、"死んでいるように恋して"、消えない太陽を探し求め続ける。
曽我部恵一の音楽への情熱に心動かされたナンバー。森 陽馬


2020年5月21日(木) ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「パワー・オブ・ラヴ」

スティーヴン・スピルバーグが監督や製作総指揮などに関わり1980年代に公開された映画はどれも忘れられないものになっています。

『レイダース 失われたアーク』を始めとする『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『E.T.』。
そして、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。映像も音楽もすてきでした。

1985年公開『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(監督はロバート・ゼメキス)での音楽の使い方はバツグンでした。

特に映画後半、マイケル・J・フォックスがチャック・ベリー風にギターを弾くシーンの設定には驚かされました。
サントラCDには、そのシーンで演奏されたマーティ・マクフライ&ザ・スターライターズ「ジョニー・B・グッド」も収録されています。

映画サントラ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
(国内CD 解説・歌詞付 UICY-79099 1,000円+税)

ということで、今日はその主題歌「パワー・オブ・ラヴ」を。

映画館で映画を観れるようになる日が待ち遠しい! 森 勉


2020年5月20日(水) Brian Wilson And Van Dyke Parks 「What A Wonderful World」

「様々な苦難を乗り越え、ブライアン・ウィルソンが音楽をまた奏でてくれた。」
1990年代ビーチ・ボーイズファンは、このような感慨深い想いをしました。

中でも、ブライアン・ウィルソン&ヴァン・ダイク・パークス1995年発表作に強い想い入れがありますね。

そのブライアン&ヴァン・ダイク『オレンジ・クレイト・アート』発売から約25年。
3曲のボーナス・トラックを追加収録したデラックス・エディションが2020年6月19日発売決定しました。

Brian Wilson And Van Dyke Parks『Orange Crate Art』(25th Anniversary Edition)
(2020年6月19日発売予定 輸入2枚組CD/輸入2枚組LP)

CDには3曲のボーナスに加え、未発表インストゥルメンタル音源も収録。
LPは初アナログ化!

今日のこの1曲は、ボーナス・トラックのルイ・アームストロング「What A Wonderful World」カヴァーを。
ブライアンの無垢なヴォーカル&コーラスは、再び僕らに強い感動を与えてくれそうです。森 陽馬

★通販コーナーにて予約受付中。

2020年5月19日(火) Susan Webb 「A Case Of You」

あのジミー・ウェッブの妹! Susan Webb(スーザン・ウェッブ)。
1975年発表唯一のアルバムが再発CD化されました。

スーザン・ウェッブ『Bye-Bye Pretty Baby』
(国内CD 日本語解説付 VSCD-5891 2,700円+税)

ジミー・ウェッブによるプロデュース&アレンジ。
ジェシ・エド・デイヴィス、ジェイ・グレイドン、アルバート・リー、フレッド・タケット、ディーン・パークス、ジェフ・ポーカロ、ジム・ゴードン、ジム・ケルトナー、ジョー・オズボーン他豪華バックメンツ。

CSN「Helplessly Hoping」他カヴァー8曲に、オリジナル曲3曲含む全11曲。
スーザンの美声、そしてジミーらしいピアノの旋律&アレンジが楽しめます。

今日のこの1曲は、ジョニ・ミッチェル名曲「A Case Of You」カヴァーを。
スーザンはジョニ・ミッチェル1974年発表作『Court And Spark』に参加しており、その縁もあってカヴァーしたのでしょうね。森 陽馬


2020年5月18日(月) Ted Poor 「At Night」

<ブレイク・ミルズプロデュース>、に釣られて購入したこの1枚。

Ted Poor『You Already Know』
(輸入CD IMPULSE! B0031588-02)

ニューヨーク出身、現在はシアトルを拠点に活動している男性ドラマー、Ted Poor(テッド・プア)。
ジョン・コルトレーン等ジャズ名盤を数多く輩出しているIMPULSE!(インパルス)レーベルからの1stアルバム。

ほぼ全曲で聴けるAndrew D'Angeloのアルト・サックスがとても印象的。
独特な音の間はブレイク・ミルズ(彼のソロは
2015年5月17日今日のこの1曲で紹介)らしいですね。
『死刑台のエレベーター』や50'sフィルムノワールの映画音楽を彷彿とさせるジャズ作品です。

今日のこの1曲は、夜の深い闇に吸い込まれそうな⑥「At Night」を。

ちなみに、Ted Poorは
2019年4月2日紹介したAndrew Bird『My Finest Work Yet』でドラムを担当。
そのAndrew BirdもヴァイオリンでTed Poorの今作に花を添えています。森 陽馬


2020年5月17日(日) Curtis Stigers 「Lately I've Let You Slide」

1965年生まれ、90年代初頭から活躍しているアメリカの男性シンガー/サックス奏者、カーティス・スタイガース。

約3年ぶりとなる2020年発表作『GENTLEMAN』が入荷しました。

Curtis Stigers『GENTLEMAN』
(輸入CD Emarcy 0602508773112)

ピアノ、オルガンでも参加し、素敵な音色を聴かせてくれるラリー・ゴールディングス共同プロデュース。
スタンダード「After You're Gone」を交え、味わいある渋声が沁みるブルージーなジャズ/シンガーソングライター作品。

今作の1曲目を飾るのは、ニック・ロウの楽曲です。
2001年発表作『The Convincer』に収録されている「Lately I've Let You Slide」を取り上げています。
トランペッターJohn Sneiderをフィーチャーした、夜な雰囲気のカヴァーです。

カーティス・スタイガース×ニック・ロウといえば、映画『ボディ・ガード』のサントラに、カーティスによる「(What's So Fuuny 'Bout)Peace, Love & Understanding」のカヴァーが収録され、サントラが大ヒットしたおかげでニック・ロウにたっぷり印税が入った...というのは有名なお話ですね。東尾沙紀


2020年5月16日(土) Rachael & Vilray 「Do Friends Fall In Love?」

オールドタイミー&ジャジーなグッド・タイム・ミュージック♪

Rachael & Vilray『Rachael & Vilray』
(輸入CD Nonesuch 075597924183)

Lake Street Diveの女性シンガーRachael Price。
ニューイングランド音楽院からの友人であり男性ギタリストVilrayによる男女デュオ・アルバム。

Lake Street Dive2018年作『Free Yourself Up』も手掛けたDan Knoblerによるプロデュース。
サックス、トロンボーン、クラリネットも加えた温もりあるホーン・アレンジ、隙間を活かした演奏Nice!
Nonesuchレーベルらしい、古き良き伝統を引き継ぐ音楽の素晴らしさを実感させてくれる1枚です。

今日のこの1曲は、2人の歌声とギター、そして口笛が素敵な②「Do Friends Fall In Love?」。
ジャッキー&ロイのような男女デュオお好きな方にオススメ! 森 陽馬


2020年5月15日(金) ホリーズ 「ステイ」

「STAY HOME」・・・・・
まだ我慢の日々は続きそうです。

今日は語呂合わせで「STAY」という曲を。

1960年11月全米No.1ヒットを記録したモーリス・ウィリアムス&ザ・ゾディアックスのヴァージョンがオリジナルということになりますが、いろいろな人たちがカヴァーしています。
フォー・シーズンズ、デイヴ・クラーク・ファイヴ、ジャクソン・ブラウン、そしてペット・サウンズ・レコードがおすすめする金沢出身伝説のガールズ・バンド、ルラル。

今日はそのルラルがライヴでカヴァーした時にお手本にしたホリーズのヴァージョンで。

ホリーズ「ステイ」は、イギリスでは1963年11月シングル発売され、ホリーズとしては初のベスト10圏内に入るヒットとなりました。
アラン・クラークとグラハム・ナッシュのヴォーカル&ボビー・エリオットの躍動感溢れるドラムのビートが魅力です。

THE HOLLIES『Clarke, Hicks & Nash Years ~The Complete Hollies April 1963 - October 1968』
(輸入6枚組CD EMI 5099909624221)

グラハム・ナッシュ在籍時のスタジオ録音150曲全曲と、貴重な1968年のライヴ8曲を収録。
これで「ステイ・ホーム」を過ごしてみるのもいいのでは。森 勉


2020年5月14日(木) パイレーツ・カヌー 「What Am I Fighting For?」

当店地下ライヴ・カフェ・アゲインは、ウイルス感染拡大・自粛の影響でイベント延期&中止が続いています。

苦しい状況のライヴスポットをサポートしようとOn The Corners Recordsが支援CDを編集・製作。
関わったことがあるライヴスポットへ送付し、販売した売上分を寄付する取り組みを行ってくれました。

アゲインにそのOn The Corners Records編集盤CD『STAY AWAKE』が到着。
僕も購入させていただいたので紹介したいと思います。

V.A『STAY AWAKE』
(ライヴスポット支援CD otcr-015 2,000円税込)

パイレーツ・カヌー、中井大介、Peg&Awl、エリザベス・エタソロ作、河野沙羅ソロ作から選曲。
更に木下弦二ソロから河野沙羅参加「夏みかん」を追加した全17曲。

温もり溢れる陽射しのように、心地良く耳に馴染みます。森 陽馬


2020年5月13日(水) Cheap Trick 「Heaven's Falling」

チープ・トリックのベーシスト、トム・ピーターソンが5月9日で70歳を迎えました。
アラウンド70となってもメンバーはまだまだパワフル!
そう遠くないうちにまたバリバリ演奏している姿が見られるといいなと思います。

トムがバンドを離れていた時期のアルバムとなりますが、1983年発表8作目『ネクスト・ポジション・プリーズ』はとても好きでよく聴いています。
(国内CD 紙ジャケット ボーナス・トラック9曲追加 解説・歌詞・対訳付 SICP-31069 2,000円+税)

トッド・ラングレンプロデュース。
ユートピア・サウンド・スタジオでレコーディングされた本作。

ロビン・ザンダー(Vo)作の名曲「I Can't Take It」、2016年来日公演でも披露されたジェフ・リン/ロイ・ウッド路線の「Borderline」、ザ・フー「My Generation」をちょろっと演奏したものをイントロにくっつけた遊び心ある「Invaders Of The Heart」など、キャッチーな曲が多数収録されています。

本日はその中からメンバー作ではないですが、トッド・ラングレン作「Heaven's Falling」を。

ロビンの伸びやかな高音と分厚いコーラスが気持ちいい、スカッと爽快な1曲。
ドッドッドッっと鼓動のようなベース、ポップなメロディー、聴く度に胸が高鳴ります。東尾沙紀



2020年5月12日(火) リン・イーラー 「夢で逢えたら」(中国語カヴァー)

大滝詠一が作った名曲「夢で逢えたら」。
2018年には4CD全曲「夢で逢えたら」の編集盤も発売されましたね。(
2018年3月21日今日のこの1曲で紹介)

その「夢で逢えたら」にまた新たな名カヴァーが出ました。

林以楽(リン・イーラー)『夢で逢えたら/お友達でいましょうよ』
(国内7インチ・アナログ LK37D 1,800円+税)

リン・イーラーは台湾発ポップ・バンド、雀斑Freckles(
2017年7月20日今日のこの1曲で紹介)の女性シンガー。

ヒゲの未亡人(岸野雄一&ゲイリー芦屋)プロデュースによる現代ウォール・オブ・サウンド!
マイクロスター佐藤清喜によるミックスで、ドリーミーな音の鳴りが素晴らしい!

リン・イーラーの中国語によるキュートな歌声もこの曲にピッタリですね。
限定アナログ盤ですので購入予定の方はお早めに。森 陽馬


2020年5月11日(月) チャック・レイニー 「ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト」

チョッパーや派手なソロをするわけではないのに、チャック・レイニーはベーシストとして絶大な人気を誇っています。

今日はそんな彼が1969年に録音したSKYEレーベルからのソロ・アルバムを紹介しましょう。

チャック・レイニー『コーリション』
(国内CD MZCS-1315 2,200円+税)

このアルバムを発表する頃にはすでに、オージェイズ、ラスカルズ、ローラ・ニーロ、フォー・シーズンズ、ペリー・コモ、ジャニス・ジョプリン、ルース・ブラウンなどのレコーディングに参加しニューヨークに活躍していました。

このアルバムは、バーナード・パーディ、リチャード・ティ、エリック・ゲイル、コーネル・デュプリー等も参加。
クロスオーヴァー/フュージョンが大流行する5~6年前の貴重な音源と言えると思います。

スタッフのファースト・アルバム収録曲にもなるエリック・ゲイル作「ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト」。
コーネル・デュプリーのギターをフィーチャーした「ジニアス・ジョン」。
チャック・レイニーのちょっとしたベース・ソロが聴ける「ピーターガンのテーマ」など全9曲を収録。
どの曲にも「オッ・・・」と感じるベース・フレーズあり。森 勉


2020年5月10日(日) 高野寛 「CHANGE」 feat.原田郁子・細野晴臣

「変わらないものを守るため わたしたちは変わってゆくよ あああ 光射す坂の途中で」
(高野寛「CHANGE」歌詞より)

高野寛2009年発表作『Rainbow Magic』(
2009年10月7日今日のこの1曲で紹介)収録曲「CHANGE」。

環境問題を提起した生物学者レイチェル・カーソン著、1962年書籍『沈黙の春』に影響を受けて書かれた1曲。

細野晴臣によるベース、原田郁子(クラムボン)のピアノ&コーラス、高野寛の無垢な歌声。
そして、メッセージ性ある歌詞が切実に響いてきます。

2019年6月19日渋谷CLUB QUATTRO、冬にわかれて×山崎ゆかり(空気公団)の2マンライヴ。
アンコールで最後一緒に歌われたのが、この曲のカヴァーでした。
最近のようで遠く懐かしい遥か過去のようにも感じますね。森 陽馬

★高野寛『Rainbow Magic』は廃盤。
掲載ジャケットは2018年発売ソロデビュー30周年記念3CDベスト盤、高野寛『SPECTRA』。
(「CHANGE」他全46曲収録 本人による解説付 UPCY-7545 3,900円+税)


2020年5月9日(土) Keith Jarrett 「Shenandoah」

「くたびれたような、泣き出したいような、なかなか醒めない夢のような日々の中で、この曲が何も言わずただ抱きしめてくれるような気がしています。」(寺尾紗穂の言葉より)

2020年5月2日インターFMラジオ特別番組
『music is music POWER OF MUSIC 今こそ聴きたい音楽』
牧村憲一氏人脈による11人の音楽家が「今聴きたい音楽」を選曲。曲へのコメント含めオンエアされました。

その番組で、寺尾紗穂さんがセレクトした1曲。
キース・ジャレット「Shenandoah」(シェナンドー)。

「Shenandoah」は19世紀アメリカン・ルーツ/トラディショナル曲。
日本でも大貫妙子さんの歌がCM曲として使用されるなど多くのミュージシャンにカヴァーされています。

名ジャズ・ピアニスト、キース・ジャレットのヴァージョンは1999年発表『The Melody At Night, With You』に収録。
(国内CD UCCU-5707 1,500円+税)

病気で活動休止していた彼がECMレーベルから復帰しリリースしたソロ・ピアノ作品。
懐かしい記憶が駆け巡るような、そんな想いにさせてくれる1枚。森 陽馬


2020年5月8日(金) シリア・ポール 「夢で逢えたら」

音楽雑誌『レコード・コレクターズ』。
5月15日発売2020年6月号の特集は<シティ・ポップの名曲ベスト100 1973-1979>の予定が組まれています。

25名ほどの評論家の方々が1人20~30曲を選び、それを基にレココレとしてベスト100のチャートを作ろうというもので、今までビートルズ、ローリング・ストーンズ、ビーチ・ボーイズ、クイーン、日本のロック&フォーク、アメリカ・ロック&ポップス、イギリス・ロック&ポップスなどのベスト100が発表され、興味深い結果が出ています。

今日は頼まれてもいないのに勝手に自分の好きなシティ・ポップの名曲というものを選んでみようと思います。
1973~79年発表の曲から選んでみました。

思いついたものから挙げていきます。順不同です。

・左とん平「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」
・シュガー・ベイブ「蜃気楼の街」
・ブレッド&バター「ピンク・シャドウ」
・尾崎亜美「瞑想」
・荒井由実「コバルト・アワー」
・マザー・グース「貿易風にさらされて」(シングル・ヴァージョン)
・佐藤博「レインボー・シー・ライン」
・Char「シャイニン・ユー、シャイニン・デイ」
・高橋幸宏「プレゼント」
・中原理恵「ドリーミング・ラヴ」
・吉田美奈子「かびん」
・アン・ルイス「恋のブギウギ・トレイン」(or 甘い予感)
・ラジ with 南佳孝「The Tokyo Taste」
・加藤和彦「家をつくるなら」
・シリア・ポール「夢で逢えたら」

とりあえず15曲選んでみました。森 勉

★掲載ジャケットはシリア・ポール『夢で逢えたら』。
(国内2枚組CD SRCL-9565 3,000円/完全限定『夢で逢えたらVOX』 SRJL-1112 20,000円+税)


2020年5月7日(木) Hazel English 「Milk and Honey」

新世代女性シンガーで最近お気に入りの1枚です。

ヘイゼル・イングリッシュ『ウェイク・アップ!』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 PCD-22424 2,200円+税)

ヘイゼル・イングリッシュは1990年オーストラリア・シドニー生まれ。
アメリカ西海岸を拠点とする注目の女性シンガー・ソングライター。

2016~17年発表のEP2作をカップリングした『Just Give In/Never Going Home』は国内盤もリリースされ、2018年3月にはルビー・スパークスらがサポート・アクトを務めた初来日公演を行っています。

1stフル・アルバムとなる今作『ウェイク・アップ!』は、リヴァーヴを効かせたドリーミーなサウンドに、60'sポップス/サイケ・ロックのエッセンスが加わったレトロ・ポップな1枚。

フィル・スペクター・サウンドを彷彿とさせる「Like A Drug」や「Waiting」、先行シングル「Shaking」、「Milk and Honey」他妖艶さも漂うロック・ナンバーなど、彼女のメロディ・センスと魅力がたっぷり詰まったアルバムとなっています。東尾沙紀



2020年5月6日(水) Nina Simone 「Alone Again Naturally」

2020年4月23日発売された村上春樹の新刊書籍『猫を棄てる 父親について語るとき』を読了。

中国での地獄のような戦争を経験した父親の記憶を次世代へ引き継ぐように綴った村上春樹ノンフィクション作。
「猫を棄てる」というタイトルは、父親と猫を棄てに行った少年時代の想い出から取られています。
その棄てた猫がどうなったか、というのが、奇跡的に帰還した父親の人生とも繋がるようで興味深かったですね。

そして、偶然のようで必然であった人生と、それを受け継いでいくことの意義が伝わってきた1冊でした。
「歴史というのは過去のものではない。~次の世代へと持ち運ばれていくものなのだ。」というあとがきの言葉。
彼自身のルーツを語りながら平和への願いを託しているようで、身が引き締まる想いになったのは僕だけでしょうか。

今日のこの1曲は、ニーナ・シモンが亡父を歌ったギルバート・オサリバン「Alone Again Naturally」カヴァーを。

「Alone Again Naturally」は元々、花嫁に去られ父母が亡くなりまた一人に、という悲劇の歌。
ニーナは新たな歌詞を加えピアノ弾き語り。胸が苦しくなるほどその悲哀が痛切に響いてきます。森 陽馬


ニーナ・シモンが1982年フランス/パリで録音したアルバム『Fodder On My Wings』に収録。
2020年4月Verveから再発売されました。(輸入CD Verve/Universal 602508273810)



2020年5月5日(火) 鈴木茂 「コーラル・リーフ」(『Pacific』より)

今年のゴールデン・ウィークは例年とは全く違った様相を呈していますね。

いつまで日常の生活を慎まなくてはいけないのか不安になりますが、好きな音楽を聴いてそんな気持ちを吹き飛ばしたいと思います。

今回はさわやかなインスト曲を。
鈴木茂のギターをフィーチャーした「コーラル・リーフ」。

ジャケット写真の雰囲気が良く出ている曲だと思います。
主な参加メンバーは、林立夫、高水健司、坂本龍一、佐藤準、浜口茂外也、ジェイク・コンセプション。
いいメンバーで素晴らしいグルーヴ感が出ています。

この曲が収録されているのは、1978年ソニー・ミュージックから発売された企画もののアルバム。
南太平洋をテーマに、細野晴臣・鈴木茂・山下達郎がインストゥルメンタル曲を各3曲持ち寄って素敵な1枚のアルバムが出来上がっています。森 勉

細野晴臣・鈴木茂・山下達郎『Pacific』
(国内CD MHCL-30126 1,800円+税)



2020年5月4日(月) TOKAI BEATERS 「CIRCLE」

松尾清憲ファン要チェック!

松尾清憲が作曲&コーラスで参加した楽曲「CIRCLE」を収録。
一般流通していないCDです。

TOKAI BEATERS『CIRCLE』(c/w「Hi Donann」、「青空」)
(国内CD MORS-0006 1,000円+税)

HOT KUMAのヴォーカル/キーボーディスト森下寿一+丹波正和によるユニット、TOKAI BEATERS。
森下寿一の還暦記念CDとして2020年4月制作された3曲入りシングル盤。

「CIRCLE」は、森下寿一が一番好きな作曲家と公言している松尾清憲による作曲。(作詞:森下寿一)
EW&F等のジャケットを手掛けた長岡秀星に感銘を受けた時の感動が、歌詞に綴られています。森 陽馬

★店頭及び
通販コーナーにて販売中。


2020年5月3日(日) James Taylor 「Your Smiling Face」

季刊雑誌『アコースティック・マガジン 2020 SPRING』は、ジェイムス・テイラー特集号。
(リットー・ミュージック 教則CD付 2,000円+税)

小坂忠、笹倉慎介へのインタビュー。JT使用アコースティック・ギター&技術的考察。
高田漣、吉川忠英、佐橋佳幸、小倉博和、斎藤誠、湯川トーベン、おおはた雄一他へのJTアンケート等掲載。

そのアンケートに、「一番好きなジェイムス・テイラーの曲は?」という問いがありました。
回答は『Sweet Baby James』、『Mud Slide Slime』、『One Man Dog』、初期3作の曲がやはり多いですね。

意外だったのはアコースティック・ギターが使われていない「Your Smiling Face」を挙げている方も多かったこと。

「Your Smiling Face」は、1977年発表コロンビア・レコード移籍第1弾アルバム『JT』1曲目に収録。
(国内CD 日本語解説付 SICP-5437 1,000円+税)

ピーター・アッシャープロデュース、ダニー・コーチマー、リー・スクラー、ラス・カンケル他参加。
カーリー・サイモンとの間に生まれた娘サリーのことを歌った詞、と言われています。森 陽馬



2020年5月2日(土) Lindsey Webster 「A Woman Like Me」

ニューヨーク州出身女性シンガー、Lindsey Websterの新作アルバムが入荷。

Lindsey Webster『A Woman Like Me』
(輸入CD SHANACHIE SHACD-5475)

Nathan East(B)、Vinnie Caliouta(Ds)、Mike Demicco(G)他、凄腕ミュージシャンがバックを担当。
上品な演奏&ムーディーな楽曲、アダルトなスムース・ジャズとして楽しめる1枚。

今日のこの1曲は、Nathan Eastがハミング・ヴォーカルでも参加したスローナンバー「A Woman Like Me」。

全体的には、シャーデーやバーシアをフュージョン/スムース・ジャズ的にした雰囲気。
ライトな女性ジャズ・ヴォーカル好きの方にオススメです。森 陽馬




2020年5月1日(金) Simon & Garfunkel 「Bridge Over Troubled Water」(明日に架ける橋)

♪生きることに疲れ果て みじめな気持ちで つい涙ぐんでしまう時 その涙を僕が乾かしてあげよう
<中略>
暗闇が立ちこめ 苦痛が君を多い包む時 僕が身代わりになろう
荒れた海に架ける橋のように この身を横たえよう♪ 「Bridge Over Troubled Water」歌詞より

華やかなようで混乱に満ちた1960年代が終わり迎えた1970年。
ベトナム戦争が激化し、愛・平和・夢が幻想に置き換わった、そんな時代の節目に出た1枚。

サイモン&ガーファンクル『Bridge Over Troubled Water』(邦題:明日に架ける橋)
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 SICP-30035 1,800円+税)

1970年1月発表、アメリカではビルボード・アルバム・チャート10週連続No.1を記録。
そのアルバム1曲目が「Bridge Over Trouble Water」(明日に架ける橋)。

作詞・作曲したポール・サイモン、歌ったアート・ガーファンクル。
当時まだ20代であった二人はこの歌にどんな想いを込めたのか。

憎しみ・妬みではなく、優しさであり、思いやりこそが「明日に架ける橋」へ繋がるはずだ。森 陽馬



2020年4月30日(木) アレサ・フランクリン 「リスペクト」

今日はレディ・ソウルの歴史を変えた1枚を。

アレサ・フレンクリンは1960年18歳の時、コロンビア・レコードと契約し色々とレコードを発表。
シングル・チャートにも登場したりしましたが、これと言った決定的なヒットは出ませんでした。

1966年プロデューサーのジェリー・ウェクスラーとの運命的な出会いがあり、アトランティック・レコードと契約。
快進撃が始まります。

アレサ・フランクリン『貴方だけを愛して』
(国内CD 解説・歌詞付 WPCR-27601 952円+税)

アトランティック移籍第1作目のアルバムで1967年発表。
この中から「貴方だけを愛して」(I Never Loved A Man The Way I Love You)と「リスペクト」の大ヒットが生まれます。
このCDには3曲のボーナス・トラックが入っていて、この2曲と「恋のおしえ」(Do Right Woman - Do Right Man)のモノラル・ヴァージョンも追加収録されているのがうれしいですね。

今日の1曲は名曲中の名曲「リスペクト」を。
オーティス・レディングが作り1965年自身の歌でスマッシュ・ヒットさせましたが、アレサは完全に自分のものにした歌いっぷり。その熱量に圧倒されます。
バック・コーラスを担当したスウィート・インスピレーションズとのコンビネーションもピッタリ。森 勉



2020年4月29日(水) Mandy Moore 「Save A Little For Yourself」

1999年に10代でデビュー、現在もドラマや映画に数多く出演しているアメリカ人気女優/シンガー、マンディ・ムーア。

近年ではドラマ『THIS IS US』シリーズ、ライアン・アダムスの元奥さんだったことでも知られているでしょうか。
現在36歳。年を重ねるたびに素敵になっていく彼女が、シンガーとして久々のアルバムを3月にリリースしました。

Mandy Moore『Silver Landings』
(輸入CD Verve B0031956-02)

11年ぶり7枚目となる新作は、前作も手掛けたマイク・ヴァイオラがプロデュースを担当。
曲作り、ギター、キーボード、コーラスでも参加しています。

更に2018年彼女と結婚したLAのバンドDawes(ドウズ)のフロントマン、テイラー・ゴールドスミスが全面バックアップ。
ギター、コーラスに加え、マイクと同じく全曲の共作者としてクレジットされています。

旦那さんの影響もあってか、70'sアメリカン・ロック~シンガーソングライターの雰囲気漂う落ち着いた作品に。
マンディの歌声、ハーモニーやメロディが引き立つ抑え目なアレンジが良い感じです。

本日は今作のリード・トラックである「Save A Little For Yourself」を。
マイク、テイラーなどバンドも出演するミュージック・ビデオも公開されています。

Dawesのドラマーでテイラーの弟グリフィン・ゴールドスミス、サラ・ワトキンス等も参加しています。東尾沙紀



これより以前に掲載した“今日のこの1曲”は、
 “今日のこの1曲 アーカイヴス” コーナーにてご覧になれます。■

トップページ