トップページ


 今日のこの1曲コーナー


ペット・サウンズ・レコード店にて、その日に店内でかけていた曲の中から
店員の独断と偏見で選んだ“今日のこの1曲”をご紹介いたします。

以前こちらで掲載した“今日のこの1曲”は“今日のこの1曲 アーカイヴス”コーナーにてご覧になれます。

◆こちらでご紹介している商品もご注文いただけます◆

くわしくは通販コーナー、もしくは直接こちらまでご連絡くださいませ。
(廃盤・生産中止になっている商品もございますので、その際はご了承くださいませ)



2018年8月21日(火) 小坂忠 「上を向いて歩こう」

小坂忠さんが2018年3月5日ビルボード・ライヴ東京で行った感動のコンサートがCD化されました。

小坂忠『ほうろう 2018 SPECIAL LIVE』
(国内CD 解説・小倉エージ COCB-54264 3,200円+税)

約1年前の2017年8月、ガンが見つかり緊急手術、そして長期入院した忠さんが復活。
鈴木茂、小原礼、Dr.kyon、屋敷豪太、斎藤有太、Aisaが集い、1975年作『ほうろう』を全曲再現したライヴ。
2018年3月5日今日のこの1曲でその時のことを拙文で紹介)

このCDでそのライヴを追体験し、改めて素晴らしい演奏&歌だったな、と実感できました。

鈴木茂が中心となってヘッドアレンジされたこの日の『ほうろう』は、活き活きとしたグルーヴ感に溢れています。
屋敷豪太&小原礼のリズム隊が特に素晴らしい!

当日ライヴへ見に行っていた方はもちろん、スタジオの『ほうろう』お好きな方にも是非聴いてもらいたいですね。

なお、アンコールでは「You Are So Beautiful」(ビリー・プレストン)、「上を向いて歩こう」(坂本九)、「Forever Young」(ボブ・ディラン)が歌われました。CDには「上を向いて歩こう」が収録されています。森 陽馬


2018年8月20日(月) Young Gun Silver Fox 「Just A Man」

8月18日ビルボード・ライヴで行われた、ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス来日公演へ行ってきました。

2018年2月ママズ・ガンでも来日した''ヤング・ガン''ことアンディ・プラッツ(vo,key)、銀髪の''シルヴァー・フォックス''ことショーン・リー(g,cho)によるAOR/ブルーアイドソウル・ユニットです。

当店でもロングセラー中の新作2nd『AM Waves』(2018年5月)を引っ提げた、このユニットとしては初の日本公演。
新作からは「Kingston Boogie」を除く全曲と、1stからも殆どの曲が演奏され約90分。
想像以上にたっぷり聴かせてくれました。

アンディは曲毎にグランドピアノとエレピを弾き分け、ショーンは時折ボンゴを叩きつつ、コーラスをしながら1本のギターで様々な音色を奏でていました。(「Lolita」のアイズレー・ブラザーズ風ギターソロもっと弾いて欲しかった!)

エイドリアン・ミーハン(drs)、コーラスもできるデヴィッド・ペイジ(b)をサポートに加えての4人編成。
スタジオ盤では殆どの楽器を2人で演奏しているので、バンドでの演奏はまた違った魅力を放っていました。

アンコールの「Long Way Back」(1st収録曲)でヒートアップしていく力強いドラム、アンディの熱唱もかっこよかったですし、ちょっと切ないバラード「Just A Man」(2nd収録曲)のショーン&ベーシストによる時間差コーラス(?)にもウットリしてしまいました...。

写真は『AM Waves』の輸入盤LPです。
曲数など内容は同じですが、日本盤とジャケットが異なります。東尾沙紀


2018年8月19日(日) Neil Young 「ハーベストムーン」

遅ればせながら、的場文男騎手、地方競馬最多勝記録更新7152勝!
おめでとうございます!

中央競馬(JRA)ではないため、一般的に軽視されている感ありますが、コレ本当に凄い記録なんですよね。
<ちなみに、武豊はJRA通算3989勝。(2018年8月19日現在) これも凄い!>

続けること、そして1勝することの大変さを実感しているからこその大記録。
2018年9月で62歳。ケガに気を付けて末永く騎乗してほしいですね。

ということで、というかその大記録が達成される約1か月前。大井競馬場へ行ってきました。
レジェンド的場文騎手が乗っていることもありましたが、実はこんな馬名の馬が出走していたからでもあります。

ハーベストムーン!
 

ニール・ヤング1992年発表名曲「Harvest Moon」と同じ馬名!
シナモンガールという馬もいました(
こちらのコラムに掲載 2005年)が、この馬はJRAで結構強いのです。

戸崎騎手騎乗ということで期待しましたが、、、残念ながら9着。
ちょっと疲れていたのかなー。リフレッシュして秋以降頑張ってほしいですね。

♪もう1度君が踊る姿を見せておくれ。だってまだ僕は君に恋しているんだから。♪
(Neil Young「Harvest Moon」歌詞より) 森 陽馬


2018年8月18日(土) セルジオ・メンデス&ブラジル'66 「マシュ・ケ・ナダ」

勢いのあるピアノのフレーズに導かれて、♪オワリイヤーヨ・・・♪と聴こえる女性の声。

セルジオ・メンデス&ブラジル'66「マシュ・ケ・ナダ」はいつ聴いても充分なインパクトを持ったイントロだなぁと思ってしまいます。

セルジオ・メンデス&ブラジル'66『マシュ・ケ・ナーダ』
(国内CD 限定盤 解説・歌詞付 UCCU-90039 1,000円+税)

ボサノヴァに心地良いビートをプラスしたサウンドと二人の女性シンガーが色を揃えたヴィジュアル。
プロデューサーはハーブ・アルパート、実にA&Mらしいレーベル・カラーを持ったグループです。

アルバム全体としても素晴らしく、発売から52年経った現在でも、全く飽きのこない感覚で聴ける1枚なのです。

ジョルジ・ベン作「マシュ・ケ・ナダ」をはじめ、リトル・アンソニー&ジ・インペリアルズでヒットしたテディ・ランダッツォ作「君に夢中~Going Out Of My Head」、ビートルズ「デイトリッパー」等、セルジオ・メンデスのアレンジが冴え渡っています。

これが発売された1966年、セルメンは25歳の若者だったんですね。森 勉


2018年8月17日(金) スピッツ 「ハートが帰らない」

本日8/17発売、雑誌『ケトル Vol.44』ゼロ年代特集に、当店スタッフ東尾沙紀の記事が掲載!
←ケトルVol.44 (表紙はアジカン後藤正文。太田出版 900円+税)

「ゼロ年代の日本の音楽で、今聴くなら?」という質問に対して、東尾沙紀が選んだ1枚は?
是非雑誌を手に取って、確認してみてください。

ゼロ年代(2000~2009年)邦楽のこの1枚。
今でもよく聴いている作品ということで、僕ならばこのアルバムを挙げたいと思います。

スピッツ『ハヤブサ』
(国内CD UPCH-1680 3,048円+税)

スピッツ2000年発表9作目となるオリジナル・アルバム『ハヤブサ』。
スクーデリア・エレクトロの石田小吉がプロデュース、寺田康彦がエンジニアを担当。

ライヴ定番曲「8823」、人気曲「ホタル」。
そして、不思議なインスト曲⑧「宇宙虫」から⑨「ハートが帰らない」への流れ。

五島良子と草野マサムネのハーモニーは、あの夏のときめいたハートがそのまま帰らず、そこにいることを実感させてくれるのです。森 陽馬


2018年8月16日(木) ルーマー 「Aretha」

2018年8月16日閉店後、アレサ・フランクリンが膵臓がんで逝去した、というニュースが入ってきました。

享年76歳。
「アレサの歌を聴く」という歌い出しから始まる曲で追悼することにしましょう。

パキスタン生まれ英国育ちの女性シンガー、ルーマー。
彼女が歌う「Aretha」は2010年発表1stアルバム『Seasons Of My Soul』に収録。

ルーマー『シーズンズ・オブ・マイ・ソウル』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 ボーナス・トラック「Come Saturday Morning」収録 WPCR-13995 2,457円+税)

幼少の頃から不遇な環境で育った彼女が、アレサ・フランクリンを聴き想う心情を歌に託した名曲。

なお、このルーマー「アレサ」は「I Got The Blues」と歌われる一節があり、マイクロスター2016年発表名作『She Got The Blues』タイトルの元になった楽曲でもあります。森 陽馬


2018年8月15日(水) エリック・バードン&アニマルズ 「スカイ・パイロット」

2018年8月5日(日)TOKYO FMで放送された『村上RADIO』、みなさん聴きましたか?

村上春樹が初めてラジオでディスク・ジョッキー(曲をかけてそれにまつわることをおしゃべりする)をしました。
DJの声を聴いたのは初めてでしたが、あまり違和感はなく感じました。

オンエアーされた曲はランニングをする時に聴く音楽という縛りをもうけていろいろかかりましたが、ブライアン・ウィルソンが最初に紹介されたのはやっぱり嬉しかったですね。

ウィルソン3兄弟やビーチ・ボーイズに関してのコメントがあり、村上春樹が一貫したビーチ・ボーイズ愛を持ち続けていることに感激しました。

一番驚いた選曲はエリック・バードン&アニマルズ「スカイ・パイロット」でした。
「朝日のあたる家」や「悲しき願い」のヒットを出していた頃のアニマルズとは、ヴォーカルのエリック・バードン以外全員違うメンバーでの1968年夏のヒット曲です。

7分以上の長い曲なのでシングルAB面でパート1、パート2に分かれている話もしてくれました。
このCDでは続けて聴けるアルバム・ヴァージョンと、ボーナス・トラックとしてパート1パート2に分かれているモノラル・シングル・ヴァージョンも収録されています。森 勉

エリック・バードン&アニマルズ『野生の若者たち』
(国内CD 完全限定盤 解説・歌詞・対訳付 UICY-93375 2,571円+税)



2018年8月14日(火) PUNCH BROTHERS 「Jungle Bird」

現在最も人気あるブルーグラス・バンドが新作を出したので、今日はそちらを取り上げましょう。

PUNCH BROTHERS『ALL ASHORE』
(輸入CD Nonesuch 571873-2)

ニッケル・クリークのマンドリン奏者であったクリス・シーリーを中心に2006年結成。
従来のブルーグラス/アメリカン・ルーツ音楽を引き継ぎながら、ロック、ジャズ、クラシックなど様々な音楽ジャンルの要素を取り入れつつ進化を続けてきた5人組バンド、パンチ・ブラザーズ。

オリジナル・アルバムとしては2015年発表『The Phosphorescent Blues』(邦題:燐光ブルース)以来となる作。
2017年12月発売クリス・シーリーのソロ新作『Thanks For Listening』(
2018年1月4日今日のこの1曲で紹介)が素晴らしい出来だったので、パンチ・ブラザーズの方も期待して聴いたのですが...。

うーん、僕の聴き込みが足りないせいか、ちょっとまだピンと来ないんですよね。

今作はセルフ・プロデュースということで原点回帰的な部分と新味の融合も意図されていたと思います。
ただ、喜怒哀楽でいうと、喜と楽の部分があまり感じられないせいでしょうか。
もっと心弾む楽曲があればなあ、というのが正直な感想です。

まあでも、ライヴで聴いたら印象がガラリ一変しそうな感じもありますから、再来日を期待しましょうかね。
ということで、今日のこの1曲は今作中最も痛快に聴かせるインスト・チューン⑦「Jungle Bird」を。森 陽馬


2018年8月13日(月) GREENSKY BLUEGRASS 「Run or Die」

楽しかったフジロック2018から早くも2週間が過ぎました。

ボブ・ディラン出演が話題でしたが、ベストアクトは文句なしにこれっ!
2000年ミシガン州カラマズーで結成した5人組ブルーグラス・バンド、GREENSKY BLUEGRASS!

最終日3日目夜、フィールド・オブ・ヘヴンのトリというシチュエーションも良かったですね。
木々で囲まれた野外にて、ミラーボールの光が縦横無尽に周り照らし続ける中、繰り出される超絶演奏。

デッドとPHISHを足してブルーグラスで割ったようなジャム・バンド的白熱のライヴ!
あの一夜のあの場所へタイムスリップしたいなぁ~。

ということで、GREENSKY BLUEGRASS2016年発表アルバムからフジロックでも披露されたこの1曲。

マンドリン&ヴォーカルのPaul Hoffmanが中心に楽曲を制作しており、この曲も彼のペンによるもの。
マムフォード&サンズお好きな方にもオススメですね。森 陽馬


2018年8月12日(日) PERFECT YASAI PLUCK 「PARADISE」

猛暑続きの中、今日の東京はやや一段落、と思いきや、気温では測れない蒸し暑さでした。

“悲しき夏バテ”な感じですが、そんなグッタリしている時でも心地良く聴ける最近のお気に入り盤をご紹介。

PERFECT YASAI PLUCK『キミョウな休暇』
(国内CD DSB-32 2,400円+税)

PERFECT YASAI PLUCK(パーフェクト・ヤサイ・プラック)は新世代日本人ジャズ・バンドBlu-Swingの中村祐介(key)、小島翔(G)、蓮池真治(B)、宮本"ブータン"知聡(Dr)によるインスト・プロジェクト。

インストといっても、ジャズではなく、ロックでもなく、イージー・リスニングでもなく。
メロウ・グルーヴとバレアリック、フュージョンとチルアウトの対角線上的インストです。

言葉にするのは難しいのですが、とにかくもオーガニックなサウンドが気持ち良い全9トラック。

今日のこの1曲は、ギター・カッティングがゴキゲンなアーバン・グルーヴ・チューン⑦「PARADISE」。
シティ・ポップ好きの方にも是非聴いてもらいたいナンバーですね。

なお、この「PARADISE」と④「RADIANT」をカップリングしたアナログEPも発売されています。森 陽馬


2018年8月11日(土) ルビナーズ 「I Only Have Eyes For You」

過去4度来日公演を行っているアメリカのポップ・バンド、ルビナーズ。

2017年11月に行われたジャパン・ツアー最終日の9日。
カヴァー曲限定というスペシャルなライヴを収めたCDが今週発売になりました。

ルビナーズ『ナイト・オブ・オール・カヴァーズ』
(国内CD 解説・歌詞付 WSBCD-007 2,500円+税)

さすがルビナーズ!
ロック、ポップスのあんな曲こんな曲を、抜群の演奏力&ハーモニーで楽しませてくれます。

コーデッツ「Mr.Sandman」に始まり、バッドフィンガー「恋の嵐」、続けてビートルズ「抱きしめたい」、ザ・フーの「The Kids Are Alright」、ポール・リヴィア&レイダース「Kicks」、ベンチャーズ「Walk,Don't Run」、ラモーンズ「シーナはパンク・ロッカー」、エンニオ・モリコーネ作の「続・夕陽のガンマンのテーマ」なんてのもあり、全13曲。

本日はドゥーワップ・ナゲッツに乗っかりまして、フラミンゴスの名曲「I Only Have Eyes For You」を。
4人の素晴らしい歌声&ハーモニーが堪能できる1曲です。東尾沙紀


2018年8月10日(金) ジェイソン・ムラーズ 「Love Is Still The Answer」

憎悪や怒りに対して、見て見ぬふりをするのは簡単なこと。
拳を振り上げるのは実際難しいことかもしれません。

ただ、本当に必要なのはその拳を振り下ろすのではなく、愛で包み込もうとすることだ、と気づかさせてくれる1枚。

ジェイソン・ムラーズ『Know.』
(国内CD ボーナス・トラック2曲追加全12曲 解説・歌詞・対訳付 2,457円)

1977年生まれ男性シンガー・ソングライター、ジェイソン・ムラーズ。
オリジナルとしては6枚目となる2018年発表作が本日発売。

2016年アメリカ大統領選挙後、彼が書いた曲には悲しみ・怒り・不満が詰まっていたとのこと。
それは怒りの火に油を注ぐだけで何の意味もない、と感じた彼が新たに書いたのが「Love Is Still The Answer」。

♪質問はなぜ? なぜ僕らはここにいるの?
ハローと言って、さよならを言って、そして消えていくため?
素晴らしいこの人生、その目的は?
学ぶためかな、平和の成就を。あるいは戦争の成就を?♪

こう問いかけて、彼はこう結びます。
「やっぱり、答えは愛。愛こそがその答えなんだ」と。森 陽馬


2018年8月9日(木) チャーツ 「デザリー」

<ドゥー・ワップ・ナイト第3夜>です。

シュガー・ベイブ解散後1976年7月31日、東京・下北沢ロフトで山下達郎のライヴが行われました。
ファースト・ソロ・アルバム『サーカス・タウン』をアメリカへ録音しに行くちょっと前ということになります。

のんびりした雰囲気の中、山下達郎が歌ったのは彼の好きなアメリカン・ポップスの名曲たちでした。
「オン・ブロードウェイ」、「モンキー・タイム」、「スパニッシュ・ハーレム」、「グルーヴィン」など。

そして後半、「同じリズムで何曲でも歌えちゃうんだよね」と言い歌ってくれたのがドゥー・ワップのメドレーでした。
「アース・エンジェル」(ペンギンズ)、「デヴィル・オン・エンジェル」(クローヴァーズ)、「シンシアリー」(ムーングロウズ)、「ストーリー・アントールド」(ナッツメグス)、「アイム・ソー・ヤング」(ステューデンツ)、「イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト」(ファイヴ・サテンズ)、「ディザリー」(チャーツ)などを一節、二節歌うメドレー。
コーラスはないもののライヴで聴くドゥー・ワップの名曲に興奮したことを想い出します。

少ない限られた観客の前でしたが、すでに1976年の時点でこんなドゥー・ワップ曲をステージ披露していた山下達郎はやはり尊敬に値するミュージシャンです。

山下達郎が「人生最高の1曲」という「デザリー」も1976年7月31日に歌っていたんですね。
ということで、今日はそのオリジナル、チャーツ「デザリー」を聴いてみましょう。

『デザリー ~ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.1』
(国内CD 山下達郎監修・選曲・解説、鈴木啓志曲目解説、歌詞付 WPCR-18040 1,852円+税)

この「デザリー」、我々の世代はローラ・ニーロ1971年発表名作アルバム『ゴナ・テイク・ア・ミラクル』の中のカヴァーで知った方も多いと思います。

最後に、この『ドゥー・ワップ・ナゲッツ』シリーズを企画したワーナーの宮治淳一さん、本当に御苦労さまでした。
あなたの根気強い権利許諾交渉がなければ、この素晴らしいコンピCDは我々の手元に届かなかったでしょう。
ありがとうございました。森 勉


2018年8月8日(水) ザ・コルヴェアーズ 「トゥルー・トゥルー・ラヴ」

今日は<ドゥー・ワップ・ナイト第2夜>ということで、『ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.2』から選んでみたいと思います。

『ユア・テンダー・リップス ~ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.2』
(国内CD 山下達郎監修・選曲・解説、鈴木啓志曲目解説、歌詞付 WPCR-18041 1,852円+税)

そもそも、ドゥー・ワップという音楽に僕がどうして惹かれるようになったかというと、『アメリカン・グラフィティ』サントラ盤の存在が大きかったと思います。

そこには、ティーンエイジャース「恋は曲者」と、リジェンツ「バーバラ・アン」が入っていて、その2曲をビーチ・ボーイズがカヴァーしていたので曲は知っていましたが、オリジナルは『アメグラ』サントラ盤で初めて聴いたのだと思います。
(ドゥー・ワップではありませんが、ボビー・フリーマン「踊ろよ、ベイビー」もこれで初めて耳にしました)

その他、クローヴァーズ「恋の特効薬」、オリオールズ「涙のチャペル」、スカイライナーズ「シンス・ドント・ハヴ・ユー」、モノトーンズ「ブック・オブ・ラヴ」等、ドゥーワップ(この頃はまだその言葉を知らなくて、黒人ヴォーカル・グループと総称していたかもしれません)の名曲がたくさん収録されていて、一気にこういった音楽のファンになってしまったわけです。

ドゥー・ワップという言葉は、おそらく1970年代中頃にスペシャリティー・レーベルから発売されていたオムニバス・レコード『doo wop』から自分の中でポピュラーな言葉になったと思います。

前置きが長くなりましたが、『Vol.2』は山下達郎コンサートの開場から開演までの間、会場内で流れているドゥー・ワップの曲を集めたコンピ。達郎自身が気に入った曲だけを集めて構成された保証付ものです。

みんなイイ曲ばかりですが、今日は19曲目に入っているコルヴェアーズ「トゥルー・トゥルー・ラヴ」を。
ベース・パートのヴォーカリストが大活躍するゴキゲンなアップ・テンポの曲です。森 勉



2018年8月7日(火) アールズ 「リメンバー・ミー・ベイビー」

苦節○十年、山下達郎監修・選曲・解説によるドゥー・ワップのコンピレーションCD『ドゥー・ワップ・ナゲッツ』3種が遂に発売になりました。

『Vol.1』、『Vol.2』は山下達郎コンサート会場でライヴが始まる前に流れているBGM用音源をCDにしたものです。
「ドゥー・ワップは自分自身の心の音楽」という山下達郎が選んだヒットはしていないけれど大好きだ!というドゥー・ワップ・ナンバーが並んでいます。

2008年から2017年のツアーで流れた曲の中から『Vol.1』に25曲、『Vol.2』に26曲が収められています。
『Vol.3』は山下達郎が一人多重録音で作り上げた『オン・ザ・ストリート・コーナー』(Vol.1~3)でカヴァーした楽曲のオリジナル、又は山下達郎が聴いていたヴァージョン全22曲収録されています。

今日はその『Vol.3』から1曲選んでみたいと思います。

山下達郎のおかげでドゥー・ワップとかアカペラという言葉が多くの人々に伝わり、その音楽自体の素晴らしさも理解されるようになり、たくさんのドゥー・ワップ名曲及び隠れた名曲を教えてくれました。

アールズ「リメンバー・ミー・ベイビー」はバリー・マン&シンシア・ワイル作品でしたが、1980年に『オンスト』が出る前まではほとんど知る人がいない曲でした。
しかし、達郎のナイス・カヴァーにより白人ドゥー・ワップ・グループ、アールズの名が達郎ファンの間では一気に認知されるようになりました。

『ザッツ・マイ・ディザイアー ~ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.3』
(国内CD 山下達郎監修・選曲・解説、鈴木啓志曲目解説、歌詞付 WPCR-18042 1,852円+税)

Vol.1、Vol.2も順次紹介したいと思っています。森 勉



2018年8月6日(月) DYGL 「Bad Kicks」

東京発男性4人組ロック・バンド、DYGL(デイグロー)。

国内にとどまらず、アジアやヨーロッパでも精力的にツアーを行っている彼ら。
2018年2月に配信でリリースされた新曲「Bad Kicks/Hard To Love」が、先日7インチで発売されました。

DYGL「Bad Kicks/Hard To Love」
(国内EP HEA-005 1,500円+税)

UKのミュージシャンRory Attwellをプロデューサーに迎え、イギリスで録音された2曲を収録。

切れ味鋭いギター、Nobuki Akiyamaの歌声がこれまで以上に熱い「Bad Kicks」、
DYGL「Happy Life」(『Say Goodbye to Memory Den』(2017)収録)を彷彿とさせるまったりとした「Hard To Love」。
オープンリールを使用したアナログ録音によるザラついた音が、70年代パンクみたいでかっこいいです。

7インチ・シングルは1,000枚限定です。お早めに!東尾沙紀



2018年8月5日(日) Tim Bernardes (チン・ベルナルデス)「recomeçar」

<カエターノ・ヴェローゾ×ブライアン・ウィルソン>
<21世紀のブラジリアン・ソング・サイクル>

国内盤帯に記載されている上記の宣伝文句につられて購入した1枚。

チン・ベルナルデス(Tim Bernardes)『ヘコメサール (Recomeçar)』
(国内CD 日本語解説・歌詞・対訳付 THCD-538 2,300円+税)

シンガー/サックス奏者マウリシオ・ペレイラの息子として1991年1月に生まれたチン・ベルナルデス。
サンパウロ発ロック・バンド、O TERNO(ウ・テルノ)のシンガー&ギタリストだった彼の初ソロ作です。

ギター、ベース、ドラムス、各種キーボード&ピアノを全て一人で多重録音。
そのベーシック・トラックに、管弦楽器奏者を迎えストリングスを加えて制作された全13曲。

なるほど、ヴァン・ダイク・パークスからの影響を感じますね。
歌い方や楽曲に関して、ジェフ・バックリィを想起させられました。

今日のこの1曲はラストに収録されているタイトル曲「Recomeçar」(ヘコメサール・・・再出発の意)。
「キャロライン・ノー」を意識したような内省的・繊細な世界観が、弦楽器の美しい奏で表現されています。森 陽馬



2018年8月4日(土) ボズ・スキャッグス 「On The Beach」(ニール・ヤングカヴァー)

先週7/29フジロック・フェスでのこと。
ボブ・ディラン公演後、余韻を引きずりながらGreensky Bluegrassを見るためフィールド・オブ・ヘヴンへ移動。
そのヘヴンでは、ボズ・スキャッグス「Lowdown」が場内でかかっていました。

都会的なサウンドが魅力であるこの曲、ミラーボールの光が舞う山奥で聴いても不思議とマッチしていましたね。

さて、そのボズ・スキャッグスが2018年新作『アウト・オブ・ザ・ブルース』を発表しました。
2013年発表『メンフィス』、2015年発表『ア・フール・トゥ・ケア』に続く<ルーツ3部作>ラストは“ブルース”!

ボズ・スキャッグス『Out Of The Blues』
(国内CD ボズ自身による解説&日本語解説・歌詞付 ボーナス・トラック2曲追加 UCCO-1196 2,600円+税)

レイ・パーカーJr、チャーリー・セクストン、ウィリー・ウィークス、ジム・ケルトナー、ジム・コックス他参加。
影響を受けたと公言しているボビー・ブランドの楽曲やオリジナル含め、ボズ流ブルースを聴かせます。

その中にあって意外な選曲、ニール・ヤング「On The Beach」カヴァーを今日のこの1曲に。

ライナーノーツによると、ボズの息子とその友人による音楽制作&コンサートにてニール・ヤングを取り上げており、その息子達の薦めもあってマイナーブルース調なニール「On The Beach」をカヴァーしたそう。
なお、この曲のギター・ソロはドイル・ブラムホールⅡが弾いています。森 陽馬



2018年8月3日(金) Lack Of Afro feat.Nick Corbin 「Home」

2017年お気に入りのこの1枚で選んだ、イギリスのバンドNew Street Adventure
次世代のポール・ウェラーかも!?と好きになったバンドでしたが、2017年12月のライヴを最後に活動停止...。

バンドが無くなり非常に残念でしたが、フロントマンNick Corbinは既にソロとして動き出しており、近いうちに発表されるであろうソロ作への期待に胸が高まってます。
その彼がソロとなって初の音源となる参加作を今日はご紹介します。

現行英国ファンク/クラブ・シーンで活躍中のコンポーザー/DJ、Adam Gibbonsによるユニット、Lack Of Afro。

2007年発表1stから、約2年ごとのペースでアルバムを発表している彼が、6枚目となる新作『Jack Of All Trades』を自身のレーベルLOA RECORDSからリリースしました。

Lack Of Afro『Jack Of All Trades』
(輸入CD LOA014CD)

初期作品のアフロ・ビートを取り入れたファンキーなインストというイメージがありましたが、新作はほぼ全ての曲でヴォーカリストをフィーチャーし、60~70'sソウル・ファンの方も楽しめる歌ものアルバムとなっています。

Elliott Cole、Juliette Ashby、Wax、Herbal Tなど、Lack Of Afroとのコラボでお馴染みのアーティストのほか、Nick Corbinもヴォーカルで2曲参加。
Nickの穏やかな歌声が郷愁を誘うフォーキーなナンバー「Home」(沁みる良い曲です)を今日の1曲に。東尾沙紀



2018年8月2日(木) ハンバートハンバート 「永遠の夕日」

当店が選ぶ2017年ベスト>にも選出した佐野遊穂&佐藤良成夫婦デュオ、ハンバートハンバート。

2018年で結成20周年! フォークをコンセプトにほぼ2人だけで録音したアルバム第2弾を発表しました。

ハンバートハンバート『FOLK2』
(国内CD 初回限定2017年9月9日日比谷野音ライヴDVD付 DDCB-94021 3,000円+税)

モンゴル800「小さな恋のうた」、森高千里「渡良瀬橋」、荒井由実「ひこうき雲」、加川良「教訓1」カヴァーから、「ホンマツテントウ虫」、「おいらの船」、「虎」、キセルをゲストに迎えた「おなじ話」等セルフ・カヴァー含めた全12曲。

60~70年代フォークの良心を引き継ぎつつ、ハンバート流の新時代フォークを表現した1枚です。

今日のこの1曲は、唯一のオリジナル新曲「永遠の夕日」を。

歳をとり髪も白くなった"僕"が昔の恋人を想い出し、夕焼けの色へその想いを馳せるナンバー。
今まで2人が歩んできた道筋と出会ってきた楽曲への想いが、この歌へ込められているように感じます。森 陽馬



2018年8月1日(水) イトウサチ 「静かな夜に」

イトウサチさんがアルバムを制作している、と話を伺ったのは数年前のことだったと思います。

東京ローカル・ホンクの新井健太さん(B)&井上文貴さん(G)と組んだイトウサチ&ブンケンバレエ団。
ライヴは不定期に行っていたものの、CD作品はなかったので僕はずっと楽しみにしていました。

そして、2017年末発売が決定!発売記念ライヴも行われることとなりましたが、、、。
そのレコ発ライヴまでに完成へ至らず、アルバム発売は2018年へ持ち越しに。
2018年も季節は夏、そして、そして遂に!やっと!7月31日発売が決まり僕の手元にアルバムが届きました!

イトウサチ&ブンケンバレエ団『きぼうのうた』
(国内CD KZNK-0001 2,300円+税)

この1枚、この1曲が完成するまで、様々な苦悩、思案、そして“希望”が交錯しただろうな。

彼女のまっすぐな歌と、それを支えるバック演奏のアンサンブル。
さりげない一音一音、更には音の隙間からも、3人の気持ちが伝わってくるようです。

今作の発売記念ライヴも以下決まりました。
8月18日(土)高円寺JIROKICHI、8月29日(水)武蔵小山アゲイン、9月1日(土)新高円寺STAX FRED。

僕が出したCDではないのですが、このCDを手に取って聴いていただけたら本当にうれしいですね。森 陽馬



2018年7月31日(火) ボブ・ディラン 「Make You Feel My Love」

フジロック・フェス3日目(2018年7月29日)、行ってきました。

あーー、楽しかったー!
個人的に思いついたこと、記憶していることを箇条書きにしてみますね。

・越後湯沢駅シャトルバス待ちが長蛇の列。例年より電車で来た人が多かったのかも。(外国人も多い)
・会場到着直後11時頃、半端じゃない暴風雨。レインコート着用にも関わらずあっという間に全身びしょ濡れに。
・暴風雨→曇り→カンカン照り→弱雨→天気強雨→晴れ、とヴァラエティに富んだ苗場らしい天候の1日。
・WESTERN CARAVAN、フィールド・オブ・ヘヴン昼時にピッタリな雰囲気。
・今年グラストンベリー・フェスがないため、元オレンジコートの場所に英国からUNFAIRGROUNDテント登場。
・Smash日高さん推薦のキューバ多人数バンド、INTERACTIVO。めちゃくちゃな感じで面白かった。
・KACEY MUSGRAVES、超ミニスカートに男性釘づけ!?  ラスト何故か日本舞踊とコラボ。
・ANDERSON PAAK、見に行けなかったが大人気で好評だったとのこと。
・JACK JOHNSON、夕暮れ前のグリーン、最高に心地良い!GREENSKY BLUEGRASSの人もゲスト出演。
・BOB DYLAN前「多くの人が見れるように立ってください」とスタッフが呼びかけ、芝生で座っていた人起立。
・BOB DYLAN、ギターのインスト演奏中、ステージ上に御大突然登場。珍しくビジョンにディラン映し出される。
・BOB DYLAN、ピアノを立って弾きながら歌うスタイル。歌の途中ニヤリと微笑むシーンも。
・BOB DYLAN、2016年来日時よりロックな選曲&演奏アレンジ。ジャズ・スタンダードカヴァー無し。
・BOB DYLAN、ギターは持たなかった(数日前の韓国公演ではギター披露したらしい)。
・BOB DYLAN、ラストは「Ballad Of A Thin Man」→「Blowin' In The Wind」。最近のセットリストとは逆に。
・DYLANで感無量だったが終了後すぐ移動。ホワイトのceroを横目にヘヴンのGREENSKY BLUEGRASSへ。
・GREENSKY BLUEGRASSはドラムレスのジャム・バンド。ラストにPHISHカヴァーも。最高!
・夜のフィールド・オブ・ヘヴンはやはり格別。またこの場へ戻ってきたい、と毎度ながら名残惜しく思う。
ちょっと長くなってしまったのでこのへんで。

ボブ・ディランのステージで一番印象に残ったのは、中盤あたりで披露した「Make You Feel My Love」。
この曲のディラン本人によるハーモニカ・ソロ、徐々に消えていく夕陽とシンクロして、とても感動的でした。
長いようで短かった1日を労ってくれているような、そんな優しい音色でした。

オリジナル・アルバムとしては1997年発表作『Time Out Of Mind』に収録されていますが、アデルやビリー・ジョエルのヴァージョンも有名。ベスト盤にも収録されています。森 陽馬

★掲載ジャケットは「Make You Feel My Love」収録『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ボブ・ディラン』。
(国内2枚組CD 解説・歌詞・対訳付 SICP-31035 2,500円+税)



2018年7月30日(月) リッチー・ヴァレンス 「ラ・バンバ」

リッチー・ヴァレンスの生涯をルー・ダイアモンド・フィリップスが演じて映画化された『ラ・バンバ』(1987)は、とても感激した映画でした。

現在のように映像がすぐ商品化される時代ではなかったので、3回ほど映画館へ通った記憶があります。

映画の中で「ラ・バンバ」をはじめ、リッチー・ヴァレンスの歌を歌っていたのは、ロス・ロボスでした。
適任といった素晴らしい出来でした。

そう、ステージで演奏するシーンでは、バディ・ホリー役のマーシャル・クレンショーや、エディ・コクラン役のブライアン・セツァーの熱演も忘れられませんね。

ということで今日は、オリジナルのリッチー・ヴァレンスを聴いてみたくなりました。

リッチー・ヴァレンス『ラ・バンバ』
(国内CD 解説・歌詞付 WPCR-27801 952円+税)

「ラ・バンバ」の他にもノリノリの「カム・オン・レッツ・ゴー」、ナイス・バラード「ドナ」など名曲も収録されています。

リッチーって、どの写真見ても貫禄があって、とても17歳に見えないんですよね。森 勉


2018年7月29日(日) ayU tokiO 「一人暮らし」

男性シンガーソングライター、猪爪東風(イノツメアユ)によるソロ・プロジェクト、ayU tokiO(アユ・トーキョー)。

名作『新たなる解』以来、約2年ぶりとなる新作2nd『遊撃手』が先日リリースされました。

ayU tokiO『遊撃手』
(国内CD AICP-012 2,500円+税)

アルバム終盤に収録された「一人暮らし」という曲が特に好きで、発売以来繰り返し聴いています。

どこか奇妙さ、寂しさを漂わせ、美しいストリングスの旋律が、不思議な余韻を残すこの曲。
ヴォーカル&コーラスで参加した、やなぎさわまちこ、佐久間幸子(SaToA)、松本従子(MISOLA)、3人の声の重なりの気持ち良さ、ひねりの効いたアレンジが聴きどころ!

まだまだ聴き込みが足りませんが、『遊撃手』はとても中毒性のある作品なのかもと感じています。

平見文生(b)、小川タカシ(g/カンバス)、すずきみすず(cho)などが参加。
ミックスは自身のほか、ayU tokiO作品でお馴染みの佐藤清喜(microstar)、森達彦(hammerlabel)が担当しています。

アナログ・レコード、カセットも同時にリリースされました。

レコードは、頭脳警察の1stのLPを参考にされたそうで、通常より少し大きめなサイズとなっています!
いでたつろうによる独特なイラスト・ジャケットも、CD、レコード、カセットでそれぞれちょっとした違いが...。
パッケージにも猪爪さんのこだわりが詰まっています。東尾沙紀

2018年7月28日(土) ASA-CHANG エマーソン北村 「丘を越えて」

寺尾紗穂さんが編集した書籍『音楽のまわり』が当店に入荷しました。

・(書籍)『音楽のまわり』(1,800円+税)

寺尾紗穂さんが繋がりのあるミュージシャン9名へ声をかけ各々エッセイを寄稿。
紗穂さんによるコメントと小林エリカさんの画を添え、そして紗穂さん自身のエッセイも加えて纏めた1冊。
(ユザーンによる『十月二十一日の昼ごはん』がとても面白かった!)

その『音楽のまわり』で執筆しているエマーソン北村が、ASA-CHANGと組んだCDを発表したので紹介しましょう。

ASA-CHANG エマーソン北村『Debut』
(CD AP1076 2,000円+税)

エマーソン北村の浮遊感あるキーボードと、ASA-CHANGによるタブラボンゴ&トランペットがゴキゲンな1枚。

今日のこの1曲は、2曲目に収録されている「丘を越えて」。
この曲は、小泉今日子1990年発表シングル曲ですが、ASA-CHANG在籍時の東京スカパラダイスオーケストラが編曲・演奏を担当していたナンバーとのこと。ASA-CHANGの歌声とトランペットがとってもイイ感じです。

なお、ジャケットは細野晴臣『トロピカル・ダンディー』等で知られるヤギヤスオ氏が手掛けています。森 陽馬


2018年7月27日(金) The Wild Feathers 「Big Sky」

昨日紹介したジェイホークス新作の5曲目「Backwards Women」。
とりわけカントリー・ロックな仕上がりのこのナンバーは、The Wild Feathersとの共作楽曲でした。

そのThe Wild Feathersの新作も先日発売されたので取り上げておきましょう。

The Wild Feathers『Greeting From The Neon Frontier』
(輸入CD Reprise 9362-49061-3)

The Wild Feathersは2013年メジャー・デビュー、ナッシュビルを拠点に活動中の男性4人組ロック・バンド。
今作は彼らの3作目となる2018年発表オリジナル・アルバム。

2016年発表2nd『Lonely Is A Lifetime』はニール・ヤング&ザ・クレイジーホース的な演奏・楽曲もありましたが、今回は<正統派アメリカン・ロックをより実直に正統化した>ようなカントリー・アメリカン・ロックな1枚です。

今日のこの1曲は、ジェイホークスっぽいコーラス&展開で聴かせる⑦「Big Sky」を。森 陽馬


2018年7月26日(木) THE JAYHAWKS 「Carry You To Safety」(邦題:約束するよ、君に)

2018年アメリカン・ロック・アルバム・ベスト確定!

僕の大好きなバンド、ジェイホークス。
2016年『Paging Mr. Proust』以来、約2年ぶり新作アルバムを発表しました。

ザ・ジェイホークス『寂れたモーテルとズッと続く道と』(Back Roads And Abandoned Motels)
(国内CD 天辰保文解説・歌詞・対訳付 SICP-5814 2,400円+税)

1990年代メジャー・デビューした頃、<正統派アメリカン・ロックを継承する新星バンド>的なイメージでしたが、そんな彼らも2018年で結成33周年。
メンバー・チェンジもありましたが、グッドメロディー&見事なコーラス・ワークは変わらず健在です。

特に今回のアルバムは、近作中でも出色な素晴らしい仕上がり。
1995年発表名作『Tomorrow The Green Grass』気に入っていた方、イーグルスやウエスト・コースト・ロックお好きな方にも是非聴いてもらいたい傑作!

フリートウッドマックやエイミーマンを彷彿とさせる①「Come Cryin' to Me」等、女性メンバーのカレン・グロットバーグがリード・ヴォーカルをとる新味もありますが、ジェイホークスらしい叙情感漂う新曲⑩「Carry You To Safety」(邦題:約束するよ、君に)を今日のこの1曲に。森 陽馬


2018年7月25日(水) GOMES THE HITMAN 「虹とスニーカー」

結成25周年!そして2019年でデビュー20周年を迎えるGOMES THE HITMAN <ゴメス・ザ・ヒットマン>。

山田稔明(vo,g)、高橋結子(drs)、堀越和子(key)、須藤俊明(b)。
それぞれソロやサポートで活躍してきた4人が集結!バンドとしては13年ぶりとなる新録盤がリリースされました。

GOMES THE HITMAN『SONG LIMBO』
(国内CD GTHC-0013 2,778円+税)

90年代~2000年代前半に書かれ、会場限定CDRでの発売やライヴで披露され人気となりながらも、正式なリリースはされてこなかった楽曲をメンバー4人のみで新録した作品。

センチメンタルな夏から、心地良い風吹く秋、鈴の音が鳴り響く冬、旅立ちの季節に物想う春....
澄んだメロディと気持ち良いバンド・アンサンブルと共に駆け抜けていく四季の歌の数々。

今日の一曲は、疾走感溢れるサウンドが、スカッと広がる夏空にぴったりの「虹とスニーカー」を。

2019年12月頃に<ネオアコ>をテーマとした、バンドの完全なる新作もリリースする予定とのことで楽しみですね。

GOMES THE HITMANが2000年代リリースした『mono』(2002年)、『omni』(2003年)、『ripple』(2005年)の3作品に未発表音源などボーナス7曲をプラスしたリイシューBOX『00-ism(ノーティーイズム)』も本日発売。
山田稔明2013年の名作ソロ3rd『新しい青の時代』、5周年記念アナログ盤も入荷しました!東尾沙紀


2018年7月24日(火) イトウサチ&ブンケンバレエ団 「きぼうのうた」

<夢を追いかけながら 道に迷った半そで半ズボンの風の子は、
哀しみや痛みを乗り越えて、もう一度前を向く。そして歩き出す。
「きぼうのうた」は、そんな“ぼく”の背中をそっと押してくれる。> PET SOUNDS RECORD 森 陽馬

女性シンガー・ソングライターのイトウサチさん。
そして、東京ローカル・ホンク新井健太(B)&井上文貴(G)が脇を固めるバンド、イトウサチ&ブンケンバレエ団。

待望のアルバムが7月31日発売決定いたしました。

イトウサチ&ブンケンバレエ団『きぼうのうた』
(2018年7月31日発売 国内CD KZNK-0001 2,300円+税)

彼女の凛とした歌声と、心の隙間を優しく埋めてくれるようなバック演奏が滋味深く沁みる素晴らしい1枚。

8月18日(土)高円寺JIROKICHI、8月29日(水)武蔵小山アゲイン、9月1日(土)新高円寺STAX FRED。
上記にて発売記念ライヴがあり、7月31日より当店及びイトウサチさんのサイトでも先行発売される予定。
ライヴへ足を運べない方には、通販でお買い上げいただけます。

女性シンガー好きの方、そして東京ローカル・ホンクファンの方々には是非聴いてもらいたいですね。森 陽馬


2018年7月23日(月) スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト 「コルコヴァド」

文芸誌『文學界』2018年7月号に村上春樹の最新短編が3作掲載、興味深い仕上がりでした。

特に、『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』という短編がとても面白い!

「チャーリー・パーカーがボサノヴァ作品をもしも発表していたら」という"僕"の想像が様々な形となって表れ、そしてチャーリー・パーカーが"僕"の夢に出てくる、というジャズ好き垂涎のなんとも不思議な小説。

「もしこのアーティストがこんな作品を録音していたら、...」という架空のアルバムに対する憧れは、音楽ファンなら誰しも想像したことがあるはず。そんな楽しい想像と夢の世界を春樹自らの世界観で描いています。

現代ネット社会におけるデマ発信とその反応も皮肉っているのかな。長編も書いて欲しいですね。

ちなみに、短編内で紹介された<チャーリー・パーカー幻のボサノヴァ作>は1963年夏録音の設定。
実際に1963年春には、アメリカの名サックス奏者スタン・ゲッツが、ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンと共にボサノヴァ・アルバムを制作。『ゲッツ・ジルベルト』というタイトルの名盤を残しました。
チャーリー・パーカーが夢の中で演奏してくれたという「コルコヴァド」もこの名作に収録されています。森 陽馬

★掲載ジャケットはスタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト『ゲッツ・ジルベルト』
(国内CD UCCU-5555 1,500円+税)


2018年7月22日(日) Jennifer Warnes 「Why Worry」

2018年上半期にリリースされた女性シンガー作品の中で、5本指に入る1枚。

Jennifer Warnes『Another Time, Another Place』
(輸入CD BMG 538358052)

ジェニファー・ウォーンズは1947年生まれシアトル出身の女性シンガー。
一般的には映画『愛と青春の旅立ち』主題歌「Up Where We Belong」(ジョー・コッカーとのデュエット)で有名ですが、僕はジャクソン・ブラウン作「These Days」等を歌っている1972年発表作『ジェニファー』が愛聴盤です。

今作は、2018年デビュー50周年を迎えた彼女が17年ぶりにリリースした新録アルバム。

テキサス/オースティン録音、レナード・コーエンとの仕事でも知られるRoscoe Beckとの共同プロデュース。
グレッグ・リーズ、サニー・ランドレス、ディーン・パークス、レニー・カストロ、ヴィニー・カリウタ等参加。

人間味、温もりをより纏った歌声は、一服の清涼剤となり心に安らぎを与えてくれます。

パール・ジャム「Just Breathe」(エディ・ヴェダー作)、デレク・トラック・バンド「Back Where I Started」(ウォーレン・ヘインズ&デレク・トラックスの共作)、ジョン・レジェンド「Once I Was Loved」等カヴァーの中から、沁みるダイアー・ストレイツ「Why Worry」(マーク・ノップラー作)を今日のこの1曲に。森 陽馬


2018年7月21日(土) クール・キャッツ 「あの娘のスタイル」(She's Just My Style)

60'sはまだまだネタの宝庫だなぁ、と思いました。

1964年にビートルズ「プリーズ・プリーズ・ミー」を日本語詞でカヴァーして、日本コロンビアからデビューした4人組コーラス・グループ、クール・キャッツ。
当時名前は目にしたことがありましたが、色々な曲を今回初めて聴いて、その選曲の面白さにびっくりしました。

こんな曲をカヴァーしてレコードとして発売していたんだぁ~~。
「プリーズ・ミスター・ポストマン」(マーヴェレッツ、ビートルズ)、「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」(コントゥアーズ、デイヴ・クラーク・ファイヴ)あたりは常識的な範囲としても、「もっと寄りそって~Come A Little Bit Closer」(ジェイ&アメリカンズ)、「ルック・オブ・ラヴ」(レスリー・ゴーア)、「ウーマン」(ゾンビーズLPの中の1曲)、「アイ・キャント・ストップ」(ハニーカムズ)、「シンキング・オブ・ユー・ベイビー」(デイヴ・クラーク・ファイヴ)、「涙のクラウン~Everybody Loves A Clown」「あの娘のスタイル~She's Just My Style」(2曲ともゲイリー・ルイス&プレイボーイズ)、そして「孤独の世界~The Sounds Of Silence」(サイモン&ガーファンクル)。

スゴイです。全部シングルとして発売しているんですからね。
当時レコード屋さんでジャケット見たのかもしれないけど、全く記憶に残っていませんでした。失礼しました。

今日のこの1曲は、エリー・グリニッチ作品「ルック・オブ・ラヴ」も捨て難かったのですが、漣健児の♪僕のこのみに 全部ピタコン♪という歌詞にハマった「あの娘のスタイル」を挙げておきます。

クールキャッツ『プリーズ・プリーズ・ミー ~ベスト・コレクション1964-1966』
(国内CD 限定盤 解説・歌詞付16ページブックレット 全25曲 UVPR-10019 1,000円+税)
以前2,500円でしたが、グッと値下げして今なら1,000円+税です。森 勉



2018年7月20日(金) Charles Lloyd & The Marvels 「Defiant」

CDorレコードを開封し、音楽をかけた瞬間の出音。

この瞬間、その作品の印象が決まると言っても過言ではないと思います。

今日紹介するこのアルバムも、その第一音から引き込まれた1枚。

Charles LLoyd & The Marvels + Lucinda Williams『Vanished Gardens』
(輸入CD Blue Note B002843502)

チャールス・ロイドは1938年アメリカ/メンフィス・テネシー出身、1960年代から活動しているジャズ・サックス奏者。
2018年で80歳を迎えた彼が、女性シンガーのルシンダ・ウィリアムスを迎えて制作したアルバムです。

2016年発表『I Long To See You』(
2017年1月21日今日のこの1曲で紹介)に続き、The Marvels(ビル・フリーゼル、グレッグ・リーズ、ルーベン・ロジャース、エリック・ハーランド)をバックに、奥深いサックスの音色を響かせる傑作。

ジミヘンカヴァー「Angel」等で聴けるルシンダの歌も魅力ですが、チャールス・ロイドのテナー・サックスが、グレッグ・リーズのペダル・スティールと重なり更に味わいが増している①「Defiant」を今日のこの1曲に。森 陽馬


2018年7月19日(木) カンバス 「ラバー」

日本のポップス新譜、キリンジお好きな方にオススメです。

2009年結成、小川タカシと菱川浩太郎による福岡出身男性2人組ユニット、カンバス。
2013年発表前作『流星のベクトル』から約5年ぶりとなる新作2ndアルバムが入荷しました。

カンバス『アイランド』
(国内CD HRBR-009 2,300円+税)

Vo,の小川さんはウワノソラ『陽だまり』収録曲「遅梅雨のパレード」にゲスト参加など話題もありましたが、次のアルバムはまだかな?と首を長くして待っていた方も多いではないでしょうか。

待望の2ndも、爽やかなヴォーカル&ハーモニー、胸弾むメロディが詰まった渾身の1枚!

北山ゆう子(drs)、月の満ちかけの今井カズヤ(key)、ayU tokiOのサポート等でも活躍する大石陽介(g)、高木沙耶(sax)、
山田翔一(trombone)が参加。

2016年2月に7インチ・シングルでリリースされ、当店でも評判だったマイクロスター佐藤清喜プロデュース曲「この街の夜さ」と、カップリング「Sunset202」の2曲も収録されています。

愛する人へ向けた想い溢れる詞と、オフコース風懐かしいメロディにグッときたラヴソング「ラバー」を今日の1曲に。

お買い上げの方には先着特典として、未発表音源「ディナー」収録CD-Rが付きます!
(フォーキーで落ち着く1曲です。) 東尾沙紀


2018年7月18日(水) ジョアン・サビア 「na casa de sol」

こんなに猛暑が続くと、ブラジル音楽が聴きたくなりますね。

でも、ボサノヴァだとまったりしてちょい食い足りない、という方に超オススメのアルバムが本日発売!

ジョアン・サビア『JOAN』
(国内CD 中原仁さんによる解説付 PCD-24747 2,400円+税)

JOAO SABIAは1981年生まれリオ出身、現在はサンパウロを中心に活動している男性シンガー・ソングライター。
2000年代は俳優として活動し2006年歌手デビュー。今作が4枚目のオリジナル・アルバムです。

2015年発表作『Nossa Copacabana』に続き、聴いていて心地良い雰囲気になる仕上がり。

生音の温もりが伝わってくる落ち着いたサウンドと優しい歌声。
<1980~90年代ジェイムス・テイラー的なアーバン・メロウMPB>と評したくなる1枚ですね。

今日のこの1曲は、エレピの音色が和む③「na casa de sol」(太陽の家)を。森 陽馬


2018年7月17日(火) ボブ・ディラン 「くよくよするなよ」(Don't Think Twice, It's All Right)

地域に根差した活動を行っているコミュニティや、様々なフェスの魅力を紹介しているフリーペーパー、DEAL
元Switchの菊地崇さんが責任編集し年3~4回作られる冊子、僕も愛読しています。

そのDEAL新号が入ってきました。
(欲しい方はレジで「DEALが欲しい!」とおっしゃってくださいね。)

また、DEALに関わる写真&アートの展覧会がbasement Ginza(Ploom Sho銀座店B1F)で行われています。
フェスでライヴペインティングを行っているGravityfreeの絵や、宇宙大使☆スターによるフェス写真等を展示中。
7月14日~7月24日まで入場無料です。

さて、フェスと言えばフジロックまであと10日と近づいてきました。
今年の目玉はボブ・ディランだと思いますが、日本のフェス初参戦となるディランの来日記念盤が本日入荷。

ボブ・ディラン『ライヴ:1962-1966~追憶のレア・パフォーマンス』
(国内2枚組CD 日本盤のみボーナス・トラック追加 解説・歌詞・対訳付 SICP-31180 2,800円+税)

近年ヨーロッパで発売されていたレア・ライヴ音源収録アナログ盤から主にセレクトした2枚組CD。
1966年のライヴ音源以外は全て世界初CD化!

「ディランとホットハウスがかぶらないことを祈る」(2018年7月5日今日のこの1曲参照)と書いた直後タイムテーブル発表→ややかぶりで落胆していましたが、この曲を聴いてディランに慰めてもらいましょうか。森 陽馬


2018年7月16日(月) クリス・レインボウ 「リング・リング」

クリス・レインボウは1970年代後半に優れた作品を残してくれた1946年生まれのイギリス/グラスゴー出身男性シンガー・ソングライター。

近年はソフト・ロックの範疇で語られることも多いブリティッシュ・ハーモニー・ポップの重要アーティストです。
ヒット曲はありませんが、良質なポップスを数多く届けてくれました。

その中から、1979年発表3rdアルバム『ホワイト・トレイルズ』が12インチ・ヴァージョン等をボーナス曲として追加した形で再発されました。

クリス・レインボウ『White Trails』
(国内仕様CD 日本語解説付 ATOZ-110 2,400円+税)

キャッチーな「ラ・ラ・ラ」のコーラスで始まる「ラヴ・ユー・エターナリー」(2018年6月10日放送サンデー・ソングブックでオンエアされましたね)を1曲目に、作り込んだサウンドと多重に重ねられたコーラスが楽しめる極上のポップ・ミュージックになっています。

今日は4曲目に収録されている「リング・リング」を。
エリック・カルメンと70'sビーチ・ボーイズが合体したような軽快なテレフォン・ソングです。森 勉


2018年7月15日(日) the innocence mission 「records from your room」

2019年でデビュー30周年を迎える米ペンシルベニア州出身男女3人組、ジ・イノセンス・ミッション。

約3年ぶり、10枚目となるオリジナル・アルバム『サン・オン・ザ・スクエア』がリリースされました。

the innocence mission『sun on the square』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 PCD-24742 2,400円+税)

独特の揺らぎを持ったカレン・ぺリスの無垢な歌声、ギターを爪弾くやさしい音色、叙情的なストリングス。
イノセンス・ミッションの楽曲はどこか物悲しさが漂うのに、陽の光のようなあたたかさもあって、いつも聴く者を深く心地良い音の世界へ連れていってくれます。
私はいつも子守唄がわりに聴いています。

ボサノヴァのテイストが加えられたタイトル曲「sun on the square」には、カレンとギタリストのドン・ぺリスの子どもたち2人が、ヴィオラとヴァイオリンで参加。弦の響きにひきこまれます。

今日の1曲は、1曲目の「records from your room」を。

♪きみの部屋からレコードが花咲くようにあふれだす
この曲のカレンの美しい詩がとても素敵です。東尾沙紀



2018年7月14日(土) Playing For Change 「Listen To The Music」 (feat Char)

日本でも大和証券グループCMで使われ知られることとなったチャリティー・プロジェクト<Playing For Change>。

プロデューサー/エンジニアのマーク・ジョンソンが主宰し、世界各地のミュージシャンが参加。
国境・人種・文化・宗教を越えた繋がりを表現し、音楽を通してチャリティー活動を展開していくコラボ・ユニットです。

2009年に第一弾(「Stand By Me」収録)が出た後、2011年Vol.2、2014年Vol.3がリリース。
そして、この度2018年版『Playing For Change - Listen To The Music』が発売されました。

『Playing For Change - Listen To The Music』
(輸入CD MTM0253)

全12曲中、計25か国/全210アーティストが参加。
(ジャック・ジョンソン、バディ・ガイ、デヴィッド・クロスビー、ドクタージョン、ウォーレン・ヘインズ他)

ボブ・ディラン作「All Along The Watchtower」、ブエナ・ビスト・ソシアル・クラブで有名な「Chan Chan」、サム・クック作「Bring It On Home To Me」等を各ミュージシャンの個性を活かしたアレンジで楽しめます。
ワールド・ミュージックお好きな方にもオススメの1枚。

今日のこの1曲は、ドゥービー・ブラザーズ名曲カヴァー新緑「Listen To The Music」を。
トム・ジョンストン&パトリック・シモンズ他、日本から我らがChar、平井大も参加しています。森 陽馬


2018年7月13日(金) 坂本慎太郎 「ディスコって」

♪今年も盆にはみんな来る さあ迎えよう 迎え火で♪
(坂本慎太郎「ディスコって」歌詞より)

迎え火とは、お盆に帰ってくる先祖・故人の霊が迷わないよう、火を焚き目印となる煙を出す風習のこと。
盆の入り前となる7月13日(もしくは8月13日)に行います。

現代はしきたり通り行うのが難しくなっているかもしれませんが、行動や言葉に出さなくとも、心の中で想いを込め感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

坂本慎太郎2016年7月発表アルバム『できれば愛を』に収録されている「ディスコって」。
(国内CD 初回限定盤インストCD付2CD仕様 ZEL-15s 2,600円+税)

スティール・ギターが絡む不思議な浮遊感漂うディスコ讃歌。
それでいて、ディスコって、踊るって、そして生きるってことを考えさせられます。

村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』中の言葉。
「音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。~踊るんだ、踊り続けるんだ。」
そんな一節も想い出しました。森 陽馬


2018年7月12日(木) The Charts 「Deserie」

山下達郎新曲好評発売中ですが、達郎ファンに是非注目してもらいたいアイテムがあります。

『ドゥーワップ・ナゲッツ』!
Vol.1、Vol.2、Vol.3の3種、8月8日発売が決定しました。
(山下達郎監修・選曲・解説 WPCR-18040、18041、18042 各1,852円+税)

山下達郎コンサート会場では開演前にドゥーワップが毎回かかっています。
これは、達郎さん自身が選曲しているドゥーワップ秘蔵音源なのですが、その中から厳選したコンピがこれ!

Vol.1とVol.2は、達郎さんの思い入れタップリなドゥーワップ隠れた名曲が各25曲。
Vol.3には山下達郎『オンスト』シリーズのオリジナル曲&達郎さんが手本とした楽曲を22曲収録。
オールディーズ/ドゥーワップ好きの方垂涎の音源多数!楽しみですね。

今日のこの1曲は、その『ドゥーワップ・ナゲッツ』Vol.1、冒頭1曲目に収録されるThe Charts「Deserie」を。

「人生の数あるドゥーワップの中で最も好きな1曲!」
「何百回、何千回聴いたかわからないくらい大好きな、永遠のオールタイム・フェイヴァリット」
と、山下達郎さんが語り、サンデーソングブックでもオンエアされたナンバーです。森 陽馬


2018年7月11日(水) 山下達郎 「うたのきしゃ」

山下達郎のニュー・シングル。
昨日は「ミライのテーマ」を紹介しましたが、今日はカップリング「うたのきしゃ」を取り上げたいと思います。

今回、収録曲の内容は同じ・ジャケット違いで、初回盤(昨日掲載)と通常盤(本日掲載)があります。
みなさん、お好きな方をお選びください。

山下達郎『ミライのテーマ/うたのきしゃ』
(通常盤CD WPCL-12893 1,000円+税)

細田守監督映画『未来のミライ』エンディング・テーマ「うたのきしゃ」も心弾む軽快な曲です。

汽車の汽笛のような音で始まり、達郎自身の小気味よいリズム・ギターがちょっと控えめながら気持ち良く鳴り響く中、存在感あるヴォーカルが映える5分55秒の曲です。

山下達郎のシングルには1995年以降ずっとオリジナル・カラオケが付いていますが、今回も付いていますよ。
「ミライのテーマ」と「うたのきしゃ」のカラオケは達郎自身が演奏している楽器のヴァリエーションが色々なので、達郎サウンドがお好きな方には、歌うというよりか聴いて楽しめるものになっていると思います。

そして、カラオケでははっきり聴こえてくるコーラス。
歌入りヴァージョンでは脇役ですが、カラオケでは主役級のインパクトを与えてくれます。
やっぱり、達郎のコーラスは最高! 森 勉


2018年7月10日(火) 山下達郎 「ミライのテーマ」

待ってました!!
「リボーン」以来10カ月ぶりに山下達郎の新曲発売です。

山下達郎『ミライのテーマ/うたのきしゃ』
(初回限定アニメ絵柄盤 CD WPCL-12892 1,000円+税)

今回も大型タイアップ曲です。
(現在、ノンタイアップでシングルを出すなんてありえないことですもんね。)
7月20日公開予定、細田守監督の最新作『未来のミライ』テーマ曲。

なんと、オープニング・テーマ曲とエンディング・テーマ曲の2曲もあります。
細田守監督といえば、2009年『サマーウォーズ』にも「僕らの夏の夢」を書き下ろしていましたね。

今回は細田守特集シングルCDのような感じになっていて、3曲目は2018年4月25日広島クラブ・クワトロで行われた伊藤広規、難波弘之をバックにした通称:城北トリオによる「僕らの夏の夢」ライヴ音源が収めされています。

さて、1曲目「ミライのテーマ」。
軽快なナンバーです。うれしい!
タイアップというとバラードが多かったんでね。決してバラードが良くないという意味ではありませんので...。

ドラムス小笠原拓海、ベース伊藤広規、ピアノ難波弘之、アルト・サックス宮里陽太というライヴ・ツアー・バンドの面々参加もうれしいところです。達郎らしいサウンドがギュッ!ギュッ!と詰まって大満足の新曲です。

映画公開まであと10日。
映画館スクリーンを見ながら、この曲を聴くのが待ち遠しい。

なお、、今日掲載したジャケットは初回盤です。
近日中に通常盤を紹介しがてら、2曲目「うたのきしゃ」及びカラオケについて書いてみたいと思っています。森 勉


2018年7月9日(月) エルトン・ジョン 「Rocket Man (I think it's going to be a long long time)」

祝ベスト8!錦織圭!
サッカーW杯に続き、テニスのウィンブルドンが始まり熱戦が繰り広げられていますね。

学生時代テニス部だった僕は深夜の放送に夢中で、相変わらず寝不足の日々が続いています。
(観出すと目が離せなくなるんですよね。困ったものです。)

さて、そのテニスを背景にした映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を新しくなった渋谷シネクイント(元シネパレス)で先日見てきました。

女子テニス・プレイヤー、ビリー・ジーン・キング役を『ラ・ラ・ランド』の主演女優エマ・ストーンが好演。
男女平等、フェミニズム、LGBTなど様々なテーマが盛り込まれていますが、1973年実際にあった出来事を今作通じて知ることができましたし、テニス・エンターテイメント映画としてとても楽しめました。
ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン夫婦監督がデジタルではなくフィルム撮影、というのも凄いですね。

映画内でかかる音楽では、ジョージ・ハリスン「What Is Life」(美しき人生)、トミー・ジェイムス&ザ・ションデルズ「Crimson And Clover」、エルトン・ジョン「Rocket Man」が使われ印象に残りました。

特に「Rocket Man」は、主人公が心身共に追い詰められていた心境・悲哀を投影したのだと思います。森 陽馬

★「Rocket Man(I think it's going to be a long long time)」は1972年発表シングル曲で全英2位を記録。
掲載ジャケットは「Rocket Man」収録、エルトン・ジョンベスト盤。(国内CD UICY-20310 2,095円+税)


2018年7月8日(日) キャロル・ベイヤー・セイガー 「ホーム・トゥ・マイセルフ」

メリサ・マンチェスター「ミッドナイト・ブルー」が大ヒットしていた1975年。
この曲の作詞に携わっているのが、キャロル・ベイヤー・セイガーだということを知りました。

キャロル・ベイヤー・セイガーって、9年前の1966年に大ヒットしたあの名曲「ア・グルーヴィー・カインド・オブ・ラヴ」をトニィ・ワインと一緒に作ったキャロル・ベイヤーと同じ人なの?と最初思いましたが、めでたく同一人物でした。

それから2年後の1977年、そんな作詞家の彼女のファースト・アルバムがElektlaレーベルから発売されました。


キャロル・ベイヤー・セイガー『私自身』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 WPCR-17403 1,300円)

プロデュースはジャニス・イアンのヒット・アルバムを手掛けたことでも知られていたブルックス・アーサー。
作曲陣は、メリサ・マンチェスター、マーヴィン・ハムリッシュ、ブルース・ロバーツ、ピーター・アレンなど。
この時代らしい女性シンガー・ソングライター+AOR風味のサウンドもとても耳になじむものでした。

しかし、ひとつだけ普通でなかったのは、彼女の声!
かなりのハスキー・ヴォイスというか、かすれているというか、しゃがれていたんですね。
でもこれが彼女の個性であり、魅力になりました。

70's後半女性シンガー・ソングライター作品の中でも、大人の雰囲気及びアンニュイさではなかなかの作品だと思います。

今日はアルバムのラストに入っている「オーム・トゥ・マイセルフ」を。
共作者のメリサ・マンチェスターがコーラスで参加し、そのアレンジも担当しています。森 勉


2018年7月7日(土) Christopher Cross 「Roberta」(for Joni Mitchell)

「どこかで聴いたことがある歌声。今かかっているのは誰ですか?」
「あれっ!?このフラミンゴのジャケット。もしかしてあの人の新作?」

店内でこのCDをかけていると、最近このようによく聞かれるのです。

クリストファー・クロス『Take Me As I Am』
(国内仕様CD PRIMP-0006 2,700円+税)

2014年発表『シークレット・ラダー』(
2014年9月23日今日のこの1曲で紹介)以来の2018年発表オリジナル作。

これが本当に素晴らしい仕上がり!
クリストファー・クロスの澄んだ歌声はもちろんのこと、ポップで切ないメロディーと程よいAORロックなサウンド・アレンジが絶妙なバランス。
『南から来た男』を愛聴していた人ならば、絶対気に入るはずの1枚です。

今日のこの1曲は、ジョニ・ミッチェルへ捧げた3曲目「Roberta」を。森 陽馬


2018年7月6日(金) Ray Davies 「Muswell Kills」

<キンクス再結成>というニュースが最近話題となりました。

レイ・デイヴィス、デイヴ・デイヴィス、ドラマーのミック・エイヴォリーの3人によるオリジナル・メンバーで新作レコーディングがあるかも?とのこと。
これまで幾度となくそういう話はあったと思いますが、久々に同じステージに立つ日も近いかもしれませんね。

6月21日で74歳を迎えたレイ・デイヴィス、約1年ぶりの新作がリリースされました。

レイ・デイヴィス『アワ・カントリー:アメリカーナ第二幕』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 SICP-31161 2,600円+税)

アメリカの長い旅での体験や想いを歌に込めた、2017年発表『アメリカーナ』の続編となる作品です。
前作と同じく、ギタリストのビル・シャンリー、ジェイホークスが主にバックを務め、ミック・タルボット等の名もクレジットされています。

英国の有名な合唱団が参加した美しい「Our Country」に始まり、語りをメインとした「The Invaders」(前作収録曲)、エディ・コクラン、チェット・アトキンスなどの名が登場し子供の頃を回想する50年代ロックンロール調の「Back In The Day」ほか、カントリー&ブルージーなサウンドが味わい深い1枚。

今日の1曲は、「マスウェル・ヒルビリー・ボーイ!」と高らかに歌う「マスウェル・キルズ」。
アルバムを締める曲が、今作で最もロックなこの曲で嬉しくなりました。東尾沙紀


2018年7月5日(木) Hothouse Flowers 「Dance To Save The World」

「うーーーん、どうしようかな...」と迷っていましたが、、、遂に決めました!
フジロック2018、ボブ・ディランを見に3日目7/29の1日券購入!

いざ決定したら、俄然楽しみになってきましたねー。
フジロックの雰囲気を味わえる、と想像しただけでワクワク感が日々高まってます。

ちなみに、ディラン以外で楽しみにしているのがホットハウス・フラワーズ。
17年ぶり来日となる彼らの約14年ぶり新作オリジナル・アルバムが発売されたので紹介しておきましょう。

ホットハウス・フラワーズ『Let's Do This Thing』
(国内CD 天辰保文氏による解説付 VITO-128 2,500円+税)

アイルランド/ダブリン出身、リアム・オ・メンリィを中心としたロック・バンドHothouse Flowers。
U2ボノに見出され1988年『People』でアルバムデビューしてから30周年という節目にリリースした今作。
夜の闇に染み入るが如く、重厚で深みのある1枚に仕上がっています。

今日のこの1曲は、ラスト10曲目「Dance To Save The World」を。
ニーナ・シモン「Sinnerman」を意識したと思われる緊張感に満ちた演奏アレンジが印象的!

あとは、Green Stageのディランと、Field Of heavenのホットハウスがかぶらないことを祈るばかりです。森 陽馬


2018年7月4日(水) ウワノソラ 「渚まで」(Off Vocal Version)

PET SOUNDS RECORDが選ぶ2017ベストに選出したウワノソラ『陽だまり』。
2018年に入っても大ロングセラー中のこの名作が限定アナログ・レコード化! 本日入荷しました。

ウワノソラ『陽だまり』
(国内2枚組LP KMKN-013 3,700円+税)

シティ・ポップだけでなく、洋楽ロック、ソウル、ジャズ、ブラジル音楽、そしてサントラ等、様々な音楽ルーツを2017年に呼応するサウンドで聴かせる素晴らしい1枚。

2枚組アナログLPながら3,700円+税、と近年の新譜アナログ相場と比べかなり安い値段設定がうれしいですね。

なお、当店にてお買い上げの方には、アルバム未収録トラックが5曲収録された特典CDRを先着プレゼント!
<1.午睡-Prelude- 2.プールサイドにて(いえもとめぐみ demo vocal version) 3.鳥になったようだ(another take version) 4.夏の客船(Off Vocal Version) 5.渚まで(Off Vocal Version)>

本編では角谷さんが歌っていた「プールサイドにて」をいえもとめぐみさんが歌っているヴァージョン等聴きもの!
この特典CDR目当てでも買っておいた方がいいと思いますよ。

今日のこの1曲は、その特典CDRに収録されている「渚まで」(Off Vocal Version)。
ヨーロッパ映画の上質なサウンドトラック盤のような、美しいストリングス&アレンジをご堪能ください。森 陽馬


2018年7月3日(火) リンダ・ケイ「I Can't Stop Thinking About You」(『トニー・マコウレイ作品集』より)

マニアックな内容で定評のあるオーストラリアのレーベルTEENSVILLEから、ソフト・ロック・ファンにはうれしい内容のコンピCDが発売されました。

『Reach The Top! ~Rare Gems From The Tony Macaulay Songbook 1965-1974』
(国内仕様CD『トップをねらえ~あなたの知らないトニー・マコウレイ名曲集1965-1973』 英文ライナー対訳付 MSIG-1216 3,100円+税)

トニー・マコウレイの名前にピンとこなくても、ファウンデーションズ「ベイビー・ナイ・ザット・アイヴ・ファウンド・ユー」、ビルド・ミー・アプ・バターカップ」、フライング・マシーン「笑ってローズマリーちゃん」、エジソン・ライトハウス「ラヴ・グロウズ」、ピケティウィッチ「ザット・セイム・オールド・フィーリング」、フォーチュンズ「ヒア・カムズ・ザット・レイニー・デイ・フィーリング・アゲイン」などのヒット曲は知っているという方が多いのではないでしょうか。これはすべて彼の作品。

今回のCDはレア曲を集めたコンピなので、上記に挙げた曲は収録されていませんが、名の知れぬアーティスト、有名ではない曲でもいい曲が多く、さすが、ブリティッシュ・ポップのヒットメイカー、トニー・マコウレイです。

全28曲みんないい曲。どの曲にしようか迷いましたが、このCDの中では数少ない女性シンガーの歌にしました。

18曲目に入っているリンダ・ケイ。
詳しいことはわからないシンガーですが、声量のあるしっかりしたヴォーカルは魅力的です。
そして派手なドラミングが目立つミドル60'sのブリティッシュらしい迫力ある演奏にも注目です。森 勉


2018年7月2日(月) バディ・ガイ 「Cognac」 featジェフ・ベック&キース・リチャーズ

♪今は亡きマディ・ウォーターズがもしここで一緒に飲んでいたら、ボトルの数はこの10倍にもなっていただろう。
マディ、あんたとはもう一緒に飲めないが、でもここにはキース・リチャーズがいる。
そっちはどうだい、ベック? 一緒にやろうじゃないか。<中略>一緒にギターのネックとXOでガンガンやろう♪
(Buddy Guy「Cognac」歌詞対訳より抜粋)

暑い! とにかく暑い!
そんな暑い時に聴きたい、とびきり熱い最高のブルース・アルバムが出ました。

バディ・ガイ『The Blues Is Alive And Well』
(国内CD ボーナス・トラック1曲追加全16曲 解説・歌詞・対訳付 SICP-5798 2,400円+税)

2018年7月で82歳となるブルース・レジェンド、バディ・ガイ。
2015年発表作『Born To Play Guitar』以来約3年ぶりとなる新作オリジナル・アルバムです。

2008年作『Skin Deep』からバディが信頼を寄せている白人ミュージシャンTom Hambridgeによるプロデュース。
本作収録楽曲ほぼ全曲の作曲にも彼が関わっています。

今日のこの1曲は、3曲目「Cognac」(コニャック)を。
キース・リチャーズとジェフ・ベックが参加。歌詞通りの熱く痛快なギターバトル聴きもの!

ちなみに⑧「You Did The Crime」ではミック・ジャガーによるいぶし銀ブルース・ハープを堪能できます。森 陽馬


2018年7月1日(日) cooking songs 「夢の舟乗り(キャプテン・フューチャー)」

<フリージャズ+ポップスでこんなにおいしくできちゃった>
歌と手料理を届ける、cooking songsの約2年ぶりアルバム。

ジャズ、ブラジル、ロック、ポップス、ファンク...いろんな具材をお鍋に詰め込んで美味しく仕上げた2nd『Curry Rice』がリリースされました。

cooking songs『Curry Rice』
(国内CD VSP-0018 2,000円+税)

高橋保行(tb,vo/渋さ知らズ)、伴瀬朝彦(p,g,vo/片想い)の2人を中心に、現在は池澤龍作(dr/スカダイロー)、田島拓(g)、ケイタイモ(b/WUJA BIN BIN)、上運天淳市(a.sax)、パニック大原(t.sax)を加えた7人編成で活動、都内を中心にメンバーによる手料理と共に音楽を楽しめるライヴ・イベントを開催されています。

女性シンガーmmm(ミーマイモー)をフィーチャーしたブラジリアンな風吹く「カレーライス」に始まり、高橋保行の低音ヴォイスがクリス・レアを彷彿とさせる「sunday」、むせびなくようなサックス・ソロが絡むドラマチックな「影と踊る」など、前作以上にごった煮感のあるサウンド!

今日はその中から、ある世代の方には懐かしい?70年代SFアニメ『キャプテン・フューチャー』のテーマ曲(大野雄二作曲)をファンクにアレンジしカヴァーした「夢の舟乗り(キャプテン・フューチャー)」を。(かっこいい!)

先着で、音源ダウンロードやレシピのサイトにアクセスできるQRコード付きマグネットが特典で付きます。

8月に開催されるリリース・ツアーにて、高橋保行シェフによるお手製カレーライスが全会場で食べられる予定とのこと。
良い匂いが漂う空間を想像していたらお腹が空いてきました...。東尾沙紀


2018年6月30日(土) 荒牧リョウ 「君と僕のカンケイ」

村田和人さんは、音楽専門学校の講師として音楽を教えていたことがありました。

その生徒さん達<村田チルドレン>は、プロ/アマ問わず、村田さんの遺志を継ぎ音楽を続けています。
(当店地下
アゲインにて毎月、『村田の実験室アーカイブ』として村田さん過去のライヴ映像と村田チルドレンのミニ・ライヴを行っています。村田さんファンの方はお時間合う時によろしければお越しください。)

その村田チルドレンの中でも、音楽愛と優しさを強く引き継いでいる女性シンガー、荒牧リョウさん。
通称“シャケちゃん”が2018年新作アルバムを発表!
「頑張っている女性に聴いてもらいたい!」(シャケちゃん談)という力強いメッセージに溢れた1枚。

荒牧リョウ『HEARTFULL』
(国内CD ARMK-0011 2,315円+税)

そんな彼女ですが2011年『COLORFULL』でデビューしたものの、音楽活動を一時期休止していました。

「せっかく色々教えてあげたのに、シャケちゃん音楽やめちゃったらしいんだよう」
当時、村田さんが寂しそうな顔で話していたのを想い出します。

現在は魂に火が付いたように動き出し、日本各地をツアーしている荒牧“シャケ”リョウさん。
村田さんも天国から応援していることでしょう。森 陽馬


2018年6月29日(金) 村田和人&HIS FRIENDS 「ONE AND ONLY」(Vocal:村田彼方)

澄み渡る青空とジリジリする陽射し。梅雨明けが発表されまさにピーカンとなった6月29日。

村田和人&His Friends名義となるオリジナル・アルバム『ド・ピーカン』が入荷しました。

村田和人&ヒズ・フレンズ『ド・ピーカン』
(国内CD UICZ-4428 3,000円+税)

2016年2月22日急逝した村田和人さんが次のアルバム用に録音してあったデモ曲から厳選。
村田バンド(山本圭右、湯川トーベン、小板橋博司、向山テツ、友成好宏)、杉真理、根本要、山田稔明などミュージシャン仲間が村田さんの遺志を継ぎ、楽曲を仕上げて1枚のアルバムにしたのが今作です。

そのため、村田さんがヴォーカルをとっているのは2曲のみ。(①「昭和の夏」と⑪「君という海」別ヴァージョン)
全曲村田和人書き下ろし新曲ではありますが、11曲中9曲は他アーティストがメイン・ヴォーカルをとっておりますのでご了承ください。

村田メロディー全開な中で、僕が一番グッときたのは5曲目「One And Only」(Vocal:村田彼方)。

村田和人の息子、彼方さんの雄々しい歌声には、村田イズムが確かに息づいていますね。
過去でも現在でもなく、未来を感じさせてくれたナンバー。

なお、PET SOUNDS RECORDにてお買い上げの方には、村田さんの笑顔が素敵な写真が使われたジャケット・デザイン・マグネットと、森勉が村田和人さんとの想い出を綴ったリーフレットを差し上げております。森 陽馬


2018年6月28日(木) CAETANO MORENO ZECA TOM VELOSO 「O SEU AMOR」

サッカーロシアW杯、日本決勝ラウンド進出おめでとうございます。

ベスト8まで上がればブラジルとの対戦もあるかもしれませんね。

ということで、今月リリースされたばかりのブラジル新譜オススメ盤をご紹介しておきましょう。

CAETANO MORENO ZECA TOM VELOSO『OFERTORIO』
(輸入CD UNIVERSAL BRASIL 060256745907)

ブラジル名音楽家カエターノ・ヴェローゾとその息子達3人(モレーノ、ゼカ、トン)による極上ライヴ音源。

アコースティック・ギターを基調にしたシンプルで美しいサウンド・アレンジと、滋味溢れるカエターノの歌声。
そして息子達のコーラス&サポートが心地良い空間を作り出しています。

今日のこの1曲は、冒頭1曲目ジルベルト・ジル作「O SEU AMOR」を。

ブラジル音楽好きの方は是非チェックしてみてください。 森 陽馬


2018年6月27日(水) ビリー・J・クレイマー・ウィズ・ザ・ダコタス「フロム・ア・ウィンドウ」

ひさしぶりに、60'sブリティッシュ・ビートいってみましょう。

ビリー・J・クレイマー・ウィズ・ザ・ダコタス『アイル・キープ・ユー・サティスファイド +22』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 ワーナー WPCR-16844 1,800円+税)

2015年11月発売になっているCDですが、そろそろ入手困難になる時期なので紹介しておこうと思います。

ビリー・J・クレイマーはほぼリヴァプール出身(リヴァプールのちょっと北にあたるマージ―サイド州ブートル)。
バッキングを担当したダコタスはマンチェスター出身で、プロデューサーのジョージ・マーティンの助言もあって、ビリーと行動を共にし1963~65年にヒットを連発。イギリス、アメリカではかなりの人気を博しました。

日本ではラジオのヒットパレードでもベスト10になかなか入ってこなかったような気がします。
イイ曲が多かったんですけれどね。ビリーの7:3分けの髪形がいけなかったんでしょうか?

このCDは実に34曲入り。アメリカで1964年に出たセカンド・アルバム12曲に貴重なライヴ録音12曲、ダコタス名義の音源7曲なども収録されています。

「フロム・ア・ウィンドウ」は1964年夏シングルで発売されヒットしたレノン=マッカートニー作品(ジョン・レノン主動)。
たった1分53秒の曲ですが、イントロからエンディングまで最高のビート・ポップスに仕上がっています。

メロディーの良さもさることながら、個人的にはドラミングのおもしろさも昔から気になっています。
ダコタスのドラマーは、トニー・マンスフィールドという人です。
1980年代前半、New Musikというバンドをやっていたトニー・マンスフィールドとは同名異人のようです。森 勉


2018年6月26日(火) Swing Out Sister 「All In A Heartbeat」

好きになった子から声をかけられてドキドキしたり、ちょっとしたことで切なくなったり。

若い頃に味わった甘く苦い想い出、青春時代の心のうつろい。

スウィング・アウト・シスターの新譜は、そういう気持ちを呼び覚ましてくれるような素敵な1枚でした。

スウィング・アウト・シスター『Almost Persuaded』
(国内CD ボーナス・トラック2曲追加 解説・歌詞・対訳付 SICX-100 2,400円+税)

オリジナル・スタジオ・アルバムとしては2008年発表『Beautiful Mess』以来10年ぶり10作目。
セルフ・カヴァー作(2012)、ベスト盤(2014)を挟みリリースされた今作は、クラウドファンディング<プレッジ・ミュージック>を利用し制作された1枚とのこと。

名曲を多く発表し活動を続けているミュージシャンでも、クラウドファンディングを利用しなければ作品を制作しづらくなっている音楽業界の現状には複雑な思いもあるのですが、彼らがこのような素晴らしい新作を出してくれたことを素直に喜びたいですね。

スタイリッシュでエレガントな全14曲の中から、今日のこの1曲は9曲目「All In A Heartbeat」を。
まさに、胸の鼓動が高鳴るようなサビの歌とサウンド・アレンジが印象に残りました。森 陽馬


2018年6月25日(月) Olivia Chaney 「Shelter」

生きていれば楽しいことがあるけれど、辛くて苦しいこともある。

そんな時、どこかへ逃げ込みたい、と思うが、現実的にそんな場所はないもの。

忘れたふりをして、ただひたすら日々を過ごす。
そして、心の中に<Shelter>(避難所)を作り、そこへ哀しみを追いやる。

人は皆そうやって生きているのだろうか。
普段は意識していないけれど、ふと、そんなことを考えさせられた1枚。

Olivia Chaney 『Shelter』
(輸入CD nonsuch 7559-79305-2)

1982年イタリア生まれ英国オックスフォード育ちの女性シンガー・ソングライター、オリヴィア・チェイニー。
2015年発表『The Longest River』(
2015年7月8日今日のこの1曲で紹介)、2017年The Decemberistsと組んだユニットOFFA REXを経て、Thomas Bartlettをプロデューサーに迎え制作された2018年発表作『Shelter』。

歌に力がある、というのはこういう作品のことを言うのだろう。
英国の古き伝統を受け継ぎつつ、新たな現代の息吹を込めた歌と音楽。

聴く人にとっての<Shelter>となりうる強さと優しさに満ちた傑作。森 陽馬


2018年6月24日(日) Tracyanne & Danny 「The Honeymooners」

She & Himがお好きな方にもオススメの男女ポップ・ユニット!

グラスゴーの人気ポップ・バンド、カメラ・オブスキュラの女性ヴォーカリスト、トレイシーアン・キャンベルが新ユニット
<Tracyanne & Danny>を結成、1stとなるセルフタイトル作をリリースしました。

Tracyanne & Danny『Tracyanne & Danny』
(輸入CD MRG627)

生の弦&管楽器、ペダル・スティール、アコーディオンなどを取り入れ、60'sポップスのエッセンスが散りばめられたホワッと和めるサウンド♪

今作のプロデュースを、エドウィン・コリンズとショーン・リード(デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ)が務めています。

相棒は、クライベイビーという名で活動する英ブリストル出身の男性SSW、ダニー・コクラン。
お互いにメイン・ヴォーカルをとりつつ、二人の柔らかい歌声から生まれるハーモニーも聴きどころです。
コーラスの一つ一つにも細やかなこだわりを感じます。

今日の1曲は、T&D版ウォール・オブ・サウンド「The Honeymooners」を。

今作は、2015年に亡くなったカメラ・オブスキュラの女性メンバー、キャリー・ランバーへ捧げられています。東尾沙紀


2018年6月23日(土) Love Unlimited Orchestra 「My Sweet Summer Suite」

胸がキュンと締め付けられる流麗なストリングス。
その美しい音色に浸りながらも、心と身体が躍動してくるグルーヴィーなサウンド。

バリー・ホワイト率いるLove Unlimited Orchestraが奏でる音楽には、琴線へ響かせる魅力があります。

そのLove Unlimited Orchestraが1973~1979年の間に20Century RecordsからリリースしたシングルA面&B面曲と、8曲分の長尺12インチ・シングル・ディスコ・ヴァージョンも追加した2CD全32トラックの編集盤が発売されました。

Love Unlimited Orchestra『The 20Century Singles(1973-1979)』
(輸入2枚組CD 0602567410744)

ニューヨークのUniversal Mastering Studioにて、Kevin Reevesによりマスタリングされた素晴らしい音質。
時代を越え更に輝きを増したストリングスの音色を新しい世代にも是非聴いてもらいたいですね。

今日のこの1曲は、1976年ビルボード・シングル・チャート最高位48位となったグルーヴィー・チューン「My Sweet Summer Suite」を。森 陽馬


2018年6月22日(金) 村田和人&竹内まりや 「SUMMER VACATION」

2018年11月にデビュー40周年を迎える竹内まりやさんの映画が公開決定しました。

映画のタイトルは
『souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~』
2018年11月23日から12月7日まで全国の映画館で期間限定ロードショー予定。

過去の貴重なライヴ映像+αとのことで、これは見逃せませんね。
(以前公開された山下達郎シアター・ライヴも、再上映してくれたらうれしいな)

今日のこの1曲は竹内まりやと村田和人が夏の訪れを実感させてくれるナンバー「SUMMER VACATION」を。

村田和人1984年発表3rdアルバム『MY CREW』収録。
(CD ボーナス・トラック8曲追加 VSCD-1736 2,600円+税)
永らくメーカー品切れしていましたが、現在は再入荷して好評発売中です。

ちなみに、2018年7月2日発売、村田和人&HIS FRIENDSによるアルバム『ド・ピーカン』。
6月29日(金)店頭入荷することが確定いたしました。来週の今頃には店頭に並んでいる予定です。森 陽馬


2018年6月21日(木) ウォーレン・ジヴォン 「Desperados Under The Eaves」

今週6/18、6/20、ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリーのコンサートへ行ってきました。

ダニー・コーチマー、リー・スクラー、ラス・カンケル、ワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステルという強力布陣。
リー・スクラーのベースがとにかく凄かった! 8ビートが別物なくらいスケールアップ!
熱い男たちの大人のロックを堪能しました。

ワディ・ワクテルが何曲かヴォーカルをとり、ギターをたくさん弾いてくれたのもうれしかったですね。

中でも、ウォーレン・ジヴォンの歌を歌ってくれたのは感動しました。
披露してくれたのは、「Lawye,r Guns & Money」と「Werewolves Of London」(ロンドンの狼男)!
今は亡きウォーレンの魂が宿ったような歌声とワディらしいロック・ギターがズンと胸に響きました。

今日のこの1曲は、ウォーレン・ジヴォン1976年発表アルバムから「Desperados Under The Eaves」(命知らず)。
ウォーレン・ジヴォン『さすらい』
(国内CD 完全限定盤 解説・歌詞・対訳付 WPCR-17734 1,300円+税)

ジャクソン・ブラウンプロデュース。ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンがコーラス参加しています。

ちなみに、会場で販売していたパンフレットに、ツアーメンバー5人各々が選んだ<無人島へ持って行きたい5枚>が紹介されていて、ワディ・ワクテルが選ぶ5枚の中には、ビーチ・ボーイズ『スマイリー・スマイル』が!
ビルボード・ライヴ東京公演後のサイン会で、「僕はペット・サウンズ・レコードという店で働いているんだ」とワディへ話したら、「ペット・サウンズも同じくらい好きだよ」と気さくに話してくれてうれしかったです。森 陽馬


2018年6月20日(水) ベック・ボガート&アピス 「アイム・ソー・プラウド」(LIVE)

今年も梅雨の時期がやってきました。
ジメジメした天気なんかどこかへ飛んで行け~ということで、今日はこんなものを選んでみました。
人によっては、逆に暑苦しくなってしまうかもしれませんがご了承ください。

ベック・ボガート&アピス『ベック・ボガート&アピス・ライヴ・イン・ジャパン』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 MHCP-963 2,500円+税)

ジェフ・ベックが、ヴァニラ・ファッジ~カクタスのティム・ボガート(ベース)とカーマインアピス(ドラム)をバックに、ベック・ボガート&アピスを結成して、スタジオ録音のアルバムを出したのは1973年2月頃でした。
それから3か月後の5月に来日し、その模様が録音され日本だけでLP2枚組ライヴ・アルバムが発売されました。
(1973年5月18、19日大阪厚生年金ホールでのライヴを収録)

3人のバトルのような演奏のぶつかり合いはやはりライヴならではの熱さを感じます。

トーキング・モジュレーターを使った「迷信」、「黒猫の叫び」、ドン・ニックス作「ゴーイング・ダウン」、「スウィート・スウィート・サレンダー」、ヤードバーズ時代の「ジェフズ・ブギー」、『ベック・オラ』に入っていた「プリンス」など、どの曲も梅雨をぶっ飛ばすパワーを持っていますが、今日はインプレッションズのカヴァー、カーティス・メイフィールド作品「アイム・ソー・プラウド」を。(ジェフ・ベックは後にカーティス作「ピープル・ゲット・レディ」もカヴァー)

強力リズム・セクション、ティム&カーマインのヴォーカルのハモリと、ジェフのリード&リズムと大忙しプレーが聴きものです。

ちなみにジェフのギターは、ライヴ写真を見ると、黒のギブソン・レスポールを使っていたようですね。森 勉


2018年6月19日(火) OLD DAYS TAILOR 「風にあわせて ver2」

<音は、どこか、衣のようにも思えます。
大切な一着のように、肌に触れ、心に纏う。>
(『OLD DAYS TAILOR』CDブックレット序文より)

入間在住男性シンガー・ソングライター笹倉慎介を中心に、森は生きているに在籍していた岡田拓郎、谷口雄、増村和彦と、伊賀航(B)、優河、濱口ちなが加わった7人バンド、OLD DAYS TAILOR。
待望の1stアルバムが本日入荷しました。

OLD DAYS TAILOR『OLD DAYS TAILOR』
(国内CD 当店のみの2大先着特典付! PCD-25258 2,500円+税)

まさに、ジェイムス・テイラー『ワン・マン・ドッグ』と細野晴臣『HOSONO HOUSE』を合わせて、2018年の現代にアップデートしたような1枚。

ジャケット写真に映っているguzuri recording house(入間市ジョンソン・タウンにある笹倉さん運営スタジオ)の穏やかな空気感が、歌と演奏から伝わってきます。

今日のこの1曲には、特典音源「風にあわせてver2」を。
「最後のミックスまでこっちにしようか迷った」(笹倉慎介)というメロディーや歌詞が異なる別ヴァージョン音源。

谷口雄によるウーリッツァの音色は、ヤングブラッズ「Ride The Wind」を想起させます。森 陽馬


★PET SOUNDS RECORDのみの2大先着特典!
<特典①>OLD DAYS TAILORロゴ入り巾着バック(17cm×26cmミニサイズ巾着)
<特典②>「風にあわせてver2」特典CDR(アルバムとはメロディ&歌詞が異なる別ヴァージョン音源)



2018年6月18日(月) Corduroy 「Saturday Club」

90年代ACID JAZZレーベルから作品を発表し人気を博した、双子のベン&スコット・アディソン兄弟を中心とした男性4人組バンド、コーデュロイ。

現在もテレビ等で彼らの曲を耳にする事がありますが、長~い活動休止を経て、なんと約18年ぶりとなる新作をリリースしました。

コーデュロイ『リターン・オブ・ザ・ファブリック・フォー』
(国内CD HSE-4552 歌詞・対訳・解説付 2,100円+税)

新作もオルガンを主軸としたグルーヴィーなインストが中心のアルバム。
90年代の押せ押せなイメージとはまた違った洗練された演奏を聴かせてくれます。

掃除屋レオンがイメージだという「The Cleaner」、タランティーノ作品でブレイクした俳優クリストフ・ヴァルツ(Christoph Waltz)に捧げられたヴィブラフォンの音色が印象的な「Waltz For Christoph」など、バンドに密接な映画音楽の要素もふんだんに盛り込まれています。

今作中歌ものは「Saturday Club」の1曲のみ。
ザ・フー「I Can't Explain」を連想させ、イギリスのバンドらしいポップなメロディ、ウ~ラ・ラ♪コーラスが楽しい1曲です。東尾沙紀


2018年6月17日(日) タワー・オブ・パワー 「Let It Go」

2018年ベスト・ソウル/ファンク・アルバム確定!

タワー・オブ・パワー『Soul Side Of Town』
(国内仕様CD 日本語解説付 KKP-1045 2,315円+税)

2018年で結成50周年を迎えたファンク・バンド、タワー・オブ・パワー。
2003年『オークランド・ゾーン』以来約15年ぶりとなる新曲入りオリジナル・アルバムを発表しました。

エミリオ・カスティーヨ(tsax)、スティーヴン・"ドク"・クプカ(bsax)、ロッコ(B)、デヴィッド・ガリバルディ(Ds)による鉄壁組はそのままに、2015年新たに加入したヴォーカリスト、マーカス・スコット(今作中には2013~15年在籍していたレイ・グリーンによるヴォーカル曲も収録)等他メンバーとの結束もバッチリ!

ジノ・ヴァネリの兄ジョー・ヴァネリとエミリオ・カスティーヨの共同プロデュースで実際には28曲を録音。
その中から選りすぐりの14曲を纏め上げたのが今作です。

これが、楽曲も演奏も素晴らしい!
キラーチューン①「East Bay! All Day!」で幕を開け、ラスト14曲目に同じメロディーを持つ「East Bay! Oakland Style!」で幕を閉じる1974年発表名作『Back To Oakland』のようなコンセプト的な流れ。
更に痛快ファンク・ナンバー連発から随所にバラード曲を配す、これぞTOPスタイルな1枚に仕上がっています。

今日のこの1曲は、エレクトリック・シタール使い!泣きのバラード⑨「Let It Go」を。

なお、この新作を携え2018年8~9月ブルーノート東京&名古屋での来日公演も決定しました。
ファンへの愛情&信頼関係は世界一(と僕は思っている)TOPのライヴをこの機会に是非! 森 陽馬


2018年6月16日(土) 吉田美奈子 「SCENARIO」

日々様々な音楽を聴いていますが、個人的には同じ曲を繰り返し聴くことが好きだったりします。

ここ最近、夜閉店前後に何度もリピートして聴き入っているのがこの1曲。
吉田美奈子「SCENARIO」。

吉田美奈子1995年発表13作目(BELLSを含めると14枚目)となるアルバム『EXTREME BEAUTY』。
山下達郎がコーラス参加している2曲目「BEAUTY」&5曲目「LIBERTY」も素晴らしいのですが、イントロから深遠な世界観に引き込まれる7曲目「SCENARIO」には、何時聴いても心打たれます。

「時よ」を彷彿とさせるゆったりした曲調、中西康晴によるピアノの奏、そして神懸った彼女の歌声。
約7分、まさに<呼吸を呑む>想いにさせられる名曲です。

なお、今作『EXTREME BEAUTY』と、1996年作『KEY』、1997年作『SPELL』が、<ニッポンの名作1000>シリーズとして1,000円+税という破格値で再CD化されました。

吉田美奈子『EXTREME BEAUTY』
(国内CD 生産限定盤 UPCY-9782 1,000円+税)

この
<ニッポンの名作1000>シリーズ、伊藤銀次1980年代作品や、りりぃ、橋本一子、深町純、大橋純子、NORIKI、あがた森魚など、他にも魅力的なアルバムが出ています。是非チェックしてみてください。森 陽馬


2018年6月15日(金) 渡辺美里 「10 years」

車で出かける時、車内で最近よく聴いているこの1枚。

渡辺美里『ribbon 30th Anniversary Edition』
(国内CD 田家秀樹氏によるライナーノーツ付 ボーナス・トラック3曲追加 ESCL-30032 2,963円+税)

1988年5月発表、渡辺美里21歳の情熱がほとばしる名作『ribbon』30周年盤です。

当時アルバム未収録だったシングルB面曲3曲追加も魅力ですが、なんといっても音質が素晴らしい!

アメリカ/ニューヨークのエンジニア巨匠、Ted Jensenによる最新マスタリング。
小さい音で聴いても違いがわかるくらい、断然クリアになった音像は本当に聴きもの!

佐橋佳幸、清水信之、青山純、江口信夫、山木秀夫、西本明、柴田俊文、有賀啓雄、そして岡村靖幸など、凄腕ミュージシャンの演奏&サウンド・アレンジが30年を経てより輝きを増し、耳と心に響いてきます。

今日のこの1曲は、大好きだった11曲目「10 years」。
アレンジ&シンセ&ベースは有賀啓雄が担当していたことを今回の再発盤で初めて知りました。

そう、クリス松村選曲コンピ『クリス・ミュージック・プロマイド』(2018年6月1日今日のこの1曲で紹介)にも収録されていた「Rain Dolphin」で知られる有賀啓雄が手掛けていたんですね。

昔聴いていた懐かしい歌が、現在の好みとリンクする喜び。
<音楽を聴く楽しみ>を改めて実感できました。森 陽馬


2018年6月14日(木) 赤い夕陽 「男一代ラプソディ」

待ってました!赤い夕陽!!
待望のフル・アルバム発売です。

赤い夕陽『赤い夕陽』
(国内CD AOGO-001 2,200円+税)

このバンド凄いんですよー。

僕が初めて彼らのライヴを見たのは約3年前でしょうか。
高円寺JIROKICHIへ東京ローカル・ホンクを見に行った時、対バンがこの赤い夕陽でした。

玉川裕高(Vo&G コモンビル、スインギン・ドアーズ)、テリー嶋村(G)、ウガンダ(Ds)、東晃(B)による4人組。
<演歌meetsロックンロール>と評される通り、日本語ロック歌謡なのですが、その弾けっぷりが半端じゃない!

様々な洋楽ロック・サウンド+玉川さんの絶妙なカントリー・ピッキング。
そして、男の人生ワビサビな歌詞がとにかく最高!
『男はつらいよ』シリーズが全世界を舞台に行われている感じですかね。(余計わかりづらいかな)

ビーチ・ボーイズ的「はてはアラスカ、マダガスカル」、フー的な「無用の世界」もいいけれど、1曲選ぶならコレ!
ライヴでも印象的だった「赤い夕陽」という歌詞が出てくる哀愁のクイーンネタ「男一代ラプソディ」を。森 陽馬


2018年6月13日(水) bjons 「そろりっそわ」

ジョン・セバスチャンがフェイヴァリットというフロントマン今泉雄貴(ex.kodomonokodomo)を中心に2017年に結成された男性3人組バンド、bjons(ビョーンズ)。

60~70年代アメリカン・ポップス/ロック、日本のシティ・ポップの洗練された雰囲気も漂わせる8曲入りの1stアルバムが5月30日にリリースされました。

bjons『SILLY POPS』
(国内CD HYCA-3070 2,000円+税)

メンバーの渡瀬賢吾(g/roppen、クララズ他)、橋本大輔(b/roppen他)に加え、レコーディングには谷口雄(p,org/ex.森は生きている)、岡田梨沙(drs/ex.D.W.ニコルズ)、アダチヨウスケ(banjo)が参加。

ジャケット写真のような曇りのない青空、夕暮れ時、星が見える夜..
いろんな情景が見えてくる独特の詞の世界観、肩の力がほどよく抜けた歌声、よどみのないメロディ&バンド・サウンドが心地良いです。

今日の1曲は、アルバムのラスト・ナンバー「そろりっそわ」を。
この曲に限らず、随所で良いギターソロを聴かせる渡瀬さんの郷愁を誘う音色にも注目です。

イントロからシュガーベイブを連想させる今作の中で一番ポップな「ハンバーガー」もオススメの1曲!東尾沙紀


2018年6月12日(火) ビートルズ 「イエロー・サブマリン」

1968年にアニメ映画『イエロー・サブマリン』が公開されてから2018年で50周年。
アメリカでは劇場での再上映が決定したそうです。
日本では未定の状態ですが、全国にいっぱいシネコンがあるので、大画面の音響のいい所で是非上映してもらいたいものです。

その50周年に合わせて、「イエロー・サブマリン」の7インチ・シングル・アナログ・レコードが限定復刻盤として7月6日発売決定いたしました。なんと、潜水艦図柄のピクチャー・レコードです。

リード・ヴォーカルを担当したリンゴ・スターの78歳誕生日1日前ということで憶えておいてください。
リンゴ・スターの誕生日は日本では七夕の日です。

ちなみにカップリング(両A面だったためにB面とは書けないので)は、1966年8月にシングルとして発売されたのと同じ「エリナー・リグビー」です。

(7インチ・アナログ)ビートルズ『イエロー・サブマリン』 c/w「エリナー・リグビー」
(国内仕様EP 歌詞・対訳付 UIKY-75055 2,300円+税)
ダイカット・スリーヴ&ピクチャー・ディスク仕様
(ダイカット・スリーヴというのは、ピクチャーの絵柄が見えるようにくり抜かれているジャケットのことだそうです。)

なお、国内盤には当時日本で発売されたあの写真のジャケが復刻され付くことになっています。うれしい!
あの写真とは日本公演のもので、ジョージ・ハリスンがリッケンバッカーの12弦ギターを持って「If I Needed Someone」を歌っているショットです。

「イエロー・サブマリン」、「エリナー・リグビー」のシングルに何故この写真を選んだのかは謎ですが、僕はファインプレーだと思っています。当時の発売元である東芝は、来日アーティスト写真を来日後のジャケットに最新フォトということで使用することが多かったですね。
あと1ヶ月弱、発売をお楽しみに。予約受付中です。森 勉


2018年6月11日(月) ロジャー・ダルトリー 「As Long As I Have You」

1曲目からアツい!
衰え知らずのパワフル・ヴォーカリスト、ザ・フーのロジャー・ダルトリー。
2018年発表ソロ新作『As Long As I Have You』が今月リリースされました。

ロジャー・ダルトリー『アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 UICP-1181 2,600円+税)

<ロジャーのヴォーカリストとしての力が頂点に達していることを示す作品だ。>
ピート・タウンゼント(帯掲載コメントより)

ソロ名義のオリジナル・アルバムとしては1992年発表『Rocks In The Head』以来26年ぶり。
病気やザ・フーのツアー等で頓挫しかけた今作の制作をピートが後押ししたのだとか。
ピートは日本盤ボーナス・トラック1曲を含め全12曲中8曲にギターで参加しています。

アルバム・タイトルでシングル曲である1曲目は、ガーネット・ミムズ「As Long As I Have You」(ジェリー・ラゴヴォイ作)のカヴァー。
米女性ヴォーカル・グループ、マクナリー・シスターズのコーラスを従えたテンション高めのヴォーカル&サウンドは圧倒的!

その他、マナサス、ボズ・スキャッグス、ニック・ケイヴ、スティーヴィー・ワンダー、ジョー・テックス等の曲を取り上げ、オリジナルのバラードでも往年のサザン・ソウル・シンガーのような味わい深い歌声を聴かせてくれます。

プロデュースはウィルコ・ジョンソンとの共演作『ゴーイング・バック・ホーム』(2014)でも組んだデイヴ・エリンガ。

『ゴーイング~』に続き、ミック・タルボット(元スタイル・カウンシル)の全面参加、ゲラント・ワトキンス(ニック・ロウ、ヴァン・モリソン等との共演で知られるキーボーディスト/SSW)が1曲参加しているのも個人的に嬉しいところです。東尾沙紀


2018年6月10日(日) Andrew Gold 「Lonely Boy」

先日、下北沢へ久々に行きました。

1995~96年頃、僕はディスク・ユニオン下北沢店でアルバイトをしていたので、懐かしい想いで少し散策。

アルバイトしていた当時は休憩中昼食を早めに切り上げ、フラッシュ・ディスクランチ、レコファン、BEST SOUND RECORDS、フィルモア・レコード、イエローポップなど様々なレコード店を巡回。更に仕事後、昼行けなかった店へ立ち寄るというレコード三昧の日々でした。(ホント、少ない給料の中よくあんなに買ったよなぁ...。)

現在、駅周辺は再開発が進んでおり街並も様変わりしましたが、フラッシュ・ディスクランチは昔と変わらず!
<1枚300円><1枚800円、3枚で2,000円>コーナーも変わらずあって、ついついたくさん買ってしまいます。
「レコードを掘る」って感じ・雰囲気が楽しいんですよね。
椿さんにはお会いできませんでしたが、下北沢周辺へまた来たら立ち寄りたいな。

ちなみに、アンドリュー・ゴールドのレコードを見つけて、CDもLPも持っているのにまた買ってしまいました。

間違い探し(だまし絵)になっているジャケットも面白いですし、内容も素晴らしい1976年発表名作2nd。
僕にとっては、ウエスト・コーストから更なるロック音楽への扉を開いてくれた懐かしい1枚でもあります。

B面1曲目(CDでは7曲目)「Lonely Boy」を聴くと、1人でこつこつとレコードを集めて聴いていた頃を思い出すのです。森 陽馬

★アンドリュー・ゴールド『What's Wrong With This Picture?』(邦題:自画像)
(国内CD WPCR-17401 1,300円+税)



2018年6月9日(土) OLD DAYS TAILOR 「恋の汽車ポッポ」(大瀧詠一カヴァー)

入間在住男性シンガー・ソングライター、笹倉慎介を中心としたバンドOLD DAYS TAILOR。

6月20日発売アルバムに当店のみの2大特典が決定しました!

OLD DAYS TAILOR『OLD DAYS TAILOR』(国内CD PCD-25258 2,500円+税)
<特典①>OLD DAYS TAILORロゴ入り巾着バック
<特典②>「風にあわせてver2」特典CDR


巾着バックはOLD DAYS TAILORのロゴ入り、17cm×26cmのかわいいミニサイズ巾着です。
「風にあわせてver2」CDRは、アルバム収録曲とはメロディー&歌詞が異なる貴重な別ヴァージョン音源!
どちらもお買い上げの方先着順となります。ご希望の方はお早めにご予約くださいね。

なお、このOLD DAYS TAILOR、笹倉慎介さん以外のメンバーも素晴らしいミュージシャン揃い。
森は生きているに在籍していた岡田拓郎、谷口雄、増村和彦。
細野晴臣、星野源、寺尾紗穂のバックなどで大活躍中のベーシスト伊賀航。
更に女性シンガー、優河、濱口ちなが加わった7人グループ。


アルバムには大瀧詠一「恋の汽車ポッポ」カヴァーも収録予定。

「在りし日を紡ぎ、仕立てることで生まれる音や言葉、そんなことを大切にしたい」
という思いを込め名付けられたOLD DAYS TAILOR初アルバム、乞うご期待ください。森 陽馬



2018年6月8日(金)ビーチ・ボーイズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団「Fun Fun Fun」

ビーチ・ボーイズ『ビーチ・ボーイズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』
(国内CD ユニヴァーサル 解説・英文ブックレット翻訳・歌詞・対訳付 UICY-15747 2,500円+税)
当店のみの特典!先着でジャケット・デザイン・マグネット付!

エルヴィス・プレスリー、アレサ・フランクリン、ロイ・オービソンと続いてきたロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とのコラボ企画。夏も近づいてきていることもあり、遂に我らがビーチ・ボーイズの登場となりました。

この企画は元々あるそのアーティストのレコーディング音源の主要部分を残しつつ、ロイヤル・フィルの演奏+αを加えたもの。
今まであった音がなくなったり、なかった音があったり、オリジナルを聴いた事がある者にはちょっと心配になってしまう作品なのですが、今回のビーチ・ボーイズもいい感じに仕上がっていたので一安心です。

プロデューサーのドン・リードマンとニック・パトリックは二人ともビーチ・ボーイズのハーモニーとサウンドで育ったそうです。その二人がCDのブックレットに<プロデューサー・ノーツ>として文章を寄せていますので、その一部をここで紹介しておこうと思います。

「ビーチ・ボーイズが作り上げてきたヴォーカル、そしてオリジナルのサウンドの圧倒的な素晴らしさを再発見しながら、我々の作り出すオーケストラのサウンドをこれらの名曲に重ねていく作業は本当に光栄な仕事であり、心からの喜びでもありました。」

ファンとしてはうれしいコメントですね。
ビーチ・ボーイズ楽曲16曲中10曲分のオーケストラのアレンジ&指揮を担当したサリー・ハーバードがオーヴァチュアとして書いた「カリフォルニア・スイート」含む全17曲を収録。

ベックの父、デヴィッド・キャンベルがアレンジ&指揮を担当し、新しく付け加えたスリリングなイントロの「素敵じゃないか」、「英雄と悪漢」に興味津々だったり、最高にロマンティックな気分にしてくれるサリー・ハーバードによる前奏が付いたブルース・ジョンストン作「ディズニー・ガール」も気になるところですが、今日はこの曲「ファン・ファン・ファン」にしましょう。
ノリノリのロックンロールにかぶさってくるオーケストラが新鮮です。森 勉



2018年6月7日(木) The Beau Hunks Sextette 「The Penguin」

<レイモンド・スコット、そしてボー・ハンクスがCD化されていつでも聴けるなんて、
有り難いというのはこういうことですね。
ボー・ハンクスの業績、それはレイモンド・スコットの神髄を現代に蘇らせたことです。
廃盤になっていた名盤がこの日本でリリースされるとは、
(失われた秘伝のレシピが公開されるような、)秘密めいた快挙です。細野晴臣>

細野晴臣氏大推薦! 岡田崇さんのイイ仕事!

オランダのジャズ・コンボ、ボー・ハンクス・セクステットによるレイモンド・スコット集が2種再CD化されました。

The Beau Hunks Sextette(ボー・ハンクス・セクステット)
『Celebration On The Planet Mars』(国内CD LDCD-003 2,700円+税)
『Manhattan Minuet』(国内CD LDCD-004 2,700円+税)

2013年発売され大好評だったレイモンド・スコット・ソングブックと同じくリル・デイジーからのリリース。
世界一のレイモンド・スコット研究家、岡田崇氏によるこだわりの装丁、ブックレットが素晴らしい!

配信やストリーミングではなく、パッケージとして持っていたいレイモンド・スコット愛溢れる作品です。

今日のこの1曲は、レイモンド・スコットBOXで細野晴臣氏がカヴァーしていた楽曲「The Penguin」を。森 陽馬

★一般流通していない商品です。当店にて絶賛販売中!


2018年6月6日(水)David Mhyr 「Jealous Sun」

90年代スウェディッシュ・ポップ人気バンド、ザ・メリーメイカーズで活躍したデヴィッド・マイアー。
2枚目となるソロ新作がリリースされました。

デヴィッド・マイアー『ラッキー・デイ』
(国内CD 歌詞・対訳付 TTPC-0008 2,200円+税)

ナッシュヴィルのプロデューサー/SSW、ブラッド・ジョーンズを共同プロデューサーに迎えた約7年ぶりアルバム。
朗らかなメロディ&サウンドで聴く者をいつも楽しい気分にさせてくれる彼のポップ・センスが発揮された1枚!

まず、1曲目「Jealous Sun」が良いです。
同じくポップ系の男性SSW、Bleu(ブルウ)との共作曲で、梅雨のジメジメを一掃してくれるよう晴れやかなハーモニーがとても爽やか♪

ポール・マッカートニーを彷彿とさせるタイトル曲「Lucky Day」、フォーキーな「Lovebug」など、前作より落ち着いた雰囲気の曲も増え、彼の温かみのある歌声がより楽しめます。
マンドリンやスライドギターを用いたアレンジもGood!

国内盤ボーナス・トラックには、グラハム・ナッシュ「Military Madness」、ブラッド・ジョーンズ「My Messed Up Friend」、アズテック・カメラ「Somewhere In My Heart」のカヴァーと、本国スウェーデンで2016年公開の映画用に書かれたELO風の「Spellbound」の4曲を追加収録。

スクイーズ、ニック・ヘイワードの2017年作気に入れらた方にも是非聴いていただきたいです。東尾沙紀


2018年6月5日(火) 浜田真理子 「忘れ音」

哀しい愛、苦しい愛、切ない愛。
浜田真理子が描く愛の歌は、一見すると悲観的ながら、暖かさや優しさを感じるのです。

まさに、<胸の小箱>へ大事にしまっていた密かな記憶を懐かしい想いで紐解くかのように。

本日入荷した2018年最新アルバム『NEXT YEARDROP』も、そのような温もりに満ちた1枚でした。

浜田真理子『NEXT TEARDROP』
(CD VSCD-9733 2,700円+税)

2017年発表作『Town Girl Blue』(
2017年2月17日今日のこの1曲で紹介)に続き、久保田麻琴プロデュース。
加瀬達、檜山学、池村真理野、瀬戸龍介、伊藤大地がバック・メンバーで参加。
彼女の歌声とピアノの魅力はそのままに、絶妙な味付けをさりげなく加えています。

金延幸子の名曲「あなたから遠くへ」カヴァー、とんちピクルス作「夢の中で泣いた」、フレディ・フェンダー「Before The Next Teardrop Falls」カヴァー等も良いですが、やはり彼女自身の言葉で書かれた歌にハッとさせられます。

特に9曲目「忘れ音」。

心の琴線に響く、文字だけでは表現できないような想いや気持ち。
♪どうしてかしら、~ 涙が出る♪のは、哀しいからだけではないのだ、と気付かされました。森 陽馬


2018年6月4日(月) Brad Mehldau Trio 「Friends」 (ビーチ・ボーイズカヴァー)

♪友達でいよう 僕らはしあわせも涙も共に味わってきた♪
(ビーチ・ボーイズ「Friends」歌詞より)

ブライアン・ウィルソンに光と影が折り重なっていた1968年、ビーチ・ボーイズが発表した作品『Friends』。
2018年はその『Friends』発売から50周年になります。

それを祝するかのように、珍しいカヴァーが出たので紹介しましょう。

ブラッド・メルドー『Seymour reads The Constitution!』
(国内CD 日本のみボーナス・トラック追加収録 WPCR-17959 2,400円+税)

現代ジャズ・ピアニストの中で、人気・実力共最も秀でた存在と言えるブラッド・メルドー。
ラリー・グレナディア(B)、ジェフ・バラード(Ds)とのトリオでリリースした2018年発表新作アルバム。
オリジナル曲やジャズナンバーに混じって、ビーチ・ボーイズ「Friends」をインストカヴァーしています。

ワルツ部分のメロディーはそのままに、後半はソロを取り合う斬新なアレンジが聴きもの。

ポール・マッカートニー「Great Day」(1997年発表『フレイミング・パイ』収録曲)カヴァーも収録されているので、ロック・ファンも是非チェックしてみてください。森 陽馬

★今週末6月8日発売ビーチ・ボーイズwithロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のアルバムに、当店のみの特典として、ジャケット・デザインを使用したマグネットが付くことになりました♪


2018年6月3日(日) マリア・マルダー 「真夜中のオアシス」

ワーナー・ミュージック・ジャパンより『新・名盤探検隊』紙ジャケ編として、魅力的なCDが18枚再発売されました。
全種
SHM-CDで、紙ジャケはオリジナル・アートワークや当時出た国内盤帯も可能な限り再現されています。

アラン・トゥーサン、エリック・カズ、ジュディ・シル、デラニー&ボニー、ドクター・ジョン、ネッド・ドヒニー、ハース・マルティネス、フィフス・アヴェニュー・バンド、ヴァン・モリソンなど。
レコードやCDで持っていても、こんな紙ジャケを見せられるとまた欲しくなってしまいますね。

今日はその中から、マリア・マルダー『オールド・タイム・レイディ』を選んでみました。
(国内CD 完全限定紙ジャケット SHM-CD仕様 解説・歌詞・対訳付 WPCR-18016 2,500円+税)
見開きジャケット! いいですね。

1973年に発表されたファースト・ソロ・アルバム。
発売当初一般的にはあまり話題になりませんでしたが、アメリカン・ミュージックのコアなファンの支持が徐々に高まり、「真夜中のオアシス」がシングル・カットされた以降はアルバムの評判もグーンと上がり、アメリカではアルバム・チャート最高位3位を記録するまでになっています。

なんと言っても「真夜中のオアシス」の大ヒットが大きかったですね。
1974年2月シングル・チャートに登場して半年近くTOP100以内に留まり、最高位6位。
グランド・ファンク、ジャクソン5、ウィングス、スリー・ドッグ・ナイト、スタイリスティックスなどと順位を競っていたんですから。

当時ちょっと背伸びをして渋めの音楽を好んで聴いていた身としては、こんなマニアックな曲がチャートの上位にくい込んでくれて痛快な気分を味わうことができました。

この曲でのリード・ギターはエイモス・ギャレット!
絶品なソロは今や伝説になっています。
マリア・マルダー29歳の可憐ながら、艶めかしい歌声と共に永遠に残る名曲と言っていいでしょう。

ジミー・ロジャース、ケイト・マッガリグル、ダン・ヒックス、ウェンディ・ウォルドマンなどが作者としてクレジットされていて、その人たちを知るきっかけにもなったアルバムでもあります。森 勉


2018年6月2日(土) Andre Solomlko 「SUMMER 79」

青い空を自由に飛んでみたい。

そんな誰しもが想像したことがある情景が描かれた印象的なジャケット。
収録されている楽曲&サウンドも、そのイメージ通り逃避行したくなる心地良い内容の1枚でした。

Andre Solomko『Le Deltaplane』
(輸入CD FVR142CD/輸入LP FVR142LP)

アンドレ・ソロンコは1965年ウクライナ生まれ、フィンランド拠点に活動している男性SAX奏者&プロデューサー。

2012年発表『Ou Es-Tu Maintenant?』(
2013年6月8日今日のこの1曲で紹介)、2014年発表『Le Polaroid』(2014年6月17日今日のこの1曲で紹介)に続く、ソロ3作目となる2018年発表アルバム。

今作のメインヴォーカル及び作詞を4曲手掛けているヘルシンキの女性シンガー・ソングライター、Charlotta Kerbsの歌声はレスリー・ダンカンを彷彿とさせる雰囲気があって、前作の女性シンガーより僕は好み。

研ぎ澄まされたアレンジも美しい仕上がり。
5曲目「SUMMER 79」での浮遊感漂うシンセ・イントロは佐藤博『アウェイクニング』を彷彿とさせます。森 陽馬


2018年6月1日(金) 有賀啓雄 「Rain Dolphin」

クリス松村さんがセレクトしたコンピCD『クリス・ミュージック・プロマイド』が発売。

これが最高に素晴らしい選曲!
日本シティ・ポップお好きな方に大推薦したい1枚です。

V.A『クリス・ミュージック・プロマイド』
(国内CD クリス松村選曲・解説 歌詞カード付 MHCL-30515 2,000円+税)

クリス松村さん本人の解説によると、今までにも企画盤の依頼はあったものの、定番曲を入れなければいけないなど選曲の縛りがあって実を結ばなかったとのこと。

それが今回、<ひとりの少年が作ったあの夏のカセット>というコンセプトでこだわりの選曲が実現。
曲順通りに聴いていると、その少年の甘酸っぱい青春や想い出が歌を通して伝わってきます。

山下達郎がコーラスで参加しているラジ「ジャスト・イン・ザ・レイン」、初再発となる羽根田征子「ENCORE」(ドラマ『抱きしめたい!』挿入歌)、杉真理「青い楽園」、伊藤銀次「Destination」など、物語を読むように楽しめる全17曲。

中でも、4曲目に収録されている有賀啓雄1992年発表シングル曲「RAIN DOLPHIN」がすごくイイ曲!

バックは青山純(Ds)、佐橋佳幸(G)、浜口茂外也(Per)、中西康晴(P)。
初夏雨の中、跳び上がるイルカへ夢を託す情景が目に浮かぶような素晴らしいアレンジ。

恥ずかしながら僕は知りませんでしたが、90's雨の名曲として多くの人に聴いてもらいたいナンバー。
ちなみにこの次5曲目に収録されている吉田美奈子「LOVE SHOWER」との繋がりも見事ですね。森 陽馬


2018年5月31日(木) 新崎純とナイン・シープス 「かじゃでぃ風節」

<琉球ペット・サウンズ>!?

限定アナログ音盤化された貴重音源が一部で話題になっています。

新崎純とナイン・シープス『かじゃでぃ風節』
(国内EP EMレコード EM1176 1,500円+税)

「かじゃでぃ風節(ふーぶし)」は、琉球古典音楽・琉球舞踊楽曲。
結婚式などおめでたい席で演奏されるそうです。

その「かじゃでぃ風節」を新崎純というミュージシャンが、総勢13名バンドで1977年録音したのがこの音源。

人間国宝の三線奏者照喜名朝一を招き、琉球音楽の基はそのままに、管楽器、ピアノ、ギター、ベース、ドラム、パーカッションを加えた演奏は、<荘厳なペット・サウンズ民謡>という雰囲気。

リハーサル無し&一度きりの演奏で、当時記録用に録音していた1本のテープを発掘。
そんな約40年前に録音されていた奇跡の音源をアナログ音盤化するとは、さすがエム・レコード!

ちなみにB面には、ポートランドを拠点に活動するアンビエント・エレクトロニカ・ユニット、Visible CloaksによるRemixヴァージョンが収録されています。森 陽馬


2018年5月30日(水) Matthew Sweet 「Something Someone」

2017年発表『Tomorrow Forever』から約1年。
マシュー・スウィートの最新アルバムが今月発売になりました。

Matthew Sweet『Tomorrow's Daughter』
(輸入CD HH002-CD)

ポップさが戻ってきた!とファンの方の間で好評だった前作が6年ぶりのアルバムだったので、今回やけに早い!と喜んでおりましたら、今作収録の楽曲は前作と同時期に制作・録音されていたとのこと。

ジャケットには同じアーティストの絵(マシューのコレクション)が使用されており、前作との姉妹作としての位置付けなのでしょう。

もうちょっとそのギターソロ聴きたい!という所であっさりフェイドアウトしてしまう曲が多いのが少し気になりますが、彼らしいガツッとしたギター、爽快&沁みるメロディ、骨太なバンド・サウンドが楽しめる1枚。

本日は、詞の♪Eight Days A Week♪が毎度耳に残る「Something Someone」を今日の1曲に。
ヴァル・マッカラムによるスライド&フィードバック・ギターが良い味出してます。東尾沙紀


2018年5月29日(火) ニール・ヤング 「Walk On」

今月一番うれしかったニュースは、ニール・ヤング&クレイジー・ホースが復活ライヴを行ったことでした。

2014年、クレイジー・ホースのベーシスト、ビリー・タルボットが脳卒中のためツアーを途中でリタイア。
リック・ローサス(彼も2014年11月急逝)が替わりに入ってそのツアーは続けられたものの、それ以来ニール・ヤングはクレイジー・ホースとのライヴは行っておらず、ビリーの体調など心配されていました。

そしていきなり発表され、5月初旬カリフォルニアで5日間行われたそのコンサート。
メンバーは、ビリー・タルボット(B)、ラルフ・モリーナ(Ds)、そしてニルス・ロフグレン(G)!
往年の人気曲中心に彼ららしい演奏を聴かせてくれたのです。

ニール・ヤングが近年一緒に演奏しているバンド、プロミス・オブ・ザ・リアルも良いのですが、昔の曲をやる時にかぎっては、クレイジー・ホースの重厚なリズム感というかグルーヴがやっぱり合っていますね。
まあとにかくも、ニールが相変わらず元気そうなのがファンとしては本当にうれしいです。

ということで、国内盤が本日入荷したニール・ヤング1973年ロキシーライヴ盤から今日のこの1曲。

ニール・ヤング『ロキシー:トゥナイツ・ザ・ナイト・ライヴ』
(国内CD SHM-CD仕様 解説・歌詞・対訳付 WPCR-18036 2,457円+税)

『Tonight's The Night』録音後に行われた1973年ライヴ(The Roxy Theatreのこけら落とし)が初音盤化。
メンバーは、ビリー・タルボット(B)、ラルフ・モリーナ(Ds)、ニルス・ロフグレン(G)に、今は亡きベン・キース。
ベン・キースのペダル・スティールの音色が泣けますね。

ラストに収録されている「歩き続けろ!続けるんだ!」と歌われる「Walk On」。
冒頭に記した今月の復活ライヴでも、この「Walk On」は5月1日初日に演奏しています。森 陽馬


2018年5月28日(月) Don Henley 「Sunset Grill」

5月28日天辰保文氏トーク・イベント『Talking Man』<ダニー・コーチマーとその仲間たち>特集。
たくさんのご来場ありがとうございました。

ダニー・コーチマーの魅力に関して、
「<歌に寄り添うギター>でありながら、脇役ではなく自分の存在をプライドを持って表現している」
と天辰さんが評されたのを聞いて、昔からダニーのギターに惹かれていた理由が実感できましたね。

ダニー・コーチマー含めセッション・ミュージシャンは、リーダー作を多く出しているミュージシャンに比べ、陽が当たらない存在かもしれませんが、「音楽は一人(主役)だけでは作れない」ということも天辰さんにおっしゃっていただき、改めて音楽を聴く楽しみというか、これからまた新たな気持ちで色々な曲を聴いていこう、と思えました。
天辰保文さん、いつもありがとうございます!

イベントでは僕がドン・ヘンリーの曲を間違えてかけてしまって、天辰さん&お客様、そしてドン・ヘンリーに申し訳ない気持ちが残ったので、今日のこの1曲はそのドン・ヘンリーが歌うダニー・コーチマーとの共作曲を。

ドン・ヘンリー『Building The Perfect Beast』
(国内CD 完全限定紙ジャケット仕様 解説・歌詞・対訳付 UICY-75001 2,667円+税)

1984年発表今作はイーグルスのコンサートでも必ず演奏されていたヒット曲「The Boys Of Summer」が収録されていることで有名ですが、「Sunset Grill」はまた違った味わいを感じるナンバー。

ちなみにCDには、当時のLPには未収録だったシングルB面曲「A Month Of Sundays」が8曲目に収録。
裏ジャケットにこの曲は記載されていません(CD帯には記載)。
CD自体が発売されたのはかなり前なのですが、今頃その事実を知りました。お恥ずかしい限りです。森 陽馬


2018年5月27日(日) Jo Mama 「Sailing」

5月28日(月)は天辰保文氏トーク・イベント『Talking Man』を当店地下カフェアゲインにて行います。
特集は<ダニー・コーチマーとその仲間たち>!

-------------------
2018年5月28日(月)
PET SOUNDS RECORD presents
天辰保文 Talking Man Vol.10 ダニー・コーチマーとその仲間たち特集
ライヴ・カフェ アゲイン(武蔵小山)
18時半開場 19時半開演 入場料1500円
-------------------

キャロル・キング、ジェイムス・テイラーとの共演で知られる名ギタリスト、ダニー・コーチマー。
2018年5月発表新作『Honey Don't Leave LA』も大好評!
リー・スクラー&ラス・カンケル含め6月来日も決定した彼らの魅力を天辰さんに語って頂きます。乞うご期待!

さて、僕が好きなダニー・コーチマー関連作品から今日のこの1曲。

ダニー・コーチマーがキャロル・キング&チャールズ・ラーキーと組んだユニットTHE CITY解散後、ダニーとチャールズ・ラーキーが中心となり、女性シンガーアビゲイル・ヘイネスを迎え組んだバンド、ジョーママ。
1970年発表、ピーター・アッシャープロデュースによる制作された名盤です。

ジョー・ママ『Jo Mama』
(国内CD 完全限定盤 解説・歌詞・対訳付 WPCR-14831 1,143円+税)

ダニーの新作にも新録音(ジェイムス・テイラー参加!)が収録されている「Machine Gun Kelly」が有名ですが、僕が好きなのは6曲目「Sailing」。

白昼夢のような導入部から、ワクワクするようなイントロ、そして多幸感溢れるサビ&アウトロ。
この曲の後半で聴けるダニー・コーチマーのギター・ソロ、かっこいいですね。森 陽馬


2018年5月26日(土) ウエス・モンゴメリー 「ジョージア・オン・マイ・マインド」

2018年3月6日は生誕95周年、6月15日は没後50年になるということで、ウエス・モンゴメリーのヴァーヴ及びA&M(CTI)時代のCDが9種類再発されました。

今日はその中から僕の大好きな1枚を紹介したいと思います。

ウエス・モンゴメリー『ダウン・ヒア・オン・ザ・グラウンド』
(国内CD UCCV-3078 1,500円+税)

1967年にヴァーヴからA&Mへ移籍、クリード・テイラープロデュースの下、ドン・セベスキーのストリングスを大胆に導入したアレンジにより、ウエスの新しい魅力が弾けた第1弾『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』に負けない出来の1968年発表A&M第2弾アルバムです。

参加メンバーは、ドラムスにグラディ・テイト、ベースにロン・カーター、ピアノにハービー・ハンコック、ヴィブラフォンにマイク・マイニエリ、フルートにヒューバート・ロウズなどが参加しています。

どの曲もいいのですが、2曲目「ジョージア・オン・マイ・マインド」の叙情あふれるギターは特に絶品です。

ピックではなく、右手親指から軽やかなタッチで紡ぎ出されるやわらかな音色はウエスならではのもの。

ジャズってむずかしい!と思っている方にもおすすめできるアルバムです。

なお、この「ジョージア・オン・マイ・マインド」は、同じこのアルバムに収録されているバート・バカラック作「アイ・セイ・ア・リトル・プレイヤー」とのカップリングでシングルにもなり、ヒットチャートに登場しています。森 勉


2018年5月25日(金) 空気公団 「美しい重なり」

2017年に20周年を迎えた空気公団。
2016年発表作『ダブル』以来約2年ぶりの新作が今週リリースになりました。

空気公団『僕の心に街ができて』
(国内CD DDCZ-2197 3,056円+税)

様々なゲストが参加した『ダブル』と打って変わり、演奏/録音/ミックスをメンバー3人のみで手掛けた今作。

瑞々しいメロディ、飾らない言葉、山崎ゆかりさんの穏やかなヴォーカル...
近年の作品の中では全体を通しての空気感が特に素敵だなぁと感じた1枚です。

イントロからグッと引き込まれる1曲目「美しい重なり」を聴き、
<なんでもない日が美しい>
という詞が耳に残りました。

天気が良いとか、気持ちいい風が吹いてきたとか、次の日も会えるとか、楽しく会話できたとか。
日常の本当にささやかな幸せをフッと思い起こさせてくれる曲です。東尾沙紀


2018年5月24日(木) Jeffrey Foskett/Jeff Larson 「Shadows Of The Canyon」

降り続いた雨も朝方には止み、爽やかなそよ風が吹いた昼下がり。

そんなシチュエーションにピッタリのウエスト・コースト・サウンド新譜作品が発売されました。

ジェフリー・フォスケット/ジェフ・ラーソン『ELUA ALOHA』
(国内CD ボーナス・トラック1曲追加 解説・歌詞付 VSCD-3957 2,315円+税)

ビーチ・ボーイズの現メンバーであるジェフリー・フォスケット。
そして、ウエスト・コースト・ロックの良心を現代に伝えるシンガー・ソングライター、ジェフ・ラーソン。
二人がコラボした新曲、セルフリメイク、カヴァー含めた全12曲入りアルバムです。

ジェリー・ベックリー(アメリカ)、ヘンリー・カポノ(セシリオ&カポノ)、ジェーソン・シェフ(シカゴ)が参加。
コーラス・ハーモニーを主体にした心地良いアコースティック・ポップな1枚。

今日のこの1曲は、穏やかな11曲目「Shadows Of The Canyon」。

ヘンリー・ディルツに関するドキュメンタリー映画のために、ジェフ・ラーソンが書き下ろしたナンバー。
Byrds In Flight、Joni's Blue、そしてJackson Browne、CSNという歌詞が出てきて印象に残ります。森 陽馬



2018年5月23日(水) マイケル・フランクス 「The Music In My Head」

マイケル・フランクス2011年発表作『Time Together』は、その年のベストに挙げたほど大好きな1枚。

ジャケットも素敵だし、チャック・ローブによるプロデュース&ギターが素晴らしくて何時聴いても癒されますね。

その『Time Together』から約7年。
18枚目となるオリジナル・アルバム『The Music In My Head』が本日発売されました。

マイケル・フランクス『The Music In My Head』
(国内CD マイケル・フランクス本人による解説&金澤寿和解説・歌詞・対訳付 PCD-27038 2,700円+税)

穏やかで柔らかな語り口、落ち着いたサウンド・アレンジは変わらず。
聴いていて心地良く、ゆっくりと時が過ぎていく全10曲。

でも、どこかセンチメンタルな空気感が伝わってくるのは気のせいでしょうか。

名作『スリーピング・ジプシー』に関わったトミー・リピューマ、1990年作『Blue Pacific』を手掛けたウォルター・ベッカー(スティーリーダン)、そして、近年の彼の作品で重要な役割を果たしてきたチャック・ローブ。
マイケル・フランクスにとって、かけがえのない盟友達が相次いで他界。

73歳を迎えた彼の「The Music In My Head」(頭の中で鳴っている音楽)。
哀しさと切なさを内包した温もりと、溢れる優しさに満ちています。森 陽馬



2018年5月22日(火) ナタリー・コール 「ミスターメロディ」

今週末5月27日(日)は競馬の祭典、日本ダービーが行われます。

先日のオークスは、1着馬アーモンドアイから買っていたのに穴を狙いすぎて外れ、、、。
予想は絶好調なのに馬券は絶不調な最近(というかいつものこと)ですが、ダービーは的中したいですね。

ちなみに、5月6日NHKマイルCというレースでは、「ミスターメロディ」という馬から買っていました。

そう!1976年東京音楽祭グランプリを獲得したナタリー・コールの名曲から命名された馬!
かなりいい感じで先行し直線で一旦先頭に立ったのですが、、、残念ながら4着、、、。
惜しかったな~~。まあでも、これからも追っかけたい1頭ですね。

さて、ナタリー・コール「ミスター・メロディ」が収録されたアルバムが先日CD化されたので取り上げましょう。

ナタリー・コール『微笑』
(国内CD 生産限定盤 解説付 UICY-78734 1,000円+税)

ナット・キング・コールの娘として1975年デビューした彼女。
1991年「アンフォゲッタブル」の大ヒットもあり、ジャズ・シンガーのイメージがありますよね。

でも2ndアルバムとなる1976年発表今作は、ソウルフルかつポップな魅力に溢れた1枚。
チャック・ジャクソン&マーヴィン・ヤンシーによるプロデュース。
3曲目「Sophisticated Lady」(邦題:いきな女)が全米R&Bチャート1位のヒットを記録しています。

なお、「ミスター・メロディ」はアルバム1曲目に収録。
煌びやかなストリングス&ホーンのアレンジがポップで、聴いていて心が弾むナンバーです。

ちなみにダービーの予想。
ドイツの作曲家ワーグナーの音楽に心酔した人を指す言葉から命名、ワグネリアンから勝負しようかな。森 陽馬



2018年5月21日(月) スピナーズ 「アイル・ビー・アラウンド」

キャロル・キングやジェイムス・テイラー等のシンガー・ソングライター系の洋楽か、URCレーベルを中心とした日本のフォークとロックばかり聴いていた1970年代初期でした。

中村とうよう氏が編集長だった月刊音楽雑誌『ニュー・ミュージック・マガジン』を隅から隅まで読んで、暇があればレコード屋へ行ってレコードを眺め(あまり買えないので)、家に帰ってくればまだ少ない手持ちのレコードを聴いたり、ラジオを聴いたりする毎日でした。

1972年のある日、そんな感じでのんびりとラジオを聴いていたら流れてきたのが、このイントロでした。

スピナーズ「アイル・ビー・アラウンド」。

彼らがアトランティックへ移籍して、リード・ヴォーカリストも変わって放ったヒット曲。
彼らの曲としては初のベスト10ヒットとなった曲。
その曲を作ったのは、トム・ベルです。

それまで、ソウルのレコードはあまり買っていませんでしたが、ソウルのヴォーカル・グループもいいなぁ~、レコード欲しいなぁ~と思った1曲でした。

スピナーズ『フィラデルフィアより愛をこめて』
(国内CD 解説・歌詞付 WPCR-27617 952円+税)

このアルバムには、この曲の他に「グッド・イット・ビー・アイム・フォーリング・イン・ラヴ」、「ワン・オブ・ア・カインド」、「ゲットー・チャイルド」のシングル・ヒットが収録されています。森 勉



2018年5月20日(日) Bettye Lavette 「Political World」

「ボブ・ディランの曲は、ディラン本人が歌うよりカヴァーの方が良いヴァージョンが多いよね」
とは、僕の友人(ボブ・ディラン大ファン)の言葉です。

ディラン、そしてディランファンの方々、ごめんなさい。。。

まあでも、<ディランが優れたソングライター>であり、<良いカヴァーが多い>ということでもありますよね。
と、フォローを入れたところで、最近リリースされたボブ・ディランのカヴァー・アルバムを紹介しましょう。

Bettye Lavette『Things Have Changed』
(輸入CD Verve 00602567267850)

1939年ミシシッピ生まれ、1960年代シカゴからデビューした女性R&Bシンガー、ベティ・ラヴェット。
スティーヴ・ジョーダンをプロデューサーに迎えた2018年発表アルバムは、全12曲ボブ・ディラン作。

近年のディランも顔負けなくらい原曲とは違ったアレンジで、ソウルフル&ブルージーにカヴァー。
スティーヴ・ジョーダン、ピノ・パラディーノ、ディランのバックも経験しているラリー・キャンベルに加え、キース・リチャーズ、トロンボーン・ショーティ、アイヴァン・ネヴィル等もゲスト参加。
貫禄溢れる彼女の歌声はもちろんのこと、バック演奏もガンボスープのような味わい沁みる仕上がりです。

今日のこの1曲は、ディラン1989年発表名作『Oh Mercy』収録曲「Political World」カヴァーを。
キース・リチャーズらしいギター・ソロが堪能できます。森 陽馬



2018年5月19日(土) T-GROOVE & TWO JAZZ PROJECT 「Funky Show Time」

時間帯によって食べたいものが違うように、音楽もその日その時間で聴きたい音というのがありますね。

朝目覚めの曲、昼過ぎに聴きたいサウンド、そして夜向きの音楽。

今日紹介するのは、週末の夜にピッタリの新世代メロウ・グルーヴなアルバムです。

T-GROOVE & TWO JAZZ PROJECT『NU SOUL NATION』
(国内CD Yuki"T-GROOVE"Takahashi本人による解説付 KMKN-011 2,300円+税)

T-GROOVEは、1982年生まれ青森県八戸市出身日本人プロデューサー/トラック・メイカー。
2017年発表1stアルバム『Move You Body』(2018年3月19日今日のこの1曲で紹介)がロングセラー中。
そのT-GROOVEがフランス/マルセイユ出身ユニットTWO JAZZ PROJECTと組んだ2018年発表新作。

ファンキー&メロウなミディアム・ディスコ・チューン②「Funky Show Time」が最高にクール!

1曲目とラスト15曲目にはマーティン・ルーサー・キング牧師の有名な演説をモチーフにしたトラックを配すなど、踊るためだけのディスコ・ダンス作とは一線を画するコンセプトも敷かれたT-GROOVE入魂の1枚。
2018年現行ソウルの指針を示す重要作となりそうです。森 陽馬



2018年5月18日(金) showmore 「恋をした」

Suchmos、cero、Nulbarich、etc...
ソウルフルな魅力を持った日本発男性グループが色々出てきていますが、女性Vo推薦盤を今日はご紹介。

showmore『overnight』
(国内CD DQC-1608 1,852円+税)

showmore(ショウモア)は、根津まなみ(Vo/作詞/作曲)、井上惇志(Key/作曲/編曲)によるユニット。

ジャジーかつアーバン・ソウルな楽曲に、都会的&メロウ・グルーヴなアレンジがクール!
中西道彦(YASEI COLLECTIVE)、タイヘイ(Shunske G&The Peas)、ユースケ(TAMTAM)によるバック演奏。
そして、UAを彷彿とさせる根津まなみの歌声もNice!!

新世代シティ・ポップお好きな方から、UA、Charaを聴いていた方にもオススメしたい1枚です。

今日のこの1曲は、Charaのカヴァー「恋をした」。
Charaのオリジナルとはまた違ったグルーヴィー&ダンサブルなアレンジが耳に残るナンバー。

6月20日には限定アナログEP(B面はオリジナル人気曲「circus」)も発売予定です。DJ要チェック! 森 陽馬



2018年5月17日(木) Joel Sarakula 「Baltic Jam」

ヴィンテージ感あるソウル/ポップ、AOR、ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス気に入られた方にもオススメの1枚。

ジョエル・サラクラ『ラヴ・クラブ』
(国内仕様CD LEGO0138JP 解説付 2,200円+税)

ジョエル・サラクラは、2002年デビュー。
シドニー出身でロンドンを拠点に活動している男性シンガーソングライター。
地元オーストラリアで3枚、拠点を移してから今作で3枚目、計6枚のアルバムをリリースしています。

グザヴィエ・ボワイエ(タヒチ80)に似た甘め&少しハスキーなヴォーカル、トッド・ラングレンや70年代ソウルの影響が窺えるサウンド&メロディ、ホーンやストリングスも取り入れたさりげないアレンジ...一つ一つにセンスを感じさせます。

黒すぎず、甘すぎず、聴いていてとても気持ちよいポップ・アルバムです。

イントロのキーボードから、トッド・ラングレンのカヴァー?と一瞬思わせるような「Baltic Jam」を今日の1曲に。

ザ・マジック・ナンバーズの女性メンバー、ミシェル・ストッダートとの共作曲で先行シングル「In Trouble」、女性コーラスを擁したサイケなインスト・ナンバー「Theme From The Love Club」なども聴きものです。東尾沙紀



2018年5月16日(水) ダニー・コーチマー 「Sayonara」

5月28日(月)天辰保文氏トーク・イベントを当店地下カフェアゲインにて開催いたします。
記念すべき第10回目となる『Talking Man』、特集は<ダニー・コーチマーとその仲間たち>に決まりました。

-------------------
2018年5月28日(月)
PET SOUNDS RECORD presents
天辰保文 Talking Man Vol.10 ダニー・コーチマーとその仲間たち特集
ライヴ・カフェ アゲイン(武蔵小山)
18時半開場 19時半開演 入場料1500円
-------------------

キャロル・キング、ジェイムス・テイラーとの共演で知られる名ギタリスト、ダニー・コーチマー。
リー・スクラー、ラス・カンケル他、多くの名盤に関わった彼らの魅力を天辰保文さんに語って頂きます。
よろしければ5/28武蔵小山へどうぞお立ち寄りください。

さて、そのダニー・コーチマー、自身名義として久々オリジナル・アルバムが本日発売。

ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー『Honey Don't Leave LA』
(国内CD 36Pブックレット 天辰保文氏による解説・歌詞付 VSCD-3956 2,800円+税)
<当店にてお買い上げの方、6/17サイン会参加申込券を先着で差し上げています>

リー・スクラー、ラス・カンケルに加え、ワディ・ワクテル、ジム・コックス、スティーヴ・ポステルによる強力布陣。
更にジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・クロスビ-、マイケル・マクドナルドもゲスト参加!

ジャクソン・ブラウン大ヒット曲「Somebody's Baby」、『孤独なランナー』収録ダニー作「Shaky Town」、ジェイムス・テイラー/ジョーママで知られる「Machine Gun Kelly」、ドン・ヘンリーとの共作曲「New York Minute」等のセルフ・カヴァー他、新曲含めた全12曲。安心して聴ける大人のロック・アルバムに仕上がっています。

今日のこの1曲は、11曲目に収録されているダニー本人のペンによるオリジナル新曲「Sayonara」。
味わい深いスロー・ナンバーで、マイケル・マクドナルドがヴォーカル参加。

なお、6/14大阪ビルボード、6/16&18東京ビルボード、そして6/20ZEPP TOKYOにて来日公演も決定!
今作のバック・メンバーも一緒で、なおかつ6/20は小坂忠さん等と共演! 楽しみですね。森 陽馬



2018年5月15日(火)ラモント・ドジャー「Little Darling(I Need You)~Give Me Just A Little More Time」

1960年代モータウン・レーベルからはたくさんのヒットが生まれましたが、その中で最も多くのヒットを書いたのが、ブライアン・ホーランド、ラモント・ドジャー、エディ・ホーランドのソングライター・チームだと思います。

そのチームの一員、ラモント・ドジャーのセルフ・カヴァー集が発売されました。
ラモント・ドジャー『リイマジネーション』
(国内CD 28ページブックレット英文解説の和訳及び解説付 VSCD-3955 2,600円+税)

15年前ほどにもセルフ・カヴァー集を出しているラモント・トジャーですが、今回はピアノorギターをバックにシンプルなサウンドでじっくり自分の作品を歌ったものになっています。
そして、チョイ役的にですが、ゲスト・ヴォーカルが多く参加しているのにも注目です。

「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ」にグラハム・ナッシュ、「ハウ・スウィート・イット・イズ」にはジャズ・シンガーのグレゴリー・ポーター、「ディス・オールド・ハート・イット・イズ」にクリフ・リチャード、「ユー・キープ・ミー・ハンギング・オン」に、ルーマーなどが地味にですが参加しています。

とにかくヒット曲のオンパレード。シュープリームス、フォー・トップス、マーサ&ヴァンデラス、マーヴィン・ゲイ等の名曲がコンポーザーの歌で聴ける好企画アルバムです。

プロデュースはフレッド・モーリン。昨年発表されてソングライター・ファンの間で話題になったバリー・マン&シンシア・ワイル『プライヴェート・トレジャーズ』のプロデュースにも関わった人です。

今日のこの1曲は、マーヴィン・ゲイが1966年にスマッシュ・ヒットさせ、ドゥービー・ブラザーズがアルバム『運命の掟』の中でカヴァーした「リトル・ダーリン、アイ・ニード・ユー」と、1970年チェアメン・オブ・ザ・ボードが大ヒットさせた「ギヴ・ミー・ジャスト・ア・リトル・モア・タイム」をメドレーにした13曲目を。
盲目のピアニスト、ゴードン・モートのインパクトあるプレイも魅力です。森 勉



2018年5月14日(月) THE BEATNIKS 「I've Been Waiting For You」

昨日の<今日のこの1曲>で、ニール・ヤングという言葉が出てきたので、今日もニール・ヤングカヴァーを。

高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット、THE BEATNIKS(ビートニクス)。
2011年発表作『LAST TRAIN TO EXITOWN』から約7年ぶりとなる新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』に、ニール・ヤング「I've Been Waiting For You」カヴァーが収録されています。

THE BEATNIKS『EXITENTIALIST A XIE XIE』
(CD COCB-54260 3,000円+税)

高橋幸宏さんは以前にも「Only Love Can Break Your Heart」、「The Loner」、「Helpless」等、ニール・ヤング初期名曲をカヴァーしたことがありました。

「I've Been Waiting For You」は、ニール・ヤング1969年発表ソロ1stアルバムに収録されていたナンバー。
イントロの♪ハ~♪という謎の吐息部分もちゃんと再現していて、幸宏さんのニール愛を感じますね。

ちなみに、僕はこの曲を聴くと、2001年フジロックを想い出します。
夜も更けたグリーン・ステージに登場したニール・ヤング。
待ちわびた僕らの気持ちを代弁するかのように、この曲を2曲目に披露した時は感動&興奮しましたね。森 陽馬



2018年5月13日(日) The Magic Numbers 「Runaways」

イギリスの兄妹2組による4人組バンド、ザ・マジック・ナンバーズ。

2014年発表作『Alias』から約4年ぶり、5枚目となる新作『Outsiders』が発売になりました。

ザ・マジック・ナンバーズ『アウトサイダーズ』
(国内CD ボーナス・トラック3曲追加 メンバーによる解説・歌詞・対訳付 VJR-3209 2,400円+税)

<昔も、これからも、周りに合わせることなんてできない、特に今は。>
『アウトサイダーのためのアルバム』と語るフロントマン、ロメオ。

流行に捉われないメロディ、バンドの強みであるロメオと女性陣による特徴的なハーモニーを新作でも活かしながら、より骨太になったサウンドを聴かせてくれます。

スティーヴィー・ニックスを彷彿とさせるコーラス、全てを投げ捨ててでも突き進んでいく、という強い感情が込められた「Runaways」にはグッときました。

この曲に続く、ニール・ヤングの影響を感じさせる重厚な「Sweet Divide」も必聴です。

日本盤には、マグネティック・フィールズ「Papa Was A Rodeo」、ボブ・ディラン作「I Shall Be Released」、ニール・ヤング「Wrecking Ball」のカヴァー3曲を追加収録。

そして、久々の来日も決定!
7月6、7日、東京で行われるザ・ワイルドハーツのアコースティック・ライヴに、ゲスト・アクトとしての出演が予定されています。東尾沙紀



2018年5月12日(土) ライ・クーダー 「Straight Street」

本日、あるお客様が20年以上逢っていなかった知り合いの方と、当店の店内で偶然出会ったそうです。

そのお二人は1990年代関西のレコード店で同僚だったとのこと。
20年以上の時を経て、関西ではなく東京のこんな小さいレコード店で再会するというのが面白いですね。

話を伺ったら、片方のお客様はこちらへ来る途中車が急に不調となり、通常より1時間遅れて到着したそう。
いつも通り順調であったならば、お二人は再会しなかったでしょうから、人と人の縁というのは不思議ですね。

そんな出来事があった後、ライ・クーダー2018年発表新譜『The Prodigal Son』(ザ・プロディガルサン)を聴いていたら、人生は回り道のようでいて、実は予め決められたまっすぐな1本道だったりするのかな、と考えさせられました。

ライ・クーダー『The Prodigal Son』(ザ・プロディ・ガルサン)
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 HSU-10202 2,490円+税)

ロック、ジャズ、ブルース等様々なルーツに根差した楽曲と、彼の自作曲で構成された全11曲。

その中から今日のこの1曲は、1930年頃結成されたゴスペル・グループPilgrim Travelersのカヴァー。
ライの滋味溢れる歌声と演奏が沁みる「Straight Street」を。森 陽馬




これより以前に掲載した“今日のこの1曲”は、
 “今日のこの1曲 アーカイヴス” コーナーにてご覧になれます。■

トップページ