トップページ


 今日のこの1曲コーナー


ペット・サウンズ・レコード店にて、その日に店内でかけていた曲の中から
店員の独断と偏見で選んだ“今日のこの1曲”をご紹介いたします。

以前こちらで掲載した“今日のこの1曲”は“今日のこの1曲 アーカイヴス”コーナーにてご覧になれます。

◆こちらでご紹介している商品もご注文いただけます◆

くわしくは通販コーナー、もしくは直接こちらまでご連絡くださいませ。
(廃盤・生産中止になっている商品もございますので、その際はご了承くださいませ)



2021年7月31日(土) Los Lobos 「Sail On, Sailor」

ロス・ロボスによるルーツ探求カヴァー・アルバム!

彼らの地元であるアメリカ西海岸のアーティストの名曲をカヴァーした作品が発売されました。

Los Lobos『Native Son』
(輸入CD New West NW6516)

バッファロー・スプリングフィールド「Bluebird/For What It's Worth」、ジャクソン・ブラウン「Jamaica Say You Will」、WAR「The World Is A Ghetto」から、チカーノ・ソウルの名インスト曲、ルンバ、ラテン等のカヴァー、そして自身の新曲まで全13曲収録。ロス・ロボスの音楽的魅力が凝縮された1枚です。

そして、アメリカ西海岸といえば、このグループのカヴァーも入っていました!
ビーチ・ボーイズ「セイル・オン・セイラー」!

山のイメージがあるロス・ロボスだったので、少し意外な感じもしますが、これはナイス・カヴァー。
深遠な大海原をイメージさせる演奏と歌からは、彼らの音楽愛が伝わってきます。森 陽馬


★1,000円以上お買い上げの方、当店ロゴ入りハンカチプレゼント中!


★現在の営業時間は11時~20時。年中無休です。


2021年7月30日(金) Andy Partridge 「Ghost Train」

デモ音源集『Fuzzy Warbles』に続く新たなシリーズ?!

アンディ・パートリッジ(XTC)が他アーティストに提供するため書いた楽曲を自身でレコーディングした4曲入りのEPがリリースされました。

Andy Partridge『My Failed Songwriting Career Vol.1』
(輸入CD APEEP903CD)

ジャケットになぜか日本語で書かれた今作のタイトル『成功しなかった私の作曲キャリア』。
XTCの活動以降、作曲家としてのキャリアをスタートさせようとした中で提供曲として書かれたものの、様々な事情で世に出ることのなかった楽曲をピックアップし、新たに録音しています。

誰が歌う予定の曲だったのか各々ハッキリとした記載はないのですが、意味深なヒントが散りばめられたアンディ自身のライナーノーツを読んで想像を膨らませるのもまた面白いです。

キャッチーで疾走感あるポップ・ロック・ナンバー「Ghost Train」、ポール・マッカートニーのような曲をとの依頼で女性シンガーのために書いたという「Great Day」、クリス・ブレイドがストリングス・アレンジ/鍵盤で参加した「Maid Of Stars」、タイトルのリフレインが耳に残る「The Mating Dance」。

新曲としても楽しめる1枚となっています。東尾沙紀



2021年7月29日(木) エルヴィス・プレスリー 「恋の大穴」

昨日、エルヴィス・プレスリー愛にあふれた大滝詠一「いかすぜ!この恋」について書きました。

今日はそのエルヴィスの方を。

エルヴィス・プレスリー『エルヴィスのゴールデン・レコード第2集』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 SICP-4494 1,100円税込)

1958年から1959年にかけて発売されたシングル曲を中心にLP化されたベスト盤の第2集。
CD化に際してボーナス9曲をプラスした全20曲が収録されています。

その中に、大滝さんの「いかすぜ!この恋」の歌詞に出てくるタイトルが5曲入っています。
・「恋の大穴」(A Big Hunk O'Love)
・「望みがかなった」(My Wish Came True)
・「想い出の指環」(Wear My Ring Around Your Neck)
・「チャンス到来」(Doncha' Think It's Time)
・「冷たい女」(Hard Headed Woman)

この中から、今日は「恋の大穴」を。
1959年8月10日及び17日付の2週間に渡り全米チャートでNo.1を記録しています。

この頃、エルヴィスの曲を発売していたレコード会社には、競馬好きの人がいたのでは、というのが定説になっています。

「恋の大穴」の次のシングルは、「本命はお前だ」ですからね。森 勉


2021年7月28日(水) 大滝詠一 「いかすぜ!この恋」

大滝詠一のファースト・アルバム『大瀧詠一』が発売されたのは、1972年11月のことでした。

大滝詠一『大瀧詠一』
(国内CD KICS-2625 1,870円税込)

それまで、はっぴいえんどの大滝詠一、すなわち「春よ来い」、「12月の雨の日」、「いらいら」、「はいからはくち」など、グループの中での彼しか知らなかったファンは、ちょっとビックリしたアルバムでした。
なんてたって、一人多重コーラスのアカペラから始まりますからね。

個人的には、はっぴいえんどでの大滝詠一は、1960年代後半のロックが好きな人、という認識でしたが、このソロ・アルバムを聴いたことにより、1950年代後半~1960年代前半のポップスが相当好きな人、という認識も加わりました。

その想いの決定打は、やはりアルバム最後に収められていた曲「いかすぜ!この恋」でした。

やさしく愛して(Love Me Tender)、冷たい女(Hard Headed Woman)、本命はお前だ(Stuck On You)で始まるこの曲の歌詞は、全部エルヴィス・プレスリーの曲名で作られていて、ヴォーカル・スタイルもエルヴィスっぽいものになっていました。

「大滝さん、エルヴィスが大好きなんだ」
と、うれしくなる曲で、当時自分の中で、大滝さんの新しいイメージが出来上がった1曲でした。森 勉


2021年7月27日(火) ジェイムス・テイラー 「Your Smiling Face」(きみの笑顔)

センチメンタル・シティ・ロマンスの中野督夫さんが本日亡くなられたそうです。

センチのライヴは何度も拝見しましたし、当店及びアゲインにもお越しいただいたことがありました。
2018年6月に病で倒れた時もショックでしたが、逝去の報はそれ以上に哀しいですね。

思い返せば、中野督夫さんの周囲にはいつも笑顔が溢れていました。
そして、中野さんと話していると、音楽愛がひしひしと伝わってきました。

しばらく、センチの曲を聴くのはちょっと切ないなあ。...
ということで、今日のこの1曲は、中野督夫さんが大好きだったジェイムス・テイラーの曲を。

ジェイムス・テイラー『JT』
(国内CD 解説付 SICP-5437 1,100円税込)

「君の笑顔を見るたびに 僕もニッコリせずにはいられないのさ」
(ジェイムス・テイラー「Your Smiling Face」歌詞より)

1977年に発表された名盤『JT』の1曲目を飾る名曲「Your Smiling Face」(邦題:きみの笑顔)。
当時シングル・カットもされて、シングル・チャート最高位20位のヒットを記録しています。森 陽馬



2021年7月26日(月) ブリンズリー・シュウォーツ 「恋するふたり (Cruel To Be Kind)」

ウサギのジャケットが目印♪BeatleDNA(ビートルズの遺伝子)を受け継ぐグッド・メロディな楽曲を集めた日本独自企画盤『パワー・トゥ・ザ・ポップ』(2019年12月1日今日のこの1曲紹介)の第2弾が9月8日に発売されます。

XTC、デュークス・オブ・ストラトスフィア(XTC変名バンド)、エミット・ローズ、ニック・ロウ、ジュリアン・レノン、ELO、L.E.O、レッド・バトゥン、ザ・リカリッシュ・カルテット(fromジェリーフィッシュ)、ジェット、ファントム・プラネット等々...第1弾に続いてとても素敵過ぎるラインナップです。

ブログ『HIGH-HOPES(洋楽ロック)』ではコンピ第2弾制作にあたっての裏話が色々と公開されています。

XTCやエミット・ローズらと同じく第1弾収録を泣く泣く断念したというのがニック・ロウの「Cruel To Be Kind(恋するふたり)」なのだそう。色々とご苦労された様子と共に、許諾が下りた時の喜びも伝わってきます。発売が楽しみです。

1979年のソロ・ヒットとなった「恋するふたり」。
1974年にはブリンズリー・シュウォーツでレコーディングされています。
1975年にはバンドが解散。この曲が収録された7作目も当時発売が見送られました。

2017年にはイアン・ゴムによるリマスター&別ジャケで発売されましたが、幻の英国盤LPを元にした紙ジャケット&2021年リマスター&ボーナストラック1曲で再発されました。
ソロよりちょっとテンポの速いブリンズリーver。アレンジで結構印象が変わりますね。東尾沙紀

ブリンズリー・シュウォーツ『イッツ・オール・オーヴァー・ナウ』
(国内CD 解説付 WSBAC-145 紙ジャケット 2,860円税込)


2021年7月25日(日) デヴィッド・T・ウォーカー 「リボン・イン・ザ・スカイ」

7月21日今日のこの1曲でスティーヴィー・ワンダー「リボン・イン・ザ・スカイ」を取り上げました。
今日はその曲のカヴァー・ヴァージョンを。

ジャズ・シンガーのナンシー・ウィルソン。
90'sに活躍した3人組R&Bヴォーカル・グループ、イントロ。
日本人では、久保田利伸、三浦大知、EXILEのATSUSHI、MISIAなど(CD音源以外も含む)、色々なカヴァーがあります。

今日ご紹介するのは、デヴィッド・T・ウォーカーの「リボン・イン・ザ・スカイ」です。

デヴィッド・T・ウォーカー『THOUGHTS』
(国内CD 3008年発表 12曲収録 日本語解説付 UPCH-20113 2,619円税込)

歌のないギター・インストゥルメンタルですが、彼ならではのタッチから弾き出される歌心たっぷりの演奏は、「リボン・イン・ザ・スカイ」好きの琴線を震わせてくれるはずです。森 勉


2021年7月24日(土) ガル・コスタ 「Nao Identificado」(ナォン・イデンチフィカード)

<ブラジルが生んだ秘蔵の名盤>シリーズが100タイトル発売されました。

持ってて損なしの名盤/初CD化&入手困難盤が、解説・歌詞付(対訳付もあり)で1,000円+税!
こんな充実した内容&ラインナップでこのお買い得価格は、世界中見渡しても日本だけではないでしょうか。
現在、店内中央コーナーで展開中です。是非チェックしてみてくださいね。

今日のこの1曲は、60'sブラジルのトロピカリア・ムーヴメントを象徴する名盤から。

ガル・コスタ『gal costa』
(国内CD 生産限定盤 解説・歌詞付 UICY-79583 1,100円税込)

1945年サルヴァドール生まれの女性シンガー、ガル・コスタ。
カエターノとの共演作『ドミンゴ』に続き1969年発表された実質的ファースト・ソロ・アルバム。
ジルベルト・ジルがアレンジで参加し、ブラジル新時代を告げる実験的な雰囲気も加味された1枚です。

カエターノ・ヴェローゾ作の1曲目「Nao Identificado」(未確認飛行物体の意)。
サイケなイントロから、穏やかでメロウな歌曲に変わり、ラストはまたサイケなアウトロという不思議な1曲。
カルトなブラジル映画『バクラウ 地図から消された村』(2020年日本公開)のオープニングに使われました。森 陽馬


2021年7月23日(金) ジャクソン・ブラウン 「Still Looking For Something」

「わたしは今も何かを探し求めている。」
(「Still Looking For Something」歌詞より)

ジャクソン・ブラウン『Standing In The Breach』(
2014年10月7日今日のこの1曲紹介)以来、約7年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Downhill From Everywhere』が本日発売。

ジャクソン・ブラウン『Downhill From Everywhere』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 SICX-30122 2,860円税込)

2020年発売予定がコロナ感染もあって1年延びたこのアルバム。
冒頭の一節は、今作の1曲目「Still Looking For Something」歌い出しの言葉だ。
2021年で73歳を迎えるジャクソンだが、この歌詞が象徴しているように、現在と未来を見据えている。

ブックレットに掲載されたジャクソンが映っている写真のバックには、76年発表作『The Pretender』裏ジャケを彷彿とさせる、波打ち際にいる小さい子供が映っていた。
プラスティック廃棄物の海洋汚染について歌ったタイトル曲、移民問題をテーマにした「The Dreamer」。
未来をより良いものにしていくため、ジャクソンは前を向いて歌い続けるのだ。森 陽馬


2021年7月22日(木) 大木彩乃 「ハニー・ムーン」

1999年ビクターからデビュー。東京出身・秋田在住のシンガーソングライター、大木彩乃。
7月7日に配信先行で発売された初のカヴァー・アルバム『タイムトラベル』がCDでもリリースされました。

大木彩乃『タイムトラベル』
(国内CD 歌詞付 2,000円税込)

2021年7月に4作目『海に向かって歌う歌』をリリースしたかもめ児童合唱団の仮歌を大木さんが歌われていたことがきっかけで今作が生まれたのだそう。
かもめ児童合唱団の編曲を手掛ける菅原弘明氏との共同プロデュース、演奏もすべてお二人によるものです。

鈴木茂「砂の女」、大貫妙子「じゃじゃ馬娘」、荒井由実「雨の街を」、電気グルーヴ「かっこいいジャンパー」、ピチカート・ファイヴ「東京は夜の七時」、細野晴臣「ハニー・ムーン」、大滝詠一「カナリア諸島にて」の全7曲。

大木さんの伸びのある涼しげな歌声にマッチしている細野晴臣「ハニー・ムーン」カヴァーを今日の1曲に。
一音一音が美しいピアノも印象的です。

今作のCDはオフィシャルサイト通販・ライヴ物販、一部店舗のみで販売されています。東尾沙紀


2021年7月21日(水) スティーヴィー・ワンダー 「リボン・イン・ザ・スカイ」

待てど暮らせど、ニュー・アルバムを出してくれないスティーヴィー・ワンダー。
早く新しい曲が聴きたいですね。

ということで、今日はスティーヴィー・ワンダーの古い曲の中から「リボン・イン・ザ・スカイ」を。

この曲はオリジナル・アルバムには入っていない曲で、1982年発表LP2枚組ベスト・アルバム『Original Musiquarium Ⅰ』で初出した新曲4曲の内の1曲でした。

その新曲はそれぞれのディスクのラストに収められていて、この曲はディスク1のB面の4曲目に静かに、そして熱く収録されていました。
その前の曲が「You Are My Sunshine Of My Life」だったので、今でもこの曲が終わると「リボン・イン・ザ・スカイ」が頭の中で再生されてしまうほど、発売当初よく聴いた曲でした。

シングルでも発売され、1982年秋全米54位が最高位という成績に終わっていますが、個人的にはスティーヴィー・ワンダーのベスト3に入れたい曲です。森 勉

★掲載ジャケットは「リボン・イン・ザ・スカイ」収録、スティーヴィー・ワンダー3CDベスト盤。
スティーヴィー・ワンダー『ラヴ・ハーモニー&エタニティー グレイテスト50』
(国内3CD 解説・歌詞・対訳付 全50曲収録 UICY-1484 4,715円税込)


2021年7月20日(火) John Mayer 「Last Train Home」

<このアルバムは他でもないソブ・ロックだ。
もしもあなたが期待しているものと違ってても、まだこの先アルバムをたくさん作るから。>

<いま目の前で起きている現実ではなく、人々が願う時代のための音楽を創ること。
本当にもしかしてだけど、音楽は美しい希望を現実に変えられる力が少しはあるかもしれない。>
(ジョン・メイヤーによるセルフ・ライナーノーツより)

2021年でメジャー・デビュー20周年を迎えた名ギタリスト/シンガー、ジョン・メイヤー。
2017年作『The Search For Everything』(
2017年4月26日今日のこの1曲紹介)以来、約4年ぶり新作が発売。

ジョン・メイヤー『Sob Rock』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 SICP-31454 2,750円税込)

コンセプトは80's!
ドン・ウォズとの共同プロデュース作、タイトルは『Sob Rock』(むせび泣くロック)。
マイケル・ジャクソンやTOTOのバックで知られるグレッグ・フィリンゲインズ(Key)、レニー・カストロ他参加。
現代に呼応した80'sサウンドに、切ない男の心情が歌われています。

今日のこの1曲はアルバム中最も80'sを感じさせるTOTO的な①「Last Train Home」。
2021年3月のグラミー賞授賞式で共演した女性カントリー・シンガーMaren Morrisがゲスト参加。

アルバム全体的には彼らしいギターも随所で聴けて、メロウかつ心地良い仕上がりの1枚。
ジャケットやPVイメージから、80'sは苦手だなあと感じた方にも聴いてもらいたいですね。森 陽馬


2021年7月19日(月) テデスキ・トラックス・バンド 「Layla」

<僕が憶えている限り、最も古い記憶の中にあるイメージ。
そこにいるのは抽象的な、顔の一部が覆われたブロンド女性だ。>

<ギターを弾くようになった僕はデュアン・オールマンのスライドのサウンドのとりこになった。
「いとしのレイラ」での彼のプレイの精神、喜び、無謀さ、必然性のどれもが、僕が思う最高の形だ。>
(CDブックレットに記載されているデレク・トラックスインタビューより)

オールマン・ブラザーズ・バンドのドラマー、ブッチ・トラックスの甥として生まれたデレク・トラックス。
その名の通りデレク&ドミノスから名付けられ、名ギタリストに成長した彼が、自身のバンドを率いて『いとしのレイラ』を全曲カヴァーしたアルバムを発表しました。

テデスキ・トラックス・バンド『LAYLA REVISITED』(Live At Lockn')
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 日本盤ボーナス・トラック追加収録 UCCO-1228 4,070円税込)

2019年8月24日バージニア州アーリントンで行われたLOCKIN'フェスでのライヴ音源。
スーザン・テデスキとデレクを中心としたバンドに、ドイル・ブラムホールⅡ、トレイ・アナスタシオも参加。
オリジナル『レイラ』と同じ曲順&忠実なアレンジに、このバンドらしい熱量と愛が込められた名演です。

今日のこの1曲は、泣き叫ぶようなデレクのギターが炸裂する「Layla」。

ちなみに、スーザン・テデスキの誕生日は1970年11月9日。
デレク&ドミノス『レイラ』がリリースされたまさにその日だそう! ミラクルな巡り合わせですね。森 陽馬


2021年7月18日(日) マキシマム 「あしたてんきになれ」

村上ポンタのドラミングが好きな人、注目!

7月10日に紹介したウルトラ・ヴァイヴから発売されている名盤1,000円シリーズから、日本人アーティストものを。

マキシマム『マキシマムホット +2』
(国内CD UVPR-40032 解説・歌詞付 1,100円税込)

マキシマムは双子姉妹デュオで、1965年17歳でビクターからデビューした時はキューピッツという名でした。
ビートルズ「エイト・デイズ・ア・ウィーク」c/w「チケット・トゥ・ライド」、「シー・ラヴズ・ユー」c/w「ミスター・ムーンライト」等の曲を日本語でカヴァーしたシングルを出したりしていました。

そのキューピッツは60年代後半に活動を休止しましたが、70年代半ばにマキシマムと名前を変えて復活。
このアルバムを発表しました。
1975年27歳になった彼女たちが、トリオ・レコードから発表した時、僕個人のまわりではそれなりに話題になったレコードでした。

プロデューサーにミッキー・カーチス、アレンジに深町純、バック・ミュージシャンには深町純、村岡健、そしてこのアルバム録音時には(幻の)バンブーのメンバーとしてライヴを行っていた村上ポンタ、小原礼、大村憲司、浜口茂外也が参加しています。

「氷の世界」、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、「ファンキー・モンキー・ベイビー」、「マキシマムのヘイ・ユウ・ブルース」など、面白いアレンジのカヴァーが入っていますが、今日はポンタさんのドラムスがイントロから冴えているはっぴいえんどカヴァー「あしたてんきになれ」を。森 勉



2021年7月17日(土) Repercussions And Curtis Mayfield 「Let's Do It Again」

RECORD STORE DAY 2021、たくさんのご来店ありがとうございました。

東京は梅雨明けのピーカンな1日。暑かったですね。
そんな中、わざわざ店まで足を運んでいただいた皆さま、重ねてありがとうございます。
お気に入りの盤は見つかりましたでしょうか?

さて、昨日の中納良恵『ソレイユ』に続き、RSD2021アイテム中から僕のお目当てこの1枚。

V.A『A Tribute To Curtis Mayfield』(Blue And Grey Mix Vinyl)
(輸入2LP 限定カラー盤 Warner 9362489523)

カーティス・メイフィールドは1990年ステージに倒れてきた照明の下敷きになり脊髄を損傷。
命を取りとめたものの、ほとんど身体が動かなくなってしまいました。
今作はそのカーティスへ向けてのチャリティーと感謝を目的とした1994年発表トリビュート・アルバム。

アレサ・フランクリン、スティーヴィー・ワンダー、B.B.キング、ホイットニー・ヒューストン、アイズレー・ブラザーズ、グラディス・ナイト等ソウル界のみならず、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、スティーヴ・ウィンウッド、ロッド・スチュワート、フィル・コリンズ、エルトン・ジョン、レニー・クラヴィッツ他名ミュージシャンが多数参加!
カーティス作の名曲を各々個性的な素晴らしいアレンジでカヴァーしています。

今日のこの1曲は、カーティス本人が参加したリパーカッションズ&カーティス・メイフィールド「Let's Do It Again」。
身体が動かないカーティスは、ベッドで横になったままこの歌を録音したそう。
温もり溢れるカーティスの歌声を聴いて感涙したことが、昨日のように思い出されます。

発売から約27年を経て、この度初めてアナログ化!
針を落として、カーティスの曲と歌に改めて感謝を、そして心打たれたいですね。森 陽馬



2021年7月16日(金) 中納良恵 「ソレイユ」

<レコード店へ足を運び、レコードを聴いて音楽を楽しもう!>
2008年米国で始まった中小レコード店&アナログ・ファンのためのイベント、RECORD STORE DAY。
2021年は2回に分けて開催。大好評だった1回目6/12に続き、2回目は7/17に行われます。

当店で販売する予定の7/17発売RSD限定アイテムは以下。
イックバル、中納良恵LP3種、THE LOW-ATUS、BABYMETAL、冗談伯爵、U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS、今井優子(7inch)、川島明(7inch)、後藤輝基/レイザーラモンRG(7inch)、NON BAND(7inch)、Tokyo No.1 Soul Set(7inch)、ツチヤニボンド(7inch)、O'CHAWANZ、なんちゃらアイドル、グレンフェル/マニュエル・ピアンヴェニュ(7inch)、DEDE MOUSE&TANUKI(7inch)、三遊亭円丈(7inch)、クールス(7inch)、永原真夏(7inch)、稲村一志(7inch)。

Aretha Franklin、GANGWAY2種、Bob James、CSN&Y、Bob Dylan、Rolling Stones、Lou Reed、『Tribute To Curtis Mayfield』、Bill Fay、Ramones、Bjork×The Hamrahlid Choir、Candy Staton、Millie「My Boy Lollipop」(7inch)、Freddie Mercury(7inch)、The Flirtations(7inch)...etc。

今日のこの1曲は、即完売となりそうな中納良恵3種の中から、大好きな1枚『ソレイユ』。

中納良恵『ソレイユ』
(国内2枚組LP TFJC-38105 5,280円税込)

エゴラッピンの女性シンガー中納良恵、2007年発表初ソロ・アルバム。
2007年ベストにも選出したお気に入りの1枚! 本当に待望の初アナログ化です。

特に、TOKIE(ベース)、あらきゆうこ(ドラムス)と組んだ3曲目「ソレイユ」~4曲目「パステル」。

♪たとえられないくらい ドキドキしていたいんだ♪(「ソレイユ」歌詞より)
心臓の鼓動を踊らせるような彼女の歌とピアノが、忘れかけてた青春の景色を見せてくれます。森 陽馬



2021年7月15日(木) nanan 「セイヴ・ザ・ラスト・ダンス・フォー・ミー」

2021年6月23日発売<マスターピース・コレクション シティ・ポップ名作選>から紹介したいと思います。

7月8日今日のこの1曲で取り上げた斎藤誠と村田和人によるこの時だけのユニット21(トゥエンティーワン)。
『Blue Coast Inn』(1990年発表)、『GREETING +2』(1991年発表)の2枚は、当店でベストセラー続行中です。

今日はそのビクターのシリーズ中から、nananというユニットのアルバムを。

nanan(ナナン)『c'est du nanan』(セ・デュ・ナナン)
(国内CD 解説付 VICL-65527 1,980円税込)

このアルバムは2000年に発表され長らく廃盤になっていたもので、メンバーは浜口茂外也(フルート、パーカッション、ヴォーカル)、吉川忠英(アコースティック・ギター)、新川博(キーボード)、高水健司(ベース)、山本潤子(ヴォーカル)。

録音はハワイのホノルル。全体的にゆったり、リラックスのサウンドは、きっとこの土地の生活のテンポ感、空気感から生まれたものなんだと思います。

全8曲。インスト4曲、ヴォーカル(スキャット含む)4曲。
山本潤子の透明感あるヴォーカルも素敵ですが、今日は昔からのよしみがある浜口茂外也のヴォーカル曲。
6曲目に入っている「セイヴ・ザ・ラスト・ダンス・フォー・ミー」を。

彼ってイイ声をしているんですよね。
浜口茂外也のヴォーカルが全曲聴けるアルバムを作ってくれるレコード会社があるといいなーと思っています。森 勉


2021年7月14日(水) Martin Newell 「The Popular Girl」

BIG BEATレーベルが2019、2020年とリリースしてきたパワー・ポップ・コンピ最新盤が発売になりました。

V.A『Rockets Of Love! Power Pop Gems From The 70s,80s&90s』
(輸入CD CDTOP349)

ジャケットに登場しているチープ・トリックをはじめ、ザ・ナック、キンクス、マーシャル・クレンショウ、サーチャーズ、ザ・レコーズなど英米限らずメジャーどころから知る人ぞ知るバンドまで1980~90年代(一部2000年代も)のポップ・ナンバーを中心に集めた1枚♪

トム・ハンクス監督映画『すべてをあなたに』からザ・ワンダーズ「I Need You(That Thing You Do)」、イノセンツ「Sooner Or Later(邦題:そよ風にジャンプ)」、米バンドThe Vandaliasによるジグソー「スカイハイ」カヴァー、スミスを想起とさせるJosh Rouse「Winter In The Hamptons」、ブラッド・ジョーンズ1995年名作より「Never To Come Again」、トム・ワ―マン・プロデュースによるThe Producers...などなど全24曲を収録。

本日は英国のシンガーソングライター、マーティン・ニューウェル「The Popular Girl」を。
アンディ・パートリッジがプロデュースした1993年ソロ1st『The Greatest Living Englishman』のカセット・バージョンのボーナスとして収録されたのが最初だという爽やかなメロディの名曲です。東尾沙紀


2021年7月13日(火) B'z 「セクシャルバイオレットNo.1」

はっぴいえんどで1970年デビューし、2020年に作詞活動50周年を迎えた松本隆。
50周年記念トリビュート・アルバムが本日入荷。

松本隆作詞活動50周年トリビュートアルバム『風街に連れてって!』
(CD+LP+特典本『100%松本隆』 完全限定盤 COZP-1747 11,000円税込/通常CDのみ 3,300円税込)

アルバム全曲を亀田誠治がプロデュース。
吉岡聖恵、宮本浩次、幾田りら(YOASOBI)、横山剣、GLIM SPANKY、三浦大知、Daoko、池田イライザ、Little Glee Monstarメンバー等が松本隆作をカヴァー。ニューカマー川崎鷹也による「君は天然色」も収録されています。

中でも目玉は、B'zによる「セクシャルバイオレットNo.1」(桑名正博)カヴァー!
カヴァーをほとんどせず、自作以外に収録されることも滅多にないB'zの超貴重セッション!

この曲も亀田誠治プロデュースで、いつものB'zに一味加わったようなアレンジにも注目ですね。森 陽馬


2021年7月12日(月) Instant Cytron 「Ma petite fille」

片岡知子さんと長瀬五郎さんによるユニット、Instant Cytron(インスタント シトロン)。
今までリリースされてきたアルバムがアナログ化されています。

<2021年6月9日発売>
・1st『Change The World』
・2nd『CHEERFUL MONSTERS +4』
<2021年7月7日発売>
・3rd『LITTLE GANG OF THE UNIVERSE』
<2021年8月11日発売>
・4th『Una Marcia』
・5th『Utrecht & Maestro』

2020年10月20日逝去した片岡知子さんは、聴くのも買うのもほとんどがアナログ盤だったそうです。
このアナログ化をとっても喜んでいるでしょうね。

今日のこの1曲は、CDも同時再発された3rd『LITTLE GANG OF THE UNIVERSE』から。

INSTANT CYTRON『LITTLE GANG OF THE UNIVERSE』
(片岡知子&長瀬五郎解説付 国内LP MHJL-183 4,070円税込 / 国内CD MHCL-30681 2,750円税込)

NRBQのテリー・アダムス&トム・アルドリーノがセッション参加!
心がウキウキしてくるようなダンサブルで楽しい演奏・サウンドなのに、胸の奥がキュッと締め付けられるような、ちょっぴりセンチメンタルな気分にもなるグルーヴィー・ナンバー♪

なお、今回の再発盤各種を当店でお買い上げの方に、片岡知子さんが手掛けたイラスト・ロゴ入りA5クリア・ファイルを先着で差し上げています。森 陽馬



2021年7月11日(日) 安部勇磨 「ありがとさん」

雑誌POPEYE(ポパイ)2021年8月号『GOOD MUSIC なにはともあれ、いい音楽が必要だ』特集。
PET SOUNDS RECORDのことを特集記事の中でご紹介いただきました。
(マガジンハウス社 880円税込)

KEEPONくんが選ぶ音楽CDを当店で選出し店内で撮影しました。
54ページ目あたりに掲載されています。よろしければご覧くださいね。

そのポパイ最新号にインタビューが掲載されている安部勇磨(never young beach)。
彼の初ソロ・アルバム『Fantasia』から今日のこの1曲。

安部勇磨『Fantasia』
(国内CD POCS-23012 2,970円税込)

<令和のホソノハウス>!?
声も、歌も、演奏も、雰囲気も、細野晴臣1973年発表『Hosono House』の世界観!

香田悠真、善本康平(DYGL)、市川仁也(D.A.N.)、デヴェンドラ・バンハート参加。
更に、⑧「ありがとさん」含め、細野晴臣さんが4曲ミックスを手掛けています。

ややこしいことはひとまず置いてとりあえず一服、という気分にさせてくれる1枚。森 陽馬



2021年7月10日(土) ジミー・マクグリフ 「レッツ・ステイ・トゥゲザー」

日本のインディーズ・レーベル<ウルトラ・ヴァイヴ>が『名盤1,000円』シリーズを7月7日発売で始めています。

全部で111作品! 第2弾の7月21日発売でも123作品が用意されています。
日本ものあり、ジャズ、ソウル、ロック、ブルース、ブラジル、イージー・リスニング等、多ジャンルに渡ってマニアックなCDがラインナップされています。

今日はソウル好きもグッとくるジャズ・オルガンの隠れた名作を。

ジミー・マクグリフ『レッツ・ステイ・トゥゲザー』
(国内CD UVPR-40061 1,100円税込)

アル・グリーンが1971年暮れに発売して、1972年に大ヒットさせた「レッツ・ステイ・トゥゲザー」をオルガン・サウンドでナイス・カヴァーした1曲。
原曲が持つ独特のグルーヴをかっこよく再現してくれています。
1972年1月ニューヨーク録音。

4曲目に入っている「ホワッツ・ゴーイン・オン」もいい雰囲気に仕上がっています。

なお、このシリーズ5枚買って応募すると、このキャンペーン・キャラクターであるレコスケくんグッズがもれなくもらえます。詳しくは
こちらのページをご参照ください。森 勉


2021年7月9日(金) The Wallflowers 「The Dive Bar In My Heart」

ボブ・ディランの息子ジェイコブ・ディラン率いるロック・バンド、ウォールフラワーズ。
2012年作『Glad All Over』以来9年ぶり、7作目となるアルバム『Exit Sounds』が本日発売。

The Wallflowers『Exit Sounds』
(国内仕様CD NW6497CDJ 2,750円税込)

ローレルキャニオンで引き継がれる音楽の歴史を紹介したドキュメンタリー映画『Echo In The Canyon』(
2019年12月8日今日のこの1曲紹介)で楽曲演奏を手掛け、ナビゲート役としてトム・ペティへインタビューしていたジェイコブ。
今作はまさにそのアメリカン・ロックの魂と、トム・ペティの遺志を継ぐような1枚だ。

ブッチ・ウォーカーによるプロデュース。
ジャクソン・ブラウンのバックで近年ギターを弾いているVal McCallum、女性シンガーShelby Lynn他参加。
キャッチーなサウンド・アレンジに、武骨なアメリカン・ロック・サウンドが素晴らしい。

今日のこの1曲は、アメリカン・ロックの粋を集めた男気溢れる④「The Dive Bar In My Heart」。森 陽馬


2021年7月8日(木) 21 「真夜中のドア~STAY WITH ME」

村田和人ファン、斎藤誠ファン、要チェック!

村田和人、斎藤誠、重実徹によるユニット、21。
1990年発表1st『Blue Coast Inn』、1991年発表2nd『GREETING』が久々にCD化されました。
永らく廃盤状態、入手困難でしたのでうれしい再発ですね。

今日のこの1曲は、山根栄子(山根麻衣の妹)の清涼感ある歌声も魅力的な2nd『GREETING』から。

21『GREETING』
(国内CD ボーナス・トラック追加収録 最新リマスター&解説付 VICL-65524 1,980円税込)

オリジナルに加え「NO NO BOY」(スパイダース)、「幸せにさよなら」(ナイアガラ・トライアングル)カヴァー。
シティ・ポップブームで近年大人気の「真夜中のドア~STAY WITH ME」(松原みき)カヴァーも聴きもの。

なお、「オン・ザ・ユニバーシティ・ストリート」、「I LOVE TOKYO」が追加収録されています。森 陽馬


2021年7月7日(水) DYGL 「Bushes」

海外でも活躍する日本人男性4人組ロック・バンド、DYGL(デイグロー)の2年ぶり3枚目となる新作が発売になりました。

DYGL『A Daze In A Haze』
(国内CD 英詞&日本語詞付 HEC-087 2,750円税込)

2021年10~11月に日本各地19ヵ所を巡るツアーやフジロック'21の出演等が決定しているDYGL。

ライヴに行きたい!と思わせてくれる高揚感あるリード・トラック「Half Of Me」をはじめ、前作のグイグイ突っ切っていくようなガレージ・サウンドとはまた違った、90年代ロックを彷彿とさせるサウンドや、コロナ後の影響を感じさせる内省的な歌、一緒に口ずさめるようなポップなメロディが耳に残る1枚。

ポップな楽曲も良いですが、ギタリストSimonaka Yosuke作曲/メイン・ヴォーカルを担当したダウナーな雰囲気の「Bushes」が、今までのDYGLのイメージと異なり、これまたかっこいいです。

先着でDYGLのロゴが入ったミニ・ステッカーが付きます。裏面には4人の楽曲コメント等が読めるQRコード付♪
今作のインスピレーション源となった様々なミュージシャンの名前が登場しています。東尾沙紀


2021年7月6日(火) 山弦 「クリといつまでも」

一服の清涼剤になるような音楽/ギター・インスト新譜この1枚。

小倉博和と佐橋佳幸によるアコースティック・ギター・デュオ、山弦。
2004年発表作『Island Made』以来、17年ぶり6作目のアルバム『TOKYO MUNCH』が発売されました。

山弦『TOKYO MUNCH』
(国内CD 萩原健太氏による解説付 UICZ-4493 3,300円税込)

『INDIGO MUNCH』(1999)、『hawaiian munch』(2002)に続く、MUNCHシリーズ第3弾となるカヴァー作。
キース・ジャレット「Country」、サイモン&ガーファンクル「Mrs. Robinson」、ピート・シーガー作反戦歌「Where Have All The Flowers Gone」(花はどこへ行った)他、各々のセルフカヴァーも収録した全9曲。

今日のこの1曲は、サザン/桑田ファンならお馴染みの迷曲「クリといつまでも」カヴァーを。
山弦結成のきっかけとなった桑田佳祐中心のユニット、SUPERCHIMPANZEE名義で1991年シングル発売。
桑田佳祐『フロム・イエスタデイ』(1992)ラストに収録されていたのも懐かしいですね。

ブックレットには、二人が使用したギターのモデル名&型番が曲毎に記載されています。森 陽馬



2021年7月5日(月) Brownsmith 「July Moon」

武蔵小山駅前に2棟目の高層マンション(40階建!)が竣工、先月末から入居が始まったようです。

武蔵小山には高層マンションがあと何棟か建築予定で、計画中の3棟に関する説明会を今月実施とのこと。
このHPを始めた2005年は電車がまだ地上を走っていましたし、街並みは本当に変化しましたね。
(当店
コラム・コーナーのフォト・ギャラリーに、武蔵小山駅の昔の写真を掲載しています)

景観の遷り変りに伴い、うちの店から見える空はどんどん狭くなっていきます。
虹が見えた!とか、月がきれい!という日でも建物の陰に隠れてしまったり...。

さて、今日紹介するのは、貴重な梅雨の晴れ間に心地良く聴ける70'sロックな1枚から。

ブラウンスミス『BROWNSMITH』
(国内仕様CD 金澤寿和氏解説付 VSCD-5973 2,970円税込)

Don BrownとGarrett SmithによるユニットBROWNSMITHが1973年発表した唯一のアルバム。
CSNにウエスト・コースト風味を加えたようなサウンドで、シンガー・ソングライター系AORお好きな方にオススメ。

イントロから聴こえる虫の音とエレピのメロウな響き、そしてサックス&トランペットの音色が情熱的に絡む5曲目「July Moon」を今日のこの1曲に。森 陽馬


2021年7月4日(日) ラスカルズ 「ICY WATER (冷たい仕打)」

1971年、ラスカルズはそれまで所属していたアトランティック・レコードを離れ、コロンビア・レコードと契約して新しいアルバムを発表しました。

ラスカルズ『ピースフル・ワールド』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 SICP-4972 1,430円税込)

このアルバムから、エディ・ブリガッティとジーン・コーニッシュが脱退し、メンバーはキーボードのフェリックス・キャヴァリエとドラムスのディノ・ダネリだけになっています。

この2人をサポートするのは、ギターのバジー・フェイトン、ベースのチャック・レイニー、サックス/フルートのジョー・ファレル、パーカッションのラルフ・マクドナルド、ベースのロン・カーター、フルートのヒューバート・ローズなど、ニューヨークの精鋭ミュージシャンです。

ポール・ゴーギャンによるタヒチの楽園的な絵画を使用したジャケットは、LP時代は2枚組見開きジャケットだったので、なかなかの迫力でした。

今作には全部で12曲入っていますが、10曲がフェリックス・キャヴァリエ、2曲がバジー・フェイトンの作品です。
今日はバジー・フェイトン作の「冷たい仕打」(ICY WATER)を。
昔からこの曲を聴くと、はっぴいえんど時代の鈴木茂の曲を思い浮かべてしまいます。森 勉


2021年7月3日(土) Nina Simone 「To Love Somebody」

「タイムマシーンがあったら観に行きたいライヴは?」
以前に何度も考えたことがあるこの質問。
枚挙にいとまがないほど沢山ありますが、ニーナ・シモンのこのライヴも候補に入るでしょう!

Nina Simone『Nina Simone The Montreux Years』
(輸入2枚組CD BMG CAT461DCD/限定アナログ2LPもあり)

スイス/モントルーにて1967年初開催されたモントルー・ジャズ・フェスティヴァル。
2020年はコロナ禍で中止されたものの、現在も継続して行われている世界有数の音楽フェスです。

そのフェスを創設した故クロード・ノブス氏所有の貴重ライヴ音源が多数発掘!
<The Montreux Years>シリーズとしてBMGから発売されていくことになりました。
第1弾リリースは黒人女性シンガー、ニーナ・シモンとエタ・ジェイムス。

ニーナ・シモンは1968年、1976年、1981年、1987年、1990年の5回出演。
そこからの選りすぐり+1968年初出演時のフル音源が今作2CDに収録されています。
歌の求心力はもちろんのこと、ピアニストとしての素晴らしさも伝わる名演揃い!

ボブ・マーリィ「No Woman No Cry」カヴァーをやっている1990年ライヴ音源等も魅力ですが、今日のこの1曲は1968年からビージーズ「To Love Somebody」カヴァー。メンバー紹介から曲へ入っていく展開がいいですね。
ちなみに、ビージーズのカヴァーはもう1曲、「Please Read Me」も披露されています。森 陽馬


2021年7月2日(金) ビー・ジーズ 「I Started A Joke」

2021年6月末から日本で劇場公開されている台湾映画『1秒先の彼女』を鑑賞してきました。

『ラブ ゴーゴー』、『祝宴!シェフ』などで知られる台北出身のチェン・ユーシュン監督最新作です。
ほのぼのとした(観る人によってはちょっとホラー?)夏にぴったりのファンタジー/ラブストーリーでした。

台湾はバレンタインが年2回あり、主に男性から女性にプレゼントを贈る「七夕情人節(チャイニーズ・バレンタインデー)」があるのだそうです。
人よりワンテンポ早く行動してしまう主人公の女性から何故かすっぽりと抜け落ちてしまったバレンタインデーの1日。
その日の行方を追う彼女と、そのカギを握る彼女の仕事場に毎日現れていた影のある男性。

2人それぞれの視点で展開していく物語、手作り感のある演出、ラジオDJの印象的な言葉、バスが走る美しい夕景。
謎解き的な面白さもあり、ラブコメなど苦手な方にもオススメしたい作品です。

エンドロールで流れるのはビー・ジーズ「I Started A Joke」。
映画を観た後だと詞の内容が男性のキャラクターとリンクしているようでしんみり。
でも爽やかな気持ちで映画館を出ることができました。東尾沙紀

★掲載ジャケットは「I Started A Joke」収録。
ビージーズ『アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ』
(国内2枚組CD 解説・歌詞・対訳付 UICY-15769 3,080円税込)


2021年7月1日(木) ikkubaru 「City Hunter」 1985 Remix by Emiri Kanou

PET SOUNDS RECORDが選ぶ2020ベストにも選出したインドネシア発バンド、イックバル。

入手困難となっていた2014年発表作『Amusement Park』(
2015年2月25日今日のこの1曲紹介)と、2015年作『Brighter』(2015年12月25日今日のこの1曲紹介)に、レア・トラックがたくさん追加収録された2CDが発売。

イックバル『アミューズメント・パーク エクスパンデッド・エディション』
(国内2枚組CD HYCA-8012 解説・歌詞・対訳付 3,080円税込)

日本未発売2012年デビューEP『Hope You Smile EP』収録曲や、『Amusement Park』インドネシア盤のみのボーナス曲、2017年来日時会場限定発売されたCD-R等、どの曲も完成度が高く、イックバルサウンドお好きな方は必聴!
2014年&2015年作は持っている、という方にもマストなCDですね。

今日のこの1曲は今作のみのトラック!ディスク2のラスト⑰「City Humter」 1985 Remix by Emiri Kanou。
人気曲「City Hunter」を、加納エミリがエレ・ポップ色濃いめのアレンジを施しリミックス♪
エミリ印なシンセ&間奏が素敵です。シングル化希望! 森 陽馬


2021年6月30日(水) Ilid Kaolo(イリー・カオルー) 「Longing」(あなたをさがして)

<台湾のシャーデー>!?
台湾出身女性シンガー、イリー・カオルー(Ilid Kaolo/以莉 高露)。
ピーター・バラカンのラジオ『ウィークエンドサンシャイン』で紹介された新作国内盤が本日発売。

イリー・カオルー『Longing』
(国内CD 短編小説本付 3,300円税込/CDのみ 2,750円税込)

小池龍平(bonobos/LITTLE TEMPO)が4曲編曲&演奏を担当。
田村玄一(スティール・ギター)、内田直之参加。
彼女の美しい歌声とオーガニックな演奏が、深く心に響く1枚です。

今日のこの1曲はタイトル曲③「Longing」(あなたをさがして)。
彼女が現在暮らしている自然豊かな台東。
海や波を想起させる穏やかな空気と彼女の奥深いルーツが伝わってきます。

なお、付属の短編小説本には収録曲それぞれの物語を掲載。
日本統治時代を生きた青年の切ない物語やアミ族に伝承される神話等が綴られています。森 陽馬


2021年6月29日(火) 中納良恵 「待ち空」 feat折坂悠太

薄明りの空が徐々に黄金色へ変わり始める。
明け方のマジックアワーと言われる時間だ。

刻々と変化していくその空を眺めていると、過去のさりげない瞬間がフラッシュバックする。
懐かしい場所や人。でも、そこへはもう2度と戻れない。
哀しいような、でも、心がほっと温まるような。

エゴ・ラッピンの女性シンガー、中納良恵2021年発表ソロ作『あまい』収録。
今日のこの1曲「待ち空」feat折坂悠太は、そんな郷愁を誘うナンバーだ。

中納良恵『あまい』
(国内CD初回限定DVD付 先着特典ソノシート付 TFCC-86762 4,730円税込/CDのみ 3,300円税込)

「あの丘の向こうには何があるの?」
魂揺さぶる折坂悠太と中納良恵の歌声は、追憶と共と新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれる。
そう、夜は明け、かけがえのない朝は必ずやってくるのだ。森 陽馬


2021年6月28日(月) Bonnie Raitt & NRBQ 「Green Lights」

2015年癌と診断され長期療養中のジョーイ・スパンピナート(元NRBQ/スパンピナート・ブラザーズ)。
闘病中である彼のために企画されたトリビュート・チャリティー・アルバムが発売になりました。

V.A『ア・スウィート・レリーフ:トリビュート・トゥ・ジョーイ・スパンピナート』
(輸入国内仕様CD 解説付 BSMF-8051 2,640円税込)

幼い頃のジョーイが微笑む可愛らしいジャケット♪今作の収益はジョーイの医療費に充てられるとのこと。
彼の友人や縁のある人物、NRBQの音楽を愛する豪華アーティストが参加しています。

ベン・ハーパーwithキース・リチャーズ,チャーリー・マッセルホワイト,ベンモント・テンチ,ドン・ウォズら、元NRBQのアル・アンダーソン、ロス・ロボス、ピーター・ケイス、シー&ヒム、スティーヴ・フォーバート、ザ・マイナス5、ザ・ニルス&クリス・スペディング他、最後はジョーイとその妻カミィ・ライルの心地良いデュエットで締め括られます。

本日はその中からボニー・レイットとテリー・アダムスら現NRBQのメンバーでレコーディングされた「Green Lights」(『At Yankee Studium』収録曲)を。

ボニー・レイット1982年作『Green Light』でも取り上げられており、嬉しい再演♪
オリジナルの印象的なギター・フレーズと共にスライド・ギターによるソロもふんだんに聴かせてくれます。東尾沙紀


2021年6月27日(日) デイヴ・ブルーベック・クアルテット 「テイク・ファイヴ」

スタン・ゲッツ、ジミー・スミス、リー・モーガン、キャノンボール・アダレイ、ラムゼイ・ルイス、ウエス・モンゴメリーなど、これらのジャズメンは1960年代ヒットチャート上に登場した曲で知りました。

僕の音楽感を育ててくれた1960年代ヒットチャートの中に現代のようなジャンル分けはなく、いろいろなものが混在していました。
ポップスはもちろん、クラシック的なもの、シャンソン、カンツォーネ、カントリー、フォーク、R&B、ブルース。
全部ヒット曲の中の1曲として聴けた時代でした。
ジャズはラジオからもよく流れていましたし、ポップなメロディーを持ったものは口ずさんだりできるものもありました。

今日はそんな1曲。
デイヴ・ブルーベック・クアルテット「テイク・ファイヴ」を。

デイヴ・ブルーベック・クアルテット『タイム・アウト』
(国内CD 日本語解説付 「テイク・ファイヴ」収録 SICP-30236 1,980円税込)

1961年アメリカでも、イギリスでも、シングル曲としても、LPとしても大ヒット。
僕がラジオをよく聴くようになった1963年頃でもよくかかっていました。

デイヴ・ブルーベックが弾く(今で言うとループのような)ピアノのリズムに、軽やかなポール・デスモンドのアルト・サックスがメロディーを刻んでいく...。途中、ジョー・モレロのドラムス・ソロがとてもクール! 森 勉


2021年6月26日(土) ニッキ・パロット 「Lotta Love」(邦題:溢れる愛)

ニール・ヤング2021年上半期は怒涛のリリース・ラッシュでした。
過去のライヴ音源、CSN&Yデジャヴ50周年盤等、関連アイテムが多く発売されましたね。

2021年下半期はブートレグ・シリーズというアーカイヴ・リリースが始まり、1970年カーネギー・ホールでのライヴ音源が夏頃発売予定でしたが、2021年11月以降へズレ込むそう。

そのかわり、新作をクレイジー・ホースと一緒に現在録音中!
更に、ニール大先生は「カナリア」というタイトルの小説を書き上げたそうで...。
いやはや、下半期も色々出そうですね。

さて、ちょっと一服といった感じで、ニール・ヤングカヴァーで今日のこの1曲。

ニッキ・パロット『Great 70's』
(国内CD 日本語解説付 VHCD-1291 2,934円税込)

オーストラリア出身女性ジャズ・ヴォーカリスト、ニッキ・パロット。
2021年新作は1970年代名曲カヴァーを中心に収録した全14曲。

ジョン・レノン「イマジン」、ボズ・スキャッグス「ウィ・アー・オール・アローン」、スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョン等素晴らしい名曲の中にあって、栄えある1曲目がニール・ヤング「Lotta Love」カヴァー!
ニコレット・ラーソンが歌い1978年ビルボード・シングル・チャート全米8位を記録したナンバーですが、「Heart Of Gold」(ニール・ヤング唯一の全米1位楽曲)ではなくこの曲を選んだのがいいですね。アレンジもナイス♪ 森 陽馬


2021年6月25日(金) リトル・フィート 「Dixie Chicken」

「はっぴいえんどにロックの秘密を教えてくれたのはリトル・フィートだった」 細野晴臣氏による帯文より

リトル・フィートファン必読の書籍が発売されました。

 『リトル・フィート物語』
(亜紀書房 440ページ ベン・フォン=トーレス著、丸山京子翻訳、天辰保文解説 3,278円税込)

イーグルスやデッド本も手掛けたベン・フォン=トーレスが2013年発売したリトル・フィート本の日本語訳書籍。
読み応えある原著に加え、天辰保文氏による解説&バンド関係図等、リトル・フィート愛が詰まった1冊!
彼らの音楽に触れたことがある方ならば、是非手に取ってもらいたい本ですね。

今日のこの1曲は、リトル・フィート1973年発表(1972年録音)名盤『ディキシー・チキン』から。
(国内CD 完全限定ハイレゾCD WPCR-18241 3,080円税込)

楽曲制作をしていたローウェル・ジョージとマーティン・キビー(Fred Martin名義)が、ローレル・キャニオンからの帰宅途中、たまたま目にした鶏料理レストランの看板「ディキシー・チキン」に影響を受けて書いたそう。
ニューオリンズ音楽を吸収し、リトル・フィート風味に味付けされた濃厚な味わいがクセになる代表曲です。森 陽馬



2021年6月24日(木) 星野源 「不思議」

星野源の新曲「不思議」/「創造」のCDが発売になりました。

シングルCDとしては2018年2月「ドラえもん」以来、大ヒット・アルバム『POP VIRUS』が出たのが2018年12月でしたから、形のあるCDとしては2年半ぶりということになります。

彼の作る気持ちいい流れに身を任せたようなメロディーと、時代の先端の雰囲気を取り入れたリズムが一体となって耳に飛び込んできます。

今回は4曲入りです。
「不思議」はTBSドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌。
「創造」はスーパーマリオブラザーズ35周年テーマソング。
「うちで踊ろう」(大晦日)は2020年SNSで話題となった曲の完全版。
「そしたら」は「親が大人になるつつある子のことを想いながらパスタを作る歌です」と曲解説にありますが、2010年発表ファースト・アルバム『ばかのうた』に入っていた「茶碗」を思わせる星野源独特の視点を感じる1曲。なかなか奥深い歌です。

今回のCD発売はちょっとややこしいのですが、違う内容の映像が付いたものが各々ブルーレイ付又はDVD付で出ていまして、5種の中から選べるようになっています。
・CD+ブルーレイ初回限定感謝盤 VIZL-1915 4,500円税込
・CD+DVD初回限定感謝盤 VIZL-1916 4,500円税込
・CD+ブルーレイ初回限定宴会盤 VIZL-1917 4,000円税込
・CD+DVD初回限定宴会盤 VIZL-1918 4,000円税込
・CDのみ通常盤 VICL-37610 1,300円税込

感謝盤は10周年記念コンサート+ドキュメンタリー131分収録。
宴会盤はYellow Pass Live Streaming+打ち上げを含むドキュメンタリー122分収録。
共に、星野源と山岸聖太による楽しいオーディオ・コメンタリーも入っています。森 勉



2021年6月23日(水) Max Bloom 「Palindromes」

イギリスの男性シンガーソングライターで、東京発ロック・バンドLuby Sparksのプロデュースを手掛けたことでも知られるマックス・ブルーム。

2020年ベスト・アルバムに選ばせていただいたソロ1st『パフューム』から約1年。
2作目となる最新アルバム『ペデストリアン』が発売になりました。

マックス・ブルーム『ペデストリアン』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 ボーナス・トラック2曲追加 KRSE29 2,750円税込)

8年付き合って別れた彼女への想いや辛い気持ちを整理するため制作された前作。
2021年2月にはフロントを務めたバンドYuck(ヤック)が10年の節目に解散。
ミュージシャンでもある新恋人(アンナ・ヴィンセント/新作では共作曲も)もできたのだそう。

晴れよりは曇り空が似合う内省的な雰囲気は変わらないけれど、新たな幸せを見つけて<ペデストリアン=1人の歩行者>として一歩踏み出したこともしっかりと感じさせてくれます。

繊細な心の内やコロナの影響を反映させたような曲もある中、恋人アンナの事を歌った楽曲も。
Annaの名を回文になぞらえた「パリンドロームス」では、長年の友人関係が恋に変わる衝動が表現されていてドキッとしてしまいました。東尾沙紀


2021年6月22日(火) 秘密のミーニーズ 「やさしいことば」

「何を探していたか見失って 夜明け前の海辺を歩きだした
6月の波に風が吹いていて あぁ広い空今日も雲ばかり」
(秘密のミーニーズ「やさしいことば」歌詞より)

秘密のミーニーズは、CSN、The Byrds他60~70's米国ウエスト・コースト・ロックをフェイヴァリットに挙げている渡辺たもつ中心に、菅野みち子、青木利文、高橋U太、相本廉による東京発ロック・バンド。
2017年発表『イッツ・ノー・シークレット』(
2017年9月14日今日のこの1曲紹介)は当店で大好評でした。

この度、メンバー菅野みち子ソロ作(
2020年4月1日紹介)を経て、彼らの5曲入り最新作が本日入荷。

秘密のミーニーズ『down in the valley』
(国内CD 5曲収録 HYCA-8018 1,800円税込)

今日のこの1曲は、渡辺たもつのスティーヴン・スティルス愛が所々に感じられる④「やさしいことば」を。

菅野みち子が今作以降活動停止し、新たなサポートメンバーを入れてミーニーズは活動を続けていくそうですが、グッド・タイム・ミュージックをこれからも作り続けていってほしいですね。

なお、当店の先着特典として、眼福ユウコさんによるジャケット・イラストのマグネットを差し上げています。森 陽馬



2021年6月21日(月) 吉田美奈子 「かびん」

吉田美奈子の初めてのアルバム『扉の冬』が発売になったのは1973年9月21日。

そう、はっぴいえんど解散コンサートと言われるイヴェント、“CITY -Last Time Around-”が行われたその日に発売されました。

このライヴには吉田美奈子も参加していて、というか、このライヴの口火を切ったのは彼女だったと記憶しています。
ヴァイオリンなど弦楽器の数人をバックに、彼女のピアノ弾き語りが中心のステージでした。

オープニングという緊張した雰囲気が漂い観客が静聴している中で、彼女の曲と歌は文京公会堂の隅々まで届く説得力を含んでいたように思います。

そのライヴから数日後、レコードを買って聴いたところ、今までの日本の音楽では味わったことがなかった女性シンガー・ソングライターの世界があることに驚きました。
全9曲すべて名曲! 好サポートのキャラメルママの音にも注目。
その『扉の冬』が最新リマスターCDで再発されました。

吉田美奈子『扉の冬』
(国内CD 除川哲朗氏による新ライナーノーツ付 CDSOL-1970 3,080円税込)

このアルバムの中でのアコースティック・ピアノはすべて吉田美奈子自身が弾いているものですが、間奏でなんとも味わい深いリード・ピアノが聴ける「かびん」を今日の1曲に選びました。

荒井由実『ひこうき雲』が発売される2か月前に、このアルバムは届けられていたんですね。森 勉


2021年6月20日(日) The Thrills 「Big Sur」

プール、砂浜、水着の女の子...まさに夏!なミュージック・ビデオも含め、ザ・スリルズの曲「Big Sur」は今でも夏になるとフッと口ずさんでしまう好きな1曲です。

2003年にデビュー作『So Much For The City』(トニー・ホッファープロデュース作)をリリースし、2008年の活動休止までに3枚のアルバムを発表。それ以降復活する兆しを見せないまま現在に至るアイルランド出身の男性5人組バンドです。

ザ・○○ズという名前の新人バンドが色々と登場した2000年代初頭。
ガレージっぽいサウンドのものが多かった印象がありますが、ウエスト・コースト・サウンドへの憧れを滲ませるサウンドとハーモニーを強調したポップな彼らの楽曲はどの時代にも受け入れられそうな普遍的な魅力があります。
(コナーの濃い顔立ちとソフトな歌声のギャップもまた印象深いです。)

「Big Sur」他人気曲を多数収録した2003年の1stアルバム『So Much For The City』アナログ盤がRSD2021でレッド・カラー盤でリリースされました。(当時出たアナログは希少盤!) 東尾沙紀

(輸入LP 3530176)


2021年6月19日(土) Van Dyke Parks & Veronica Valerio 「Veracruz」

「ヴァン・ダイク・パークス、狂気の弦アレンジがすごい!」(細野晴臣)
FMラジオ『デイジー・ホリデー』でオンエアされ細野晴臣さんも大絶賛したこの1曲。

Van Dyke Parks & Veronica Valerio『Only In America』
(輸入10インチ・アナログ BMG 538674431 CDの発売は現時点でなし)

当店に来店していただいた(2013年なのでもう8年経つんですね)こともある巨匠ヴァン・ダイク・パークス。
メキシコ/ベラクルスで活動中の女性シンガー/ハーピスト、ヴェロニカ・ヴァレリオ。
コロナ禍のためリモートでコラボし録音された4曲入。

メキシコの名作曲家Agustin Lara(アグスティン・ララ)による楽曲「Varacruz」カヴァーはA面1曲目に収録。
ヴァン・ダイクらしいリズム感あるストリングスとハープが融合したサウンドは、古き良きアメリカン・ルーツ/メキシコ音楽の過去の焼き増しではなく、今僕らが生きているこの新しい時代の空気を震わせます。森 陽馬


2021年6月18日(金) メリー・ホプキン 「瞳はるかに」

ビートルズが設立したレコード会社アップルから新人女性シンガーがデビューしたのは1968年でした。

彼女の名はメリー・ホプキン!
デビュー曲「悲しき天使」(Those Were The Day)は本国イギリスでは1位、アメリカでは2位、日本でも洋楽としては大ヒットを記録しました。

今日のテーマは、その曲でも、ポール・マッカートニーが作った「グッバイ」でもなく、「瞳はるかに」という曲。

「瞳はるかに」は原題を「Lontano Dagil Occhi」と言って、イタリア語の曲です。
昔のレコードの解説によると、原題の直訳は「瞳から遠くに」になるそう。
タイトルの言葉が出てくるサビのメロディーがなんとも胸に沁みてくる曲です。

1969年1月イタリアで発売され、その年のサンレモ音楽祭で第2位に輝いた楽曲です。
60年代中~後半のサンレモ音楽祭はイタリア人と外国人が一組になり、イタリア人の作った楽曲を各々歌って、その楽曲単位で審査されるという音楽祭でした。
この曲を歌ったイタリア人はセルジョ・エンドリゴという作者の一人にクレジットされている男性でした。
ちなみにエンドリゴさんは前年1968年に「君を歌う」で優勝したイタリアで人気のシンガーです。

メリー・ホプキンのこの曲は1970年になってから「夢みる港」(Temma Harbour)のB面としてイタリア以外の国でも発売されました。現在ではこのベスト盤で聴けます。森 勉

★メリー・ホプキン『ベスト・オブ・メリー・ホプキン』
(国内CD TOCP-8307 2,990円税込)


2021年6月17日(木) David Byrne's AMRICAN UTOPIA 「Born Under Punches (The Heat Goes On)」

映画『アメリカン・ユートピア』を渋谷シネクイントにて鑑賞。
大好評とは聞いていましたが、なんと上映1時間前に満席! 久々に一番前の席で映画を観ました。

トーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンによるブロードウェイ・ミュージカル『アメリカン・ユートピア』。
2020年1月7日今日のこの1曲紹介) それをスパイク・リー監督とタッグを組みアレンジした映像作品。

とにかく最高の映画でした!
2021年No.1と呼び声が高いのも納得の素晴らしさでしたね。

2021年で69歳を迎えるデイヴィッド・バーン。
1984年『ストップ・メイキング・センス』(ジョナサン・デミ監督)の興奮や躍動感を軽く凌駕するとは...。
バーン以外の出演者、特にダンサー2人と黒人女性ギタリストがかっこよくて釘づけになりました。

ステージ上で実際に演奏しているのを証明するため、メンバー紹介から曲に入っていく「Born Under Punches (The Heat Goes On)」(トーキング・ヘッズ『Remain In Light』収録曲)が良かったなあ。
「Everybody's Coming To My House」では、ユーモアを交えながら移民問題にも触れてましたね。
歌、演奏、ダンスの躍動感だけでなく、芯のある強靭なメッセージが伝わり感動しました。

いつかDVD化or配信もされると思いますが、映画館で是非見て欲しい作品です。森 陽馬

★掲載ジャケットは『David Byrne's AMERICAN UTOPIA On Broadway Original Cast Recording』
(輸入2枚組CD Nonesuch 7559792301)


2021年6月16日(水) Sara Watkins 「Good Night」

ニッケルクリーク、I'm With Herなどで活躍するアメリカのシンガー/フィドル奏者サラ・ワトキンス。
兄ショーンとのユニットWatkins Family Hourのアルバム(
2020年7月26日今日のこの1曲紹介)も記憶に新しい彼女がソロ名義で<子ども達のための音楽>をリリースしました。

Sara Watkins『Under The Pepper Tree』
(輸入CD NW6505)

ドリーミーな「Pure Imagination」(『チャーリーとチョコレート工場』より)に始まり、「星に願いを」や「ララルー」などのディズニー・ソング、サラの娘さん(3歳)が参加したほのぼの「エーデルワイス」、「ムーン・リヴァー」、ニルソンやメリー・ポピンズの楽曲他、彼女が幼い頃から親しんできた曲を中心にセレクト。
大人も子どもも楽しめる1枚となっています。

ニッケルクリークのメンバーであるクリス・シーリーと兄ショーン・ワトキンス、I'm With Herのイーファ・オドノヴァンとサラ・ジャローズが参加したオリジナル曲もあり、それぞれ絶妙なハーモニーを聴かせてくれます。

今日の1曲は今作のプロデューサーTyler Chesterのピアノに乗せて歌うビートルズの「Good Night」を。
やさしい歌声からは<皆が1日1日を穏やかに心地良くすごせますように>という彼女の想いが伝わってきます。
東尾沙紀



2021年6月15日(火) 流線形/一十三十一 「悲しいくらいダイヤモンド」inst

大滝詠一『A LONG VACATION』のジャケットを手掛けた永井博さんにスポットを当てた番組が放映されます。

2021年6月19日(土)22時~22時半
テレビ東京系列『新美の巨人たち』
「永井博『A LONG VACATION』×爆笑問題・田中裕二」

2021年40周年を迎えたロンバケに纏わる話や、わたせせいぞうさんへのインタビュー、そして、永井博さんご本人によるアトリエ制作過程映像もあるようで楽しみですね。

今日のこの1曲は、最近リリースされた永井博さん描き下ろしジャケット作品を。

流線形/一十三十一『悲しいくらいダイヤモンド』
(国内7インチ・アナログ イエロー・クリア・カラー盤 完全限定 KMKN-82 2,200円税込)

NHKドラマ『タリオ 復讐代行の2人』のサントラ的作品、流線形/一十三十一『Talio』(
2020年11月11日今日のこの1曲紹介)からの7インチ・シングル・カット。B面インスト・ヴァージョンはCD未収録、初アナログ化です。森 陽馬


2021年6月14日(月) FAY 「This Is A Blessing」

City Popと同じように、City Soulという言葉も近年よく使われるようになりました。

黒人音楽/ブルース等特有の味わい深い演奏&渋い歌ではなく、洗練されたソウルフルなサウンド。
ブルー・アイド・ソウルやAORでも感覚的にシティ・ソウルと称されるようになってきています。

今日は、そのシティ・ソウル隠れた名盤をご紹介。

FAY(フェイ)『This Is A Blessing』
(国内CD 世界初CD化 完全限定紙ジャケット仕様 解説:小渕晃 PCD-94036 2,640円税込)

1980年代からアメリカのL.A.を拠点に活動していた女性シンガーFay Hill。
彼女が1981年にMichael Orrプロデュースで発表した1stアルバムが世界初CD化。

ポップな楽曲、ギターカッティング&グルーヴィーな演奏がかなりいいですね。
今日のこの1曲は①「This Is A Blessing」。歌がなかなか始まらない長いイントロが良いっ! 森 陽馬


2021年6月13日(日) IVY LEAGUE 「Willow Tree」

アイヴィー・リーグは1960年代後半に活躍したイギリスのグループ。
作曲家コンビとして名を売っていたジョン・カーターとケン・ルイスにペニー・フォードを加えた3人組。
後期にはトニー・バロウズも加わっていたことがあったそうです。

そんな彼らの1965~69年の音源が全51曲収録された2枚組CDが出ました。

The IVY LEAGUE『This Is The Ivy League/Sounds Of The Ivy League/Tomorrow Is Another Day+EP&Bonus Tracks』
(輸入2枚組CD BGO BGOCD1439)

イギリスでシングル・ヒットした「Funny How Love Can Be」、「That's Why I'm Crying」、「Tossing And Turning」をはじめ、ビーチ・ボーイズ「Don't Worry Baby」カヴァーや、ソフト・ロックファンはみんな大好きなサジタリアスがカヴァーした「My World Fell Down」のオリジナル・ヴァージョンなど、ブリティッシュ・ビートのハーモニー・ポップがお好きな方におすすめの曲がいろいろ入っています。
2021年6月6日(日)ラジオ番組『宮治淳一の名盤アワー』の雨特集でかかった「Rain Rain Go Away」も入っています。

今日のこの1曲は、ファルセットをうまく使ったコーラスが印象に残る1966年シングル「Willow Tree」を。森 勉


2021年6月12日(土) プリシラ・アーン 「Ride On Time」(山下達郎カヴァー)

本日2021年6月12日はRECORD STORE DAYでした。
たくさんのご来店ありがとうございました。

<RSD2021アイテム 当店の売れ行きベスト5>
・細野晴臣『あめりか』
・ハリー&マック
・柄本明『What's Going On』
・氣志團『One Night Carnival』
・プリシラ・アーン『Ride On Time』

上記5タイトル、店頭在庫まだございます! お早めにどうぞ。

さて、今日のこの1曲はベスト5の中から、プリシラ・アーンによる山下達郎カヴァーを。

プリシラ・アーン『RIDE ON TIME/WAITING』
(国内7インチ・アナログ 完全限定盤 NKS-735 2,090円税込)

1984年アメリカ/ジョージア州生まれ女性シンガー・ソングライター、Priscilla Ahn(プリシラ・アーン)。
山下達郎1980年発表名曲「Ride On Time」を日本語カヴァー!
なおB面には、オリジナル新曲「Waiting」が収録されています。森 陽馬


2021年6月11日(金) Ella Fitzgerald 「Summertime」(1960)

<レコード店へ足を運び、レコードを聴いて音楽を楽しもう!>
中小レコード店&アナログ・ファンのためのイベント、RECORD STORE DAY。

当店で販売する6/12発売RSD洋楽アイテムは以下になります。
STEELY DAN『Two Against Nature』、Donny Hathaway『Live』、Joni Mitchell『Archives vol.1 Highlights』、Prince『The Truth』、The Thrills『So Much For The City』、Elton John『Regimental Sgt.Zippo』、U2『Fire』ピクチャー、AC/DC『Through The Mists Of Time』ピクチャー、Joe Strummer『Junco Partner』ピクチャー、Janis Joplin『Pearl』ピクチャー、The Police『LIVE! Vol.1』、Elvis Costello『La Face de Pendule ~』、Jim Croce、The Cure『Faith』、Me'Shell Ndegeocello『peace beyond passion』、ミシェル・ルグラン『太陽が知っている』、Keith Richards『Wicked As It Seems』7inch、Haim『Gasoline』7inch、V.A『Dedicated To You:Lowrider Love』、Hilton Felton、Ella Fitzgerald、etc...。

大幅にショートした商品もございまして、店頭品切れとなった場合はご了承くださいませ。

今日のこの1曲は、RSD2021洋楽アイテムの中から面白い盤を。

Ella Fitzgerald『Original Grooves:Ella In Berlin』
(輸入12inch Verve 356-1129 3,520円税込)

このレコードは通常の盤と異なり溝が2本平行にあって、針を置く位置によりかかるトラックが違う!という1枚。
題して、Original Grooves/parallel groovesシリーズ!

このエラ・フィッツジェラルドの12インチ、A面は「Mack The Knife」の1960年verか1962年ver。
B面は「Summer Time」の1960年verか1962年verのどちらかがかかる、という珍しいレコードです。
Record Store Dayらしいリリース・アイテムですね。森 陽馬


2021年6月10日(木) 柄本明 「What's Going On」

<レコード店へ足を運び、レコードを聴いて音楽を楽しもう!>
2008年米国で始まった中小レコード店&アナログ・ファンのためのイベント、RECORD STORE DAY。
2021年はコロナ禍のため、6月12日(土)と7月17日(土)の2回に分けて行われます。

当店で販売する6/12発売RSD国内盤アイテムは以下。
細野晴臣、ハリー&マック、柄本明、氣志團、フジファブリック、くるり、れいちも、コシミハル、佐藤博、吉田美奈子、プリシラ・アーン、モップス、The Pen Friend Club、銀杏BOYZ、嶋野百恵、冗談伯爵、Nulbarich、上田正樹、パフォーマンス、クールス、BUZZ、Neighbors Complain、知久寿焼、青山テルマ、杏里、AWANE、Helsinki Lambda Club、NIRVANA、J.A.K.A.M.feat七尾旅人、LUCKY TAPES、Pictured Resort、SHOGOSTARTER、Ryohu、ONEGRAM、オカモトショウ、鮫肌尻子とダイナマイト、日向敏文、『江戸の旋風』、山屋清、『explore the wonderful voices of bleu?』、『松岡きっこのラブラブ25時』、脇田もなり、etc...

輸入盤の販売予定アイテムは明日告知しますね。
(なお、RSD商品はご予約を受け付けておりません。ご了承くださいませ。)

今日のこの1曲は、RSD2021注目アイテムの中からとびきりの珍盤を。

柄本明『What's Going On』
(国内7インチ CRK1025 2,200円税込)

1986年発表斎藤誠プロデュース作『What's Happening!』収録。マーヴィン・ゲイ名曲カヴァーが初7インチ化!
オリジナルLPは高値ですからね。要チェックの1枚です。 森 陽馬



2021年6月9日(水) 木下弦二(東京ローカル・ホンク) 「mountains in my heart」(心の中の山脈)

僕が日本で一番好きなバンド、東京ローカル・ホンク。
そのリーダーである木下弦二さんが、インスト・ソロ・アルバム『NOSSO NOISE』を発表しました。

木下弦二『NOSSO NOISE』(ノッソ・ノイズ)
(CD NNR-001 2,500円税込)

コロナ禍の2020年5~6月に1人多重録音で制作された人力アンビエント・サウンド。
「日々の暮らしの中で積み上げられた時間は、お金や何か他のものと交換するためにあるのではない」
そんなことを考えながら音を重ねていったそうです。

今日のこの1曲は3曲目「mountains in my heart」(心の中の山脈)を。
白昼夢に、心の中の山脈で漂っているような、そんな浮遊感ある音世界。

台所で食器を洗う時や洗濯物を畳む時など生活の背景音を目指したという作品。
正に、『Music For Airports』(ブライアン・イーノ)ならぬ、『Music For Everyday Life』な1枚♪ 森 陽馬



2021年6月8日(火) アレサ・フランクリン 「Never Grow Old」(生命は永遠に)

映画『アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン』を渋谷ル・シネマにて鑑賞。

1972年1月13、14日L.A.の教会で行われたアレサ・フランクリンのゴスペル・コンサート。
シドニー・ポラックが撮影を手掛けたものの、映像と音の技術的な問題によりお蔵入りしていた映像作品。

ジェイムズ・クリーヴランド師を中心にバーナード・パーディ、チャック・レイニー、コーネル・デュプリー他参加。
会場へ見に来ていたミック・ジャガー&チャーリー・ワッツの姿も少し映っています。
アレサは当時29歳。神懸かった歌声に圧倒されました。

この映画を観て想い出したのは、ニューオリンズのジャズ・フェスティヴァルへ初めて行った時のこと。
そのフェスにはステージが大小10以上あり、その中にゴスペル・テントというステージもありました。
様々な教会のゴスペル・クワイアがパフォーマンスを披露しているそのテントには誰でも入ることができます。
歌や演奏もさることながら、隣席の黒人おばあちゃんと手を取り合った際の感触は今でも残っています。森 陽馬

★掲載ジャケットは、アレサ・フランクリン『至上の愛~チャーチ・コンサート~完全版』
(国内2枚組CD 英文解説日本語訳付 WPCR-18413 3,850円税込)



2021年6月7日(月) 1910フルーツガム・カンパニー 「バブル・ガム・ワールド」

バブルガム・ミュージックと呼ばれた音楽の隆盛は短期間でしたが凄いものがありました。

1968~9年にかけてのことでした。
好き嫌いは別にして、その時代に洋楽を聴いていた人たちは皆その存在を認識していたのではないでしょうか。

レモンパイパーズ「グリーン・タンバリン」、オハイオ・エクスプレス「ヤミー・ヤミー・ヤミー」、1910フルーツガム・カンパニー「サイモン・セッズ」。
この3組は1967年に創設された新しいレーベル、ブッダ・レコードのアーティスト達で大ヒットとなりました。

コロナ禍で殺伐とした世の中に明るい音楽を、ということで、今日は1910フルーツガム・カンパニーを。
(“ナインティーン・テン・フルーツガム・カンパニー”と読みます)

1910フルーツガム・カンパニー『ベスト』
(国内CD 全28曲収録 解説・歌詞・対訳付 BVCM-35297 1,980円税込)

シングル・ヒットではありませんが、「バブル・ガム・ワールド」。
「サザエさん」をテレビで見たことがある方には、「あっ」と思うフレーズが出てくる曲です。森 勉



2021年6月6日(日) 山下達郎 「Tokyo's A Lonely Town」

夏に向けて、楽しみなリリース情報が色々発表されました。

まず、ビーチ・ボーイズ『フィール・フロウズ:サンフラワー&サーフズ・アップ・セッションズ1969-1971』。
ビーチ・ボーイズ1970年発表『サンフラワー』と1971年発表『サーフズ・アップ』期の音源135曲を5CDに収録。
そのうち108曲が未発表音源! 5CD BOXは完全限定盤。7月30日発売予定です。

そして、山下達郎『ARTISAN』30周年記念盤。
1991年発表作『ARTISAN』が2021年最新リマスター&ボーナス・トラック追加で再発。
当時CDへの移行時期でアナログ盤は発売されなかったため、待望の初アナログ化でもあります。
こちらは8月18日発売。「さよなら夏の日」が沁みる時節ですね。

今日のこの1曲は、その『ARTISAN』(アルチザン)から。
トレイドウインズ(アンダース&ポンシア)の名曲「New York's A Lonely Town」を、Tokyoへ変えカヴァーした「Tokyo's A Lonely Town」。
ビーチ・ボーイズ愛も伝わる一人多重コーラス。大好きなナンバーです。森 陽馬


2021年6月5日(土) Gary Louris 「Jump For Joy」

僕が大好きなアメリカン・ロック・バンド、The Jayhawks(ジェイホークス)。
2020年発表作『XOXO』(
2021年1月17日今日のこの1曲紹介)も良質な作品でしたね。
その中心人物であるGary Louris(ゲイリー・ルーリス)のソロ作が発売されました。

Gary Louris『Jump For Joy』
(輸入CD SHAM 39755CD)

Gary Lourisソロ名義は2008年発表『Vagabonds』以来2作目。
作詞作曲・プロデュース、録音、演奏全て彼自身で手掛けた全10曲オリジナル作。

一人多重録音作なのでフォーキーな感じかと思いきや、彼本来のグッドメロディーやポップさはそのままに、自由度広がったロック・サウンドなアレンジ。新バンド的な雰囲気で楽しめます。
今日のこの1曲は、シンセの音色等がブリティッシュな感じもある①「Almost Home」。

ジャケット・イラストは息子Henry Louris。
Jeff Tweedyからのコメント「He has the voice of an angel. It's like some heavenly voice singing some serious venom」と記された赤いシールが貼付されています。森 陽馬


2021年6月4日(金) Chris Thile 「Won't You Come And Sing For Me」

台風のような突風&雨の1日だったが、オンエア中台風の目の中にいる静寂を感じることができた1枚。

Chris Thile『LAYSONGS』
(輸入CD nonesuch 75597916188/輸入LPもあり)

パンチ・ブラザーズの名マンドリン奏者、クリス・シーリー。
コロナ禍の2020年夏、ニューヨーク州の古い教会を使った音楽スタジオにて録音。
妻Claire Coffeeとの共同プロデュース、彼の唄とマンドリンのみによる2021年新作。

超絶なマンドリンの奏、クリスの温かい歌声、そして、音の隙間。
彼の誠実な人柄が滲み出るような研ぎ澄まされた一音一音に心が洗われるようだ。

今日のこの1曲は、ラスト9曲目「Won't You Come And Sing For Me」。
ブルーグラス界の女性先駆者で2011年逝去しているHazel Dickens作。
クラシック、ジャズ、ロック、様々なジャンルを行き交う彼の切実なルーツが投影されたカヴァーだ。森 陽馬


2021年6月3日(木) Alex Chilton with Hi Rhythm Section 「Trying To Live My Life Without You」

最近気に入ってよく聴いているロック/リズム&ブルース・ライヴ・アルバムこの1枚♪

Alex Chilton and Hi Rhythm Section『Boogie Shoes:Live On Beale Street』
(輸入CD OVCD-420)

アレックス・チルトン(BOX TOPS、BIG STAR)がハイ・リズム・セクションをバック・バンドに従え、1999年メンフィスで行った唯一無二のライヴ・パフォーマンスが初CD化。
闘病中だったFred Fordのトリビュート・コンサート音源で、それを企画したDavid Lessが所蔵していたそう。

アル・グリーン他サザン・ソウル名作を多数生み出したハイ・リズム・セクションの素晴らしい演奏に、アレックスのヘロヘロな歌とギターがいい塩梅に混じり合って最高にゴキゲン!

今日のこの1曲は、オーティス・クレイで有名なハイ・レコード名曲「Trying To Live My Life Without You」。
バンドの3管ホーンが超イイ感じ!
Lamar Sorrentoが手掛けたジャケット・イラストも味があって良いですね。森 陽馬



2021年6月2日(水) Jeff Tweedy 「Even I Can See」

ウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディ。
2020年10月に配信先行でリリースした最新ソロ・アルバムがCDでも発売になりました。

Jeff Tweedy『Love Is The King』
(輸入CD DPBM 005-20 CD)

コロナによるロックダウンでウィルコのツアーが延期になり、自身を元気付けるために書き始めたという楽曲を、スペンサー(ジェフとのユニットTWEEDYでも活躍)とサミーの息子2人と共にプライベート・スタジオで1日1曲ずつレコーディングしていったという本作。

歪ませたギターにのったりとしたリズム、ポップな曲も交えながら、のんびりとしたフォーク/カントリー調の楽曲が並んでいます。

誰かが去っていく悲しみや孤独や不安を歌う曲の中で耳に残ったのが、ジェフ自身が重ねたアコースティック/エレキ・ギターが心地良い音色を奏でている「Even I Can See」。
ジェフが奥さんへあてたラブレターのような詞が素敵な1曲です。東尾沙紀


2021年6月1日(火) クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング 「Know You Got To Run」

デヴィッド・クロスビー(ザ・バーズ)
スティーヴン・スティルス(バッファロー・スプリングフィールド)
グラハム・ナッシュ(ホリーズ)
この3人に、ニール・ヤングが加わったクロスビー、スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)。

1970年発表ロック名盤『デジャ・ヴ』の50周年記念盤が発売されました。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング『Deja vu』 50th Anniversary Deluxe Edition
(国内仕様限定4CD+LP キャメロン・クロウによる解説翻訳・歌詞・対訳付 WPZR-30905 11,000円税込)

オリジナル作に、未発表デモ、アウトテイク、オルタネイトを加えた4CD+LP。
ニール&ナッシュによる「Birds」、ナッシュがジョニ・ミッチェルと一緒に「Our House」を仲睦まじく歌っているデモ、後半のジャムが圧巻「Almost Cut My Hair」10分強の初期ヴァージョン他聴きもの音源多数!

今日のこの1曲は、CSN&Yの4人が集まって最初に録音したという「Know You Got To Run」。
本編ラスト「Everybody I Love You」の元になった楽曲で、スティルスの圧倒的な才気が感じられます。

ちなみに、キャメロン・クロウによる解説は当時の録音状況がわかるもので必読な内容。
翻訳が付いている国内仕様盤がオススメです。森 陽馬



2021年5月31日(月) レイニッチ 「真夜中のドア ~Stay With Me~」

シティ・ポップ・ブームの過熱ぶりは近年凄いですね。
その盛り上がりを象徴するような7インチ・アナログ盤が発売されました。

レイニッチ『真夜中のドア ~Stay With Me~』
(国内7インチ・アナログ 完全限定クリア・ピンク・カラー盤 MHKL-44 1,980円税込)

レイニッチ(Rainych)は、インドネシア在住20代の女性シンガー。
彼女は来日経験なく日本語も話せないそうですが、耳で聞き憶えた日本語で様々な歌をカヴァー。
その歌をネット上にアップし驚異の再生回数を記録しています。

中でも、特に人気の松原みき「真夜中のドア ~Stay With Me~」カヴァーがこの度限定アナログ化!
切ない歌&メロディーに、彼女の清らかな歌声が合っていますね。
ちなみにB面には菊地桃子「BLIND CURVE」カヴァーが収録されています。森 陽馬


2021年5月30日(日) リンディスファーン 「レディ・エレノア」

このページで何枚か紹介しているユニヴァーサル・レコードから4月28日に発売した<ロック黄金時代の隠れた名盤1965-1975編>の評判がいいです。

プログレあり、グラムあり、フォークあり、ハードあり、ソフトあり、サイケあり、と昭和40年代+1(1965-1975年)のロック裏名盤がなんと税込1,100円(2枚組のものは1,650円)で買えるチャンスですからね。

今日ご紹介するのは、昔それなりによく聴いたのに今回再発されるまで忘れた存在になっていたリンディスファーンというグループです。

リンディスファーンは1970年代前半に活躍したイギリス/ニューキャッスル出身5人組。
1972、73年、日本のラジオでも「レディ・エレノア」、「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」が時々流れていました。
牧歌的で温かみのあるアコースティックなサウンドが魅力です。

1973年に来日もして、NHKの音楽番組にも出演し、「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」を演奏したシーンが記憶に残っています。

セカンド・アルバム『フォグ・オン・ザ・タイン』のラストに入っている「ノー・タイム・トゥ・ルーズ」は、センチメンタル・シティ・ロマンスの1stアルバム1曲目「うちわもめ」の元になった曲(?)。
作者の中野督夫さんもリンディスファーン聴いていたのかな?ということを今回の再発で発見しました。

今日は1970年発表1stアルバムに入っていて、シングルとしては1972年に全英チャート第3位を記録した「レディ・エレノア」を。森 勉

リンディスファーン『ナイスリー・アウト・オブ・チューン』
(国内CD 解説・歌詞・対訳付 UICY-79472 1,100円税込)


2021年5月29日(土) The Recreations 「Swing Together」

マシュー・スウィート、ベン・フォールズ・ファイヴ、初期ティーンエイジ・ファンクラブなど90年代ポップ・ロックを彷彿とさせる、とびきりキャッチーなサウンド&ハーモニーが気持ち良い!

洋楽ファンの方にもオススメの日本人アーティスト、The Recreations(レクリエーションズ)の1stアルバムです。

The Recreations『The Recreations』
(国内CD 歌詞付 PCD-94031 2,640円税込)

The Recreationsは、2000年代半ばレフリーというユニットで活動していた南葉洋平によるソロ・プロジェクト。
作詞・作曲・すべての楽器演奏を自身で手掛け、英語詞(④「Winter Balloon」を除く)による楽曲は、ポップスのいろんなエッセンスが詰まっていて聴いているととても楽しいです。

口笛のフレーズ、ワクワク感を煽る多重コーラスが聴きもののピアノ・ポップ「Swing Together」を今日の1曲に。
この曲を聴いてThe Sonic Executive Sessionsが思い浮かびました。

歌詞は英語/日本語の両方が掲載されています。
猫×女の子のジャケットも可愛くて目を引きます。(デザインはCentral67木村豊さん) 東尾沙紀


2021年5月28日(金) Veronica Lewis 「You Ain't Unlucky」

2003年生まれ米国ニューハンプシャー州出身なので、これを録音した2020年時点では17歳!
若さ弾けるピアノ・プレイに、伸び伸びとした歌いっぷりがかっこいいデビュー作です。

ヴェロニカ・ルイス『You Ain't Unlucky』
(国内仕様CD 日本語解説付 BSMF-2731 2,420円税込)

僕がニューオリンズで見て好きになったMarcia Ballを彷彿とさせるピアノ&ヴォーカル。
2020年ボストン・ミュージック・アワードにてベスト・ブルース・アーティストを受賞したのも納得の1枚♪

今日のこの1曲は、タイトル曲①「You Ain't Unlucky」。
ファッツ・ドミノ+ジェリー・リー・ルイス的、コロコロと転がりながらもエネルギッシュなロックするピアノがNice!
カヴァーではなく、ルーツを引き継いだオリジナル曲というのもいいですね。森 陽馬



2021年5月27日(木) Maria Muldaur with Tuba Skinny 「Let's Get Happy Together」

ひと昔前のライヴ・ハウスは、開演前はもちろん公演中も喫煙OK。
場内が煙でモクモク、なんてことが時々ありました。(今じゃ考えられないですねー)

そんな当時、マリア・マルダー来日公演へ行ったら、入り口付近に以下のような但し書きが。
<本日の公演は、出演者の意向により場内禁煙となります。ご了承ください。>

「Midnight At The Oasis」発売頃のような澄んだ声ではなく、ブルージーな歌ではありましたが、プロとして声に気をつかっているのだな、と感じたものです。

さて、2021年で78歳を迎えるマリア・マルダーの新作アルバムが本日入荷しました。

マリア・マルダー・ウィズ・チューバ・スキニー『Let's Get Happy Together』
(国内仕様CD 日本語解説付 BSMF-2730 2,640円税込)

ニューオリンズで結成4管8人編成のユニット、TUBA SKINNY(チューバ・スキニー)とのコラボ作。
<プリザベーション・ホールでマリア・マルダーが歌っているような雰囲気♪>
とてもほのぼのして、超ゴキゲンな1枚です。

今日のこの1曲は、ルイ・アームストロングの妻であったLil Hardin Armstrongによる1938年作カヴァー「Let's Get Happy Together」。クラリネットの音色に癒されます。森 陽馬


2021年5月26日(水) アントニオ・カルロス・ジョビン 「ルック・トゥ・ザ・スカイ」

だんだん汗ばむ季節になってきました。
そんな時期が来ると聴きたくなるのがこのCDです。

アントニオ・カルロス・ジョビン『波』
(国内CD 解説付 UCCU-5762 1,650円税込)

ジョビンのピアノとギター演奏が主体の作品で歌は入っていませんが、昔から大好きなアルバムです。
音が流れ始めると、さわやかな風が吹いてくるようなサウンドなんですよね。

クラウス・オガーマン編曲・指揮による品の良いオーケストレーションも、職人芸とはいえ見事な心地良さです。

今日はオーケストラとジョビンのギターつま弾きがうまくハーモニーを奏でている③「ルック・トゥ・ザ・スカイ」を。
1967年5月下旬、アメリカ/ニュージャージーでの録音です。森 勉



2021年5月25日(火) Gerry Beclkey 「Calling」

今月発売されたレコード・コレクターズ誌2021年6月号は『1971年の音楽地図』特集。
(湯浅学氏による1971年アメリカの音楽に関する論評が素晴らしい文章!)
1971年に発表された様々なジャンルの名作がたくさん紹介されています。

僕が好きな1枚、アメリカ『名前のない馬』も1971年リリースで発売50周年なのですね。
ジェリー・ベックリーの歌とメロディーは、時を経ても、甘酸っぱい青春の薫りを漂わせています。

そのアメリカデビュー50周年を祝してか、ジェリー・ベックリーのベスト盤が新しく発売。

ジェリー・ベックリー『Keeping The Light On : The Best Of Gerry Beckley』
(国内仕様3枚組CD 金澤寿和氏による解説付 5,940円税込)

ソロ5作からと、ベックリー・ラム・ウィルソン『Like A Brother』から1曲、及び未発表5曲を追加した2CD全20曲。
更に、ジェリー・ベックリー作を洋楽女性シンガーがカヴァーした9曲入ボーナスCDが同封されています。

今日のこの1曲は
2009年ベストにも選出した大好きな1曲ジェフ・ラーソン「Calling」を、ジェリー・ベックリーがセルフ・カヴァーしたヴァージョン。何時聴いてもセンチメンタルな気分に浸れるナンバーです。森 陽馬


2021年5月24日(月) 雪村いづみ 「銀座カンカン娘」

雪村いづみさんのお生まれの場所が、大岡山だということを最近知りました。

大岡山は当店がある武蔵小山から3つ目の駅です。
この路線は20年程前まで目黒線という名称ではなく、目黒と蒲田を結んでいたので目蒲線と呼ばれていました。
現在のような地下ではなく、地上を走っていたので、たくさんの踏切があり、道路交通上は問題があったのでしょうが、それはそれで風情がありました。

そういえば、大岡山は目蒲線の他に大井町線も通っていたので、東工大前の踏切はかなり距離があったような気がしますが、時代の流れと共にそういうものはどんどん消えていってしまうんですね。

将来、アルバム『ペット・サウンズ』のラストに入っている踏切の前を通る電車の音も、頭の中でその光景を思い浮かべることができない世代だらけになるんでしょうか・・・。

話がかなり飛んでしまいましたが、雪村いづみさんに戻ります。
今日は1974年に発表された名作を。

雪村いづみ『スーパー・ジェネレイション』
(国内CD 解説・歌詞付 COCA-71139 2,409円税込)

昭和の大作曲家、服部良一が作った名曲をその息子、服部克久がストリングス・アレンジを施し、同世代の雪村いづみが歌うというなんともすてきな企画のアルバム。
コンボ演奏はキャラメル・ママ!

今日のこの1曲は、細野晴臣&林立夫の変拍子リズムをバックに、軽やかにスウィングするいづみさんがかっこいい「銀座カンカン娘」を。森 勉


2021年5月23日(日) Spoonful of Lovin' 「こころは気紛れ」(オフコースカヴァー)

音楽に携わる仕事を始めたのに、音楽から離れていってしまう。
もしくは、音楽が好きで業界へ入ったのに、音楽を嫌いになって辞めていく、という人が少なくありません。

それ故、音楽不況と言われる現在も音楽に携わる仕事をしている人は、総じて筋金入りの音楽バカ(愛を込めての言い方ですよ)だと思うのですが、中でも、日本一二を争う音楽/レコード愛を持っているのが平澤直孝氏でしょう。

ムーンライダーズ関連、鈴木祥子さん近年のリリース、アイドル関連他、NRBQ、デフスクール等洋楽アイテムも、平澤さんがいたからこそ発売され、僕らの元へ音楽が届いたと言っても過言ではないと思います。

しかしながら現在、平澤さんは病気療養中。
それを支援するため、猪爪東風(ayU tokiO)と加納エミリが中心となり制作されたのがこのドネーションCD!

V.A『Sense Of Life』<Musicians Side>
(国内CD NHL-002 2,200円税込)

曽我部恵一「ヘンな果実」、鈴木祥子「GOD CAN CRUSH ME.」、柴田聡子「体は大事に」他初出含め全14曲。
今日のこの1曲は、平澤さんが大好きなオフコースをカヴァーした⑩Spoonful of Lovin'(ポニーのヒサミツ+サボテン楽団+谷口雄+渡瀬賢吾)による「こころは気紛れ」を。
今作の売上金全て(製造費用差し引き)が平澤直孝氏へ贈られるとのことです。森 陽馬

★同時発売された『Sense Of Life』<IDOLS Side>は完売いたしました。


2021年5月22日(土) DUMPSTAPHUNK 「United Nations Stomp」 feat Marcus King

親族の音楽ルーツを継いでいるグループ、といえば、皆さんはどのバンドを挙げますか?

ソウルならば、DUMPSTAPHUNK(ダンプスタファンク)。
アーロン・ネヴィル(ネヴィル・ブラザーズ)の息子アイヴァン・ネヴィルを中心としたバンドで、アート・ネヴィルの息子イアン・ネヴィルも在籍しています。

そのDUMPSTAPHUNKの2021年新作オリジナル・アルバムが発売されました。

DUMPSTAPHUNK『Where Do We Go From Here』
(輸入CD TFG76302)

ミーターズ~ネヴィルの流れを引き継ぎながら、ニューオリンズ・ファンクの今を聴かせる全11曲。
活気溢れるグルーヴィー&ファンク・サウンドがかっこいい!
今日のこの1曲は、マーカス・キングの熱いギターをfeatした①「United Nations Stomp」を。

ちなみに、毎年5月に開催しているニューオリンズのフェス、New Orleans Jazz & Heritage Festival。
2020年はコロナ禍で中止でしたが、2021年は10月8~17日開催が予定されています。森 陽馬


2021年5月21日(金) Marilyn McCoo & Billy Davis Jr 「(Just Like) Starting Over」

仲睦まじい夫婦デュオ、といえば、皆さんは誰を挙げますか?

ソウルならば、マリリン・マックー&ビリー・デイヴィスJr。
フィフス・ディメンションのオリジナル・メンバーで、1976年ヒット「星空のふたり」が印象深いですね。

この2人の約30年ぶりデュオ作品が発売されました。

Marilyn McCoo & Billy Davis jr『Blackbird : Lennon-McCartney Icons』
(輸入CD BMG 538675442)

ビートルズナンバーを中心にジョン・レノン/ポール・マッカートニー作品をカヴァーした全10曲。
昔ながらの重すぎず軽すぎない生音ソウル・サウンド&美しいコーラスが心地良い1枚です。
今日のこの1曲は、名ドラマーJames Gadsonが参加した「(Just Like) Starting Over」を。

ちなみに、このCD内ジャケットには、二人向かい合ってキスしている写真が!
2021年で78歳マリリン・マックー&83歳ビリー・デイヴィスJr。心温まりますね。森 陽馬




これより以前に掲載した“今日のこの1曲”は、
 “今日のこの1曲 アーカイヴス” コーナーにてご覧になれます。■

トップページ